fc2ブログ

薄桜鬼碧血録 第19話 『天道の刃』

第19話 『天道の刃』

とうとう斉藤との別れです・・・ アニメオリジナルの話になってますね。

土方に先んじて会津に入った斉藤一は松平容保公に拝謁。

容保公が森川だと?
京都から何も言わず、新撰組を置いていってしまった容保公は、会津では決して退かず最後まで戦い抜くと言う。
随分とカッコイイじゃないか容保公!

しかし斉藤の横顔の美しさには敵わないw生きるのが辛くなるくらい見惚れたわwww

斉藤は容保から会津兵を預かることになる・・・

会津兵をまとめるのは正木時茂・・・石田さんだとぉぉぉ!!
なんという豪華キャスト!1回きりのゲストなのに超豪華じゃないですか!

良く言えば会津武士は誇り高く武士の中の武士。悪く言えば古い慣習に縛られ時代の波に乗れていない。

君付けでの呼び方、新撰組の洋装、そして一番引っ掛かったのは斉藤の右差しだと思う・・・
武士の誇りを重んじる正木をはじめとした会津兵に反感を買った斉藤。

ここで怒らず、淡々と自分の意見を述べるところが本当に斉藤らしい。

『右差しのことだが、右差しであることで武士の魂を持っていないとは、俺は思わない』

ここまできっぱりと言われてしまうとさすがにそれ以上の否定も反論もできません。
刀の右差しの話は原作でもウルッときた部分。
左利きというだけで武士であることを否定するとかどんだけ了見が狭いんだ(泣

会津白河口での戦い。
武士の形にこだわり、甲冑を身につけ戦いに望む正木たち。
しかし機動力の差は歴然。あっという間に劣勢に追い込まれる。 まぁ前線で戦ったことが無いんでしょうね。

命の捨て所を間違えばただの犬死にだ・・・
斉藤の言葉に兵を引き上げる正木の目には会津兵のために戦う斉藤の姿が映る。

会津武士を愚直と評する大鳥。
斉藤は愚直だからこそ京都守護を任せられたのだと評価する。
金や利権ではなく、誇りで動く軍というのは結束が強いものです。

正木は自分の考え方をを改め、斉藤に謝罪。
割と王道の話だからわかり易くていいけど、正木の物分りが良過ぎるのはやはり尺の問題なんでしょうね。

会津には平助と山南さんも入り、大鳥と軍議中。
変若水飲んで、羅刹隊を作ってかなりぶっ壊れ気味だった山南さんも参謀という点では非常に優秀な人だということを再認識。
平助が若干空気気味なのが気になるが・・・次回危ないです。

母成峠での戦いでも旧幕府軍は敗退。
命の捨て所を決めた正木・・・容保公を頼むと会津を託された斉藤。
ここで少年兵とか反則すぎる・・・

合流した土方も援軍に出ようとするが旧幕府軍は仙台までの北上を決める。

総督命令でここでも戦えない土方・・・
斉藤は武士として会津に残ることをとして決める。

土方はここでまた大切な仲間との別れを迎えます。
それは千鶴と斉藤との別れでもある。
斉藤に礼をいい、土方は殺しても死なない、だから斉藤さんも死なないで下さいと告げる千鶴が泣いているのに強くてきれいだった。

誠の旗は武士の魂の拠り所となっている。土方は武士の魂と仲間の思いという荷物をを背負うことになる。

斉藤無双!?
斉藤の最後はぼやかした感じでしたが、どう考えてもあの軍勢の中に飛び込んでいくのは無謀なような気がします。
精度は低いかもしれないけど、銃撃されてますよ・・・

史実で明治まで生きた人なので、近藤・沖田・原田に比べると悲壮感は少ないですけどやっぱり別れは辛いですね。

はぁ、次回は平助と山南さんですね・・・
綱道さんしれっと予告に出てましたけど、やはり千鶴との対話がないと締まらないですよね。
でもそうすると原田の死が・・・ああ。

次回 第20話 『散ずる桜花』


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5098-cdaa924a
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/b59ac4021a
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/2477-3945f486
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51639990
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/201011150001/add69/
http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/496-fac1d6c3
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/adam/10715395510/a95b6eea
スポンサーサイト