FC2ブログ

薄桜鬼 碧血録 第21話 『雪割草の花咲きて』

第21話 『雪割草の花咲きて』

五稜郭の占拠はサクッと飛ばして松前城陥落からですね。

戦艦を座礁させ、戦力を削がれた旧幕府軍。
この頃になるとどうあがいても戦況が覆らないことが見えてきて辛くなってきます。

軍議の最中、土方を羅刹の発作が襲う。 席を外した土方に千鶴の幻影が見える・・・
(土方さんの部屋の窓が・・・ここのスチル好きなんだよなぁ)

これまでほぼ片時も離れることが無かったと言っていいほど一緒にいましたからね。
千鶴といることが当たり前になっていた。手放してから気付くものなんですね。
土方さんデレフラグ立ちました~

1人仙台に残された千鶴は父の菩提を弔っていた。

綱道の墓の前で風間と再会する。

風間は千鶴が置き去りにされたと言う。
『お前はお前の未来を捜せ、そして生き延びろ』という言葉を思い出す。
千鶴は自分が土方のそばにいたかった。自分が離れなったのだと答える。

ノロケ話じゃないですか?千鶴を狙っていた風間には複雑な話だなぁw

千鶴の土方への想いが揺るがないところが素敵です。
だから一層置いていかれたことが哀しいし、悔しいんだと思う。しかしここで留まる子じゃないですね。

これ以上土方に手を出すことは鬼の道を踏み外すことになる言う風間の言葉に、もう戦うことを諦めてくれたのかと頬の緩む千鶴。
しかし、鬼は誓いを守る。風間は自分自身に立てた誓いのために土方と決着をつけることになりそうです。
去っていくちぃ様の美しいこと!くらっと来たわw

その頃、榎本を中心として蝦夷共和国を成立。

大鳥から手紙を受け取った千鶴。
土方は陸軍奉行並となり、ますます重責を担うことになる・・・
ここでサプライズ!千鶴が土方の小姓として配属されました。

やはりアニメでは蝦夷までの行程は省かれましたか。

自分だけ女をはべらせることは出来ないと言った土方。一気にデレました!

自分だけの我がままなら追いかけられなかった。しかし託されたものがある・・・
そうですね。ここまで新撰組の仲間との別れを重ねる度に土方を頼むと託された想いを持ってこの場に立っているわけです。

『参ったな、これだから江戸の女には逆らえねぇんだよ』土方さんが全力でデレたぁ~
もうヤダ!萌える。三木さんボイスで全力で口説かれるとか俺得以外の何物でもないわw

こうして土方と千鶴は互いの想いを確かめ合ったが、戦況は悪くなる一方。

大鳥は千鶴をベタ誉め。
僕も彼女みたいなお嫁さんが欲しいよという大鳥。
『悪いが他を当たってくれ。こいつは俺のだ。手放すわけねぇだろ』
な、なんでしょう、この破壊力www

命をかけることに迷いはないが、掛るところを間違えてはいけない・・・
千鶴がそばにいることで土方の考え方も変わってきたのね。

旧幕府軍は起死回生の策として、新政府軍の戦艦を奪うという作戦を実行。
宮古湾海戦は暴風雨の影響で味方が間に合わず惨敗。
土方は無事帰還するが、多くの部下を失った・・・

土方の横顔が辛そうです・・・

土方のデレが本当に恥ずかしい。ゲームでも台詞ひとつ囁かれるたびに照れてました。
攻略キャラの中ではダントツにツンですからデレた時の破壊力は凄まじいwww

次回最終回らしいのですが、本当ですか?
早いですよね!でも土方さんデレちゃったし、予告で桜出ちゃってる・・・
ああ・・・orz

次回 第22話 『夢幻の薄桜』


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5151-15a573b2
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201011290002/8826b/
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/litchi912/diary/201011290001/67640/
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201011290002/95160/
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/201011290001/6a1d1/
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/2521-2e432d9d
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/2176-43496b45
http://aricnia.blog122.fc2.com/tb.php/619-3c9e5c2c
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/42fe6a4ccc
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51645200
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/2779-3fccd397
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/diary/201012020000/f971f/
http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/541-2dce8c61
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/adam/10729303513/1a2dff72
スポンサーサイト