FC2ブログ

STAR DRIVER 輝きのタクト 第4話『ワコの歌声』

第4話『ワコの歌声』


〔あらすじ〕
ある朝、ワコが目覚めると周囲には誰もいなかった。
不思議に思いつつも海岸までやって来たワコは、そこでタクトの姿を見つける。
歩けども歩けども他の誰もいない、タクトとワコの二人だけの世界。程なくタクトは「本土に行ってみる?」とワコに言うが、その言葉にワコは哀しそうに黙り込んでしまう。やがてワコは、彼女がこの島から出られない理由をタクトに話し始めた。

サカナちゃんのお話キタ!あれ?今日は元気なサカナちゃん。
興が乗ってきたのかアクションつきですw (鎖どうなってんだ?)
やっぱりこれは本編への暗喩で間違いないようです。
イカ刺しサムってかっこいいのか?ヘッド・・・

お盛んな年頃ってwwwサカナちゃんの口からこういう台詞が出るとは思わなかった。
ヘッドとサカナちゃんの台詞のやり取りって本当ウテナっぽいよなぁ。

ワコの歌を期待してたんだけど、小出しでした。お楽しみはもう少し先のようです。

劇団・夜間飛行(顧問が学園長とアリなの?)
噂の美少年コンビってどこのアイドルだ?どうもタクト=美少年にはまだ違和感があります。

日曜17時枠などお構いナシで突っ走る銀河美少年!
というか巫女様~~~!(スガタ×タクトなのか・・・)妄想乙www
こういうのは何故か周りに分かっちゃうんだよね。

スガタメ・タイガーちゃんが敵の手に落ちちゃいました。
互いが対立してるってわかって狙ってるのかしら?巫女のそばにいるから狙われただけか?

タイガーちゃんはスガタ坊っちゃんに淡い恋心を抱いているんですなぁ。
その心の隙を衝かれちゃったと。

翌日、ワコが目覚めると誰もいない。街にもいない。電話も繋がらない・・・
浜辺に来たワコはそこでタクトを見つける。

世界に2人きりねぇ。まぁよくあるシチュエーションですね。

雨が降りずぶぬれの2人はライフセーバーが使う小屋の中へ。
濡れた服を脱いで着替える・・・ドッキリイベントなのに何故かドキドキ感が少ないのは何故だ?

だからね、中までびしょ濡れになるとか台風だったんですかっ!って話だわよ。
いい加減日本の学生服事情を何とかしたくなってきた。

巫女が島を出るには封印を解かなければならない。
しかし封印を解けばサイバディが現実世界に出てきてしまう・・・
島に縛られるワコのためにタクトは他のサイバディを倒すと宣言する。 ハイ、カッコイイ、カッコイイ。

人が全くいないことや、数年前になくなったはずのトーテムポールがあることなどから、現実世界ではないと判断したワコ。
ゼロ時間ならばアプリボワゼ出来るはずだとタクトはタウバーンを呼び出すが反応無し。

『回し飲みありな人?』
『アリな人』

この島ではこの言い回しが流行っているのだろうか?
秘密の共有、回し飲み(間接キス)ああ、どこかで聞いたことのあるような話だぁ。
今期アニメはこういうシチュエーションがダブる話が多いなぁ。

タクトも傷を持つまではもっと閉じてた。ワコも自分が島から出られないと知って泣いたと・・・

『世界は私を苦しめるためだけのあるんじゃない
――だってタクトくんみたいな人がこの島に現れたりもするんだから』

『そんなこと言うなよ・・・トキメクじゃん』

なんだかイイ話です。タクトの反応可愛い!

風景を作り出せるサイバディの存在を思い出したワコ。
二人の前にサイバディが現れる・・・

サイバディが動けるならここはゼロ時間で間違いない。ならばタウバーンもここにいるはずだと・・・

『一番大事なものが目に見えないことはよくあるって』
じいちゃんいい事言うなぁ。

颯爽登場した銀河美少年ですが、今回は戦闘なし。
敵サイバディのパイロットは記憶を利用されたタイガー。

ニチ・ケイト@イヴローニュ(委員長)のサイバディですか?
タクトが銀河美少年であることに気付いているのでは無く、ワコとスガタの間に亀裂を作りたいって事のように感じる。

アプリポワゼしてないけど誰でも柩に入れられるの?記憶を借りただけなんだろうか?
強制的にアプリポワゼさせられても戦うことは出来ないってことか?
タイガーは仮面付けてないしなぁ。 もう全然分かんないよぉorz

2人だけの空間で、互いの心の奥に少し触れたタクトとワコ。

タクトがワコを呼び捨てにしたときのスガタの引っ掛かりが気になる。
キーはやっぱりスガタなんだろうなぁ。

ゼロ時間に行ったヤツラだけが違う経験をして来る・・・これって言わなきゃ秘密の共有じゃね?

今までは戦闘終了、ワコの機嫌回復。って展開で終わってたから気付かなかったけど、ゼロ時間のことをワコはスガタに逐一話してるんだろうか?

今までは自分が姫を守るナイト役であり、ワコの理解者だったスガタ。
自分も巫女を守る最強の力を持っているのに、それを巫女自身に止められている。

スガタはワコのために自分を二の次にしている感じがするんですけど。
この辺はワコも感じてるんだろうなぁ。微妙な関係だわ。

そうやって動けないでいるうちに外から颯爽と現れた王子様が巫女の心にどんどんと入っていく・・・
これはスガタにとってはあまり面白くない状況だろうなぁ(スガタク展開では無いと思うよ)
病んでくれるなよ、スガタ(割と切実)

次回 第5話『マンドラゴラの花言葉』

http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5010-b8ba53c1
http://yusyu.blog34.fc2.com/tb.php/656-daabe860
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1498-7b971831
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1574-ef72f959
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/2408-822c7c8d
http://wjham.blog95.fc2.com/tb.php/1292-f3ef093a
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/adam/10686307691/13cbed21
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/109edd3a73
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1100-0496b54a
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/superunkman/50727990
http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/425-4efd02d1
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/okmtryk/1460621
スポンサーサイト