FC2ブログ

戦国BASARA弐 第3話「慶次対利家!手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

第3話「慶次対利家!手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」


熱い戦いというよりは切ない戦いだった前田家の戦い。
利家も慶次も目指すものは同じ天下の安定なのに、取った手段が違ったために家族同士で刃を向ける形になってしまう。


進軍する前田軍に追いつき、止まるように立ちはだかった慶次の横を通り抜けていく利家たち。
この時の慶次の横顔に不覚にも萌えた・・・なんて美人さんなんだよ~~~慶次のくせにけしからんwww

上杉vs前田
しかし謙信は利家に今すぐ退けという。

謙信様も出来るだけ血を流さない方法として、上杉軍を加賀に送っていたんですね。
ここで利家が抵抗すれば加賀の人々は上杉の攻撃で傷つくことになる。

これは民を第一と考える前田にとっては究極の選択に近いものがあります。
それを見越しての作戦。ここで抵抗すれば戦いも已む無し。それが戦国ですからね。

ここで最強の嫁まつ様が、『ここはまつめがお預かりいたしまする』と利家を加賀に戻そうと謙信に刃を向ける。
まつ姉ちゃんはかっこ可愛いなぁ。戦局の読みにも長けてるしやっぱ最強の嫁だわ。
しばし悩む利はここで退くことを選択。まぁ無駄な争いは誰もしたくないし、自分たちの宝である民の命がかかっているなら尚更。
それにまつを置いていける利じゃないよ。

退くにしても大義名分が必要。謙信の策は多分そこまで見越してたんだろうな(さすが軍神)

しかし途中まで引き返したところで上杉の本体と鉢合わせ。
ここで戦っちゃうんだ利…

直江が~~~www
某大河ファンからすると納得いかなくても、BASARAの直江はあれでいいのよw
あれでこその無敵さんです。こういうポイントは決してはずさない戦国BASARA。スタッフ分かってるよね~

戦いを止めに来た慶次。しかしその思いは利家に届かない。
届かないというんじゃないな。思いは分かっているんだけど、互いに譲れないものがあるって感じだね。
元が仲良し家族だけに慶次と利家の戦いが切なすぎます。

スピードと火力の戦いは前田家でも相変わらず。
槍と長刀の戦いだが流血なし。刃が当たっても打撃戦。ここはあんまりリアリティを追求しないのね。

石川千晶さんの挿入歌ってあざと過ぎる。この曲だけでも涙腺やばいんじゃないか?

慶次の回想に出てきたのはねね様かな?
ゲーム途中までしかやってないから良くわかんない・・・

【Wake up Guys!】
筆頭の掛け声でムクムクと立ち上がり始める伊達軍の残兵。ちょっとゾンビかと思ったわよ。怖いよ。
まぁ生き残ってて良かったけど、満身創痍ですぐさま大阪攻めですか?
筆頭無茶振りです!

と思っていたら目的の御仁が近づいてくるではありませんか!
(決して暴走初号機だなんて思ってないんだからねw)
え?秀吉なんでここにいるんですか??
視聴者(私だけか)のポカンをよそに刀対素手で戦い始める筆頭とゴリ吉さんwww また身長差が・・・
どうにも筆頭の戦いは中途半端というかいいところで切られちゃうな。

その頃ゆっきーは近江に入っております。
小山田が古谷さんだ・・・このキャスティングだと小山田信繁も重要キャラになってくるんですかね?

すっかり(中の人)ガンダムつながりになっちゃってるじゃん。ガンダムパイロット率高いよ
(しかしなんだか古谷さんの声が浮いてると感じてしまう)

近江では農民も徴兵されてしまうため、働いているのは老人や女子供ばかり。
幸村の性格では放っておくことは難しいが、ここは大義のため止むおえずと目を逸らそうとする・・・
が、無理でしたぁ。

そのとき幸村の耳に届いてきた声はいったい・・・?って、ここでホラー?!
市キタ!でも怖さ倍増!まみまみ怖すぎますw

次回 第4話「安土城の亡霊!?幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」

次回もみんな市のせいってwww

http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/4713-451f23fa
http://spadea.jugem.jp/trackback/7424
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1436-ec37883a
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/1302-1ea0cb55
http://blog.seesaa.jp/tb/157510336
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/2029-e8ff9ad7
スポンサーサイト