FC2ブログ

2010年6月終了アニメ勝手な感想(3)/AB

【Angel Beats!】

概ね面白かったんだけど感想が難しいなぁ。
結局、ゆりの勝手な妄想によるミスリードで戦いが始まったって感じ。

最後は綺麗にまとめたんじゃないでしょうか?ある意味出来すぎですね。
故に作り手側の独りよがりなって感じがしてしまうのも正直なところで・・・。

色々な葛藤をさらりと流して、受け入れて開き直っていく展開は1クールの限界だろうな。

ゆいが日向の告白に後押しされて消えるときも、まぁ仲は良かったけどいきなり『俺が結婚してやる!!』には思わずポカン。
そっちの流れには全く触れず、結末だけ語られてもゆいの消えるシーンの盛り上がりにつながらないだろ?

あくまでも結弦目線オンリーで話が進んでましたね。

ゆいと日向はガチスルーwww

戦線の主要メンバーもゆりが眠っている間にとっとと消えちゃってた。オイオイここへ来てモブ扱いですか?
最終話のゆりの普通っぷりとデレ方は違和感ありまくりwww

音無がカナデを受け入れるところも、なんだか博愛にも程があるって感じ。あ、友愛??
まぁ惚れてんだろうなってのは薄々感じてたけど、最後の『愛してる』はやり過ぎだべw

いくら死なない(死んでも生き返る)世界だったとしても戦いの犠牲をギャグに変えるセンスは新しすぎてついていけませんでした。
どうせ生き返るから平気。なんてゲーム厨観たいな事を言われると“いい大人”としては異論を唱えたくなります。
(ここで言ってもせん無き事なので言いませんが)

卒業式を終えてカナデと二人になった結弦がここに一緒に残らないかと・・・
ああ、言うと思ったわ。何で男は好きな女といるためにいろいろ理由を付けたがるかね~
それより消えるって決めたんだからさっさと消えなさいとwww

最後に結弦の心臓を移植したカナデが、その礼を言うために“この世界”に来たとか・・・
おいおいここでそんな爆弾落とすんかいwww
(でも結局死んじゃったってことですか?死んでからすぐにたどり着くとは限らないので、ここの時間軸は無視しましょう)

結局、結弦の消えるシーンは無し。彼は主人公でもあり、物語を外から見ている存在でもあったってことですかね?
カナデのいない世界に用はないとさっさと消えたって事でおkです。難しい事は考えられんw

無事転生したような、含みを持たせた想像に任せる展開で終結。
ED後のシーンで納得したような感じで終わる。それはそれでいいんじゃないかな。

いや、辛口ですけどホント概ね面白かったんですよ。
世界観とかすごく好きだし。

ただ後半の超特急な展開はやはり残念だったと思うわけです。
それぞれにいいエピソード持ってるのに勿体無いなと・・・。

もう少しキャラの性格やバックグラウンドに厚みを持たせるともっと面白いものになったのではないかと思います。







スポンサーサイト