FC2ブログ

ヨスガノソラ 第6話『アキラメナイヨ』

第6話 『アキラメナイヨ』

〔あらすじ〕
夏祭り当日、舞台で舞う瑛の目から涙が零れ落ちるのを見た悠は、社務所に駆け付ける。
そこには悠の祖母の『瑛ちゃんと一葉ちゃんは取り違えられた可能性』という一文が書かれた日誌を
燃やそうとしている瑛の姿があった。
翌日、悠は学校で瑛から別れを切り出された。
大切な人を次々と失ってしまった瑛は、悠もいつか自分のもとから離れてしまうのではないかと考えていたのだ。
しかし「永遠になくならないものはあるよ!」という悠は、一葉にすべてを打ち明けてDNA鑑定を申し入れる。
そして一葉もそれを了承するのだった。
悠からDNA鑑定を行なうと告げられた瑛は、一葉や悠とともに、鑑定結果を聞く約束をする。
だが結果が出る当日、瑛は町から逃げ出そうとしていた。
しかし、悠の説得も有り、皆の元に戻った瑛。意外にも彼女の前に現れたのは、一葉の母親であった…。


瑛ルート終了。
やっぱり一人当たり2話だと話がサクッと終わっちゃいますね。

結局瑛と一葉の取り違え疑惑は勘違いに終わった。

こんなに虐げられた環境でよくもグレずに育ったものだ。
瑛を引き取ったじいちゃんの愛情の深さが伺えます。

葉の母親が瑛を嫌った理由って、瑛が自分の旦那が他の女の人に産ませた子だからって話じゃなかったか?
それがいつの間にか、瑛と一葉が取り違えられて、瑛の母=一葉の母疑惑に話がスイッチしてる・・・

母親を見つけてあげたい。母親を探してあげたいっていう悠の気持ちはわかる。
でもDNA鑑定してまではっきりさせる必要性がちょっとわからなかった。

仮に取り違えが事実だったとして瑛はいいだろうが、一葉はどうする、一葉を育ててきた一葉ママンはどうなる?
ひとつの家庭が崩壊するかもしれない事態に陥らせるかもしれないということには気付かないのか・・・

ここまで頑なに真実を突き止めなくてもいいんじゃないか?ましてや悠は全く関係の無い第三者なんだよ。

真相は一葉の母親が全部語ったし・・・。
まぁ化学的に証明することで決定的な裏づけが取りたいって話ならそれもアリかもだけど。
心理描写云々をすっ飛ばしてるから悠が暴走しているようにしか見えないのよね(原作知らんけどw)

ペンダントの話もカーテン越しの会話をばあさんが勘違いしただけだし、一葉ママンの中途半端な優しさが混乱を招いたってことですね。

ここで時間はかかるかもしれないけど、可愛いと思った頃の気持ちを取り戻せるかしら?って一葉ママンがいきなりいい人になってる。
なんだか違うぞ~話がキレイにすり替わってないか?

まぁ一件落着しないとラストエッチに持っていけないからいいんだけどさw(よくないけど)

ムギュウしよ?には笑った。瑛は無邪気に誘うタイプなのね。
一葉に比べればエッチの描写はライトな感じでしたが、体位がいろいろと・・・(困

Cパート裏本編はマージャン回の後日談。
おにゃのこの泣き顔に弱い悠。ダメイドの負けたときの顔にほろっときて夏祭りに誘ってます。
こっちもいきなり展開www夏祭りのあと、とうとう・・・
Hはまたもやダメイド妄想。

『よく泣くんですね』
『いい声で鳴いたと思います』

ハイ、誰ウマwww


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5073-085370d1
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansaianime/51646423
http://soraxcan.blog59.fc2.com/tb.php/2229-650d6b26
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/676-cdc7f4aa
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/897-acc6dc96
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1141-6acadbbd
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201011090000/cde87/
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/katsux2/51650837
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masatti00/1557505
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51637197
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/366c9af1e2
http://oozoraxx.blog134.fc2.com/tb.php/226-efc09ca2
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/406-9f670e3c
http://maguni.com/diary-tb.cgi/1238
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/norarin-house/10701636381/ce0086d3
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1589-09222ba7
http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/478-d864ff83
スポンサーサイト