FC2ブログ

咎狗の血 第8話 『酷白/rein』

第8話 『酷白/rein』

ケイスケのことを匂わすアルビトロからの招待状を手に、城を訪れたアキラは、賓客として丁重に迎えられる。
ラインに手を出してしまったケイスケを助ける方法を尋ねるアキラに対し、アルビトロが話しはじめたのは原料・製造方法ともに極秘とされているラインにまつわる話だった。


ケイスケに釣られてホイホイアルビトロの元にやってきたアキラ。

ラインの原料はプルミエの血液・・・

プロジェクト・ニコルについて語るアルビトロ。
ENED(エネド)=国家レベルで秘密裏に行われていた人体受験。そこで生まれたのが人間兵器であるプルミエ。
その血は人の潜在能力を引き出すと言う。

神が与えた宝・・・攻撃に特化し過ぎwww
果てはアキラの血にラインを中和する効果があることまでベラベラと話してしまうビトロ様www
もうちょっと勿体つけるところだけど、尺の関係か?サクサクネタばらししてますね。


まだ憶測の段階だが、アキラとケイスケもニコルの被験者であったと・・・

アキラの血には大いに興味があっただろうけど、アキラ自身にも興味津々のビトロ様。
黒服使ってアキラを軟禁しようとするが・・・逃げ出したアキラは教会に辿り着く。

そこにいたのは源泉。
まぁ教会と言えば源泉ルートですよね。

ちゃっかり血液検査の成分表を持ち出していたアキラはそれを源泉に見せる。
なにやら源泉にはそれが何を示しているか理解できる様子。

ここでおいちゃんの過去も明かされました。
源泉もアルビトロもENEDの研究員だった・・・ビトロ様が源泉を毛嫌いしていたのは黒歴史(?)を知られているからかw

源泉の分析ではアキラの血はライン中毒者にとって危険であり、使ってはならないとのこと。
ラインに手を出した者は助からない・・・
そこまでケイスケを追い詰めたのは自分だと自身を責めるアキラ。

唐突に壁を殴ってますけど、ここ笑うところ?

フラフラと戻ってきたケイスケ。ドライバー?とwktkしたけど握られていたのはライン。
2本一気飲みだよ。キメ過ぎだろ?
ラインを入手するためにお出掛けしてたわけですね。

いきなりの過去。
Bl@ster時代の回想。アキラ似のイケメンさんが前に言ってたカズイなのね。

仲間を惨殺されたリン。その犯人はシキだった・・・
という事で、リンが執拗にシキ様を追っていた理由が、2人が異母兄弟というおまけつきで判明。
シキに襲い掛かるリンですが全く歯が立ちません。いいように遊ばれてるって感じ。
結局リンの足元が崩れ、リンは高架橋から落下し決着つかず。

アキラの傷の手当をする源泉はもうすぐ内戦が始まると話し、ここから逃がしてやるからケイスケを連れて来いと言う。

源泉の回想に出てきたのは息子さんですかね。
多分もう会えないのでしょう。源泉はアキラたちを自分の子供のように感じたんですね。

ちょっといい話風で終わるわけも無く、アキラは黒ケイスケと再会。

『ケイスケ、ずっと捜してた。会いたかったんだ、お前に』
告ってるようにしか感じません。そう思わせて下さいwww

物語が動き出した・・・と言えば聞こえはいいがここに来て急加速しているので細かい描写が飛ばされているような・・・

作画は相変わらず。今日もアキラたんの顔がwww絵がカクカク動かなかったなぁ。

次回 第9話 『薬束/bond』


http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/tb.php/2008-fc34c75b
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1522-64e9722a
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201011270001/3f372/
http://aprilfresh.exblog.jp/tb/14474984
スポンサーサイト