FC2ブログ

仮面ライダーW 第32話『風が呼ぶB/今、輝きの中で』

第32話『風が呼ぶB/今、輝きの中で』

Wに変身できなくなってしまった翔ちゃん。駆けつけたアクセルに助けられる。
ウェザーはW、アクセルどちらか一方だけでは倒せない相手。

もう一度変身を・・・という翔太郎の言葉をバッサリ切るフィリップ。
こうなってしまっては翔ちゃんの出る幕は無い・・・


アクセルはフィリップが投げたサイクロンメモリを使ってウェザーを退かせる事に成功。
こうなるとますます翔ちゃん立場無いじゃないですかぁ~

尾藤も怪我をしているし取りあえず下山。しかし翔太郎は一人別荘に残る。

ここで落ち込むだけかと思ったら今の自分に出来る事をしようと立ち上がる。
どうした?かっこいいぞ!自分が半人前だって事を受け入れる素直さと、今出来る精一杯のことをやろうとするところが翔ちゃんの強さなんだろうな~

先の戦闘中に崖下に落としてしまった木彫りの熊を見つけた翔太郎。その中には・・・
翔太郎の姿を見送り、フィリップは竜にコンビを組まないか?と提案。
苦渋の選択なんだろうけど、それはさすがにキツイ。


自分たちが強くなり、敵もさらに強くなってきている中、フィリップは敵を倒すためにはどうするべきか、ということを優先してしまったんですね。

竜は即答で却下。まぁそりゃそうでしょ。なんだかんだ言って翔ちゃんのこと気に入ってるみたいだし、打算でパートナーになれと言われてもね~

『翔太郎君は戦いの道具じゃない!』って亜樹子には叱られちゃうし。
翔太郎の表情でまた無茶をするつもりだと気付いたフィリップ。おお、成長したねぇ。


首謀者判明。熊の中に入っていたのはゾーンメモリ。その所有者は『この人がいないと~』のベル姉さん。
黒幕はこの人だったかぁ。あんたを助けたと思っている尾藤に一言謝って欲しいと言う翔ちゃん。

全く聞き入れず速攻拒否。翔ちゃんからメモリを奪いベルはゾーン・ドーパントに変身。
え?もう人型でも無いじゃないですか!!いくらなんでも変形しすぎでしょうwww

変身できない翔ちゃんはゾーンの瞬間移動能力に翻弄されて川に転落。
フィリップは翔ちゃんを引き上げおやっさんの残したメッセージを渡す。

Nobody's Perfect---誰も完全じゃない

人は足りない部分を誰かと補いながら生きていくんだということですな。
戦いの中であってもWは強さと優しさを兼ね備えていなければならないと。
ただの戦闘マシーンになってはいけない。そのためには翔ちゃんの甘さ=優しさ(それが弱さと受け取られても)が必要なんだと・・・

フィリップは翔太郎が自分についてこれないならば、それを補う。また一緒に戦おうと手を差し伸べる。

おやっさんの歌がぁ~
これはいかんでしょう。スローモーション止めてぇぇぇ!前が霞んで画面が良く見えねーや・・・・・・

最近すっかりストーカーと化したシュラウド姉さんが覗く中、二人はWに変身。
二人のバランスはやはりちぐはぐ。それでも自分がついていくからお前は全力で行けと戦う翔ちゃん。
見ていて痛々しい戦いの最中、大きな変化がっ!!

エクストリ~~~~ムッ!!
サイクロンジョーカー・エクストリームに進化しちゃいましたぁ~パチパチパチ
二人は心も体も一体になり、地球の本棚に入らなくても地球の記憶にアクセス出来るという特典付き!
エクストリーム=地球のような感じです。ということは翔ちゃんはフィリップのパートナーとして地球に認められたと?怖いもの無しだねb


Wは進化してもやっぱり怖いです。自ら体の真ん中開いちゃいましたからね~
その真ん中から新しい武器が現れた。

プリズムビッカー。
剣と盾ですね(攻守一体型だ)。しかも一度にメモリが4本も挿せるとは。一気に進化しすぎでしょ。
ここまで進化したらあとは必殺技のお披露目シーンです。キラッキラしてんなぁ。

こうなるとビーストとゾーンに苦戦していたのが嘘のようにあっさりと決着が付いてしまいました。
シュラウドにとって翔太郎がエクストリームを手にすることは予想外も予想外の出来事だったようです。若干苦々しくも思っているよう。

一方、琉兵衛様にはこの瞬間にエクストリームが発動することが分かっていたようです。
どちらが敵で味方か段々わかんなくなってきたぞ!面白い。

一気にWが進化しました。
次はアクセルかな?もう一回ぐらい進化するよね?

とにかく、新生Wとなってコンビ解消の危機を乗り越えて良かった、良かった。

今後のミュージアムとシュラウドの動きに期待。

次回 第33話『Yの悲劇/きのうを探す女』
スポンサーサイト