FC2ブログ

『EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』観てきましたっと!

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー
『EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』

今回のYellowも良かったですよ。
大樹の素直じゃないところ、その裏側にある優しさ。
お宝に対する想いとか・・・
大樹の魅力が良く出てました。

そしてウラーーーーッ!!
大樹のように本心を見せないキャラの相手ってモモには絶対無理でしょ(jk)

今回はウラタロスが大活躍でした。
クールでスマートを気取っていて、本心はなかなか見せてくれない。でも人に対する優しさはちゃんと持っている。
大樹とウラってちょっと通じるところがありますよ、うん。
冒頭、スパイダーイマジンと契約した大樹がモモたちを挑発するように暴れまわる。
大樹の目的は良太郎に会うこと。契約を果たしたイマジンは過去へと飛ぶ・・・

飛んだわいいけどモモに瞬殺されましたね~
はい?え?もう終わり?ってくらい呆気無かった。ええアテ馬もいいところです。スパイダー気の毒・・・

大樹を追いかける時間警察の黒崎レイジ←G電王
かなり頭の固い人物で人間に何の信頼も置いていません。
信じるのは人工イマジンのイヴだけという人間不信もいいところです。まぁこうなった原因もあるのでそこは劇場で。

イヴですが、未来では人工的にイマジンを作れるようになったらしいです。人工知能的なガジェットですかね?
まぁ派遣の次は人工ですが、電王ならなんでもありですわ。

所詮はシステムなので0か1。白黒という杓子定規な判断しか出来ない。そこが人間の不確かさを否定するレイジとシンクロして徹底的な取り締まりに走ってます。

G電王かっこいいですよ。変身するときフェイスがねw
下がってくるんですよ、パトカーがww脳天から顔面かけてww
さすが時空警察!!このセンスに脱帽です!

予告でもやっていましたが、未来から来た大樹が過去の自分を消そうとする・・・
それもお宝のため。このお宝が重要なアイテムになってきます。人一人の生きてきた道、考え方を変えますからね。

最早劇場版ではお約束となったウラの良太郎以外への憑依。
今回は大樹に憑きました。
なんでかね~ウラが憑依すると途端にキャラから色気がにじみ出るんだよね・・・
ってそれはゆっさゆさのせいです←正解!!

デンライナーを奪い、同じ過去へ飛ぼうとする大樹。
その行動に何かあると感じた良太郎はデンライナーで2008.11.22へ向かう。

レイジの過去や大樹と出会った経緯などが語られて、レイジは人としての感情を少しですが取戻します。
ここは詳しく書かないね。

さてこうなってはレイジとイヴの間に溝が出来るのは当然で、イヴは勝手にG電王に変身。
ここまで来れば半ば暴走状態になるのはお約束展開。

過去と未来。二人の大樹のW変身、かっこよかったです!
同じ人間なのに微妙に変身ポーズが違うのね。

心を開いたレイジが差し出したのはディエンド用のケ-タッチ。

これでディエンドコンプリートフォームの完成です。モモが『なんだその恰好』ってつぶやいてます。
そこはスルーしてあげて~~~

デフォルト装備のライダーは劇場版に登場したライダーたち。
コイツらを呼び出したときのケータッチがwwwww

『劇場版』 とコール

は?劇場版??ええ、そのまんまです。間違ってませんドストレートに正解です!
でももうちょっと言い方無かったのかしらwwwと・・・

ライダー大戦を思い起こさせるライダーキック(規模小)は必見ですが、一瞬なのお見逃しなく。

大樹の言うお宝は物であるのはもちろんだけど、人の思いや心も彼にとっては“お宝”なのです。
誰かにとって価値の無いものでも、他の誰かにはかけがえの無いもの・・・・・・

それを失わないために奔走していたワケです。
しかし相変わらず、回りくどいし伝わりにくいwwwホント素直じゃないわぁ。
大樹らしいといえば大樹らしいですぅけどね。

クライマックスフォームにも変身したし、今回は4タロス結構出てましたよ。

オーナーと駅長のチャーハン対決は新たなる展開へ!!
というか食べ物で遊ぶのは辞めましょうwww面白かったけど。
毎回のことですが石丸謙二郎氏の多芸ぶりは本当にすごいですね。

トリロジー3作品全て観ましたが、どれも根底にあるのは愛。というと安っぽいですか?
誰かを大切に思う気持ちが根底にあると感じました。

DVDが出たらもう一度ゆっくり一人で(チビッコのみなぎりに邪魔されずに)観たいと思います。

夏のWも楽しみだ。
本編の最後にWの予告ありますから席を立っちゃダメですよ~w
スポンサーサイト