FC2ブログ

鋼の錬金術師FA 第53話『復讐の炎』

第53話『復讐の炎』

ラジオジャックして軍上層部から射殺命令を出され、命を狙われたことを語るブラッドレイ夫人。
夫人の言葉に半信半疑だった国民も徐々に軍への不信感を募らせ、ロイの行動の正当性を認めていく。

上手いやり方だとは思うけど、自分にはマスコミの影響力の怖さも感じるな~
情報操作が悪い方に働いたのがイシュバールの内戦だったからね。
情報の改ざんという訳ではないので、多少の脚色はあるにせよこちらはほぼ事実ですから問題ないか。

慌てる軍側が滑稽だな~今まで安穏と国民を騙し続けてきたツケが一気に回ってきたようなモンですから信頼もガタ落ちですぜ。

それにしてもラジオ局の人たち、ノリノリである。
さすが三文芝居には定評のある鋼の錬金術師だ(笑


ここで夫人に大総統が行方不明で事実が告げられる。倒れこむ夫人。
こういう儚げな人になってみたいものだ・・・絶対無理だな。

変な話何を使っても軍が黒だという事を示さなければならない。
夫人には気の毒だけどタイミングとしては良かったのかもしれない。

国民に“正義”問うのはマリア・ロス。
アメストリスを追われてから度胸に磨きが掛かってますね~
ラジオの声で気付いた色ボケ軍曹!これでブロッシュのロイへの不信感は拭えたか?どちらにしてもマリアが無事だった事が軍曹に伝わって良かった。

懐かしい場所だ。また君の素直な涙が見たいものだ・・・なんて戯言言ってますが、水分はお嫌いじゃないいんですか?と逆に刺されるロイ・マスタング・・・。
終いにゃ中尉にガチスルーされるし、ここまではいつもの大佐(の扱い)


地下で鬼ごっこ中のメイは漸くエドたちと合流。
スカーに叱られてウルウルするメイが可愛いんですけど~

苦戦するエドたちの周りを焔が走る。不死の軍団は大佐の焔で一掃。
仲間を上手く回避して、軍団だけを焼くってコントロールすごいんですけど。
指パッチンでバーンは良く見たけど、ここまで精密なコントロールを見せたのは初めてじゃないか?


エドのやりきれない表情を察した大佐はさすが大人だと思ったんだが、この後が・・・

エンヴィーは元々敵対していたロイとスカーを煽ってみるが全く食いつかない。
もう互いに過去の遺恨に縛られてる場合じゃないですしね。
なんだかエンヴィー一人だけ置いてけぼり食らってる感じです。

しかしここへ来て自分を見失っちゃう人が出てくるとは何とも上手くいかないというか、切ないというか。

大佐はエンヴィーにヒューズ殺害の実行犯を問う。

自分がグレイシアに変身し、ヒューズを殺害した事を明かしたエンヴィー。
これだけでも十分なのに、愛する妻(と同じ姿をした者)に殺されたヒューズを思いっきり馬鹿にして見下す発言。
触れちゃいけないところに土足で踏み込んじゃいました。


ここは任せろとエドたちを先に行かせるロイ。いかんよ、なんだか流れが怪しくなってきたぞ。

怒りに任せた大佐の攻撃・・・イシュバールの英雄の名は伊達じゃなかった。
というより容赦が無さ過ぎて怖いです。ピンポイントで眼球狙ってくるとか大佐らしくねーよ!


大佐は完全に主目的を忘れてますね。
今の曇った眼には復讐しか映ってませんよ。中尉はロイを止められるんだろうか?

逃げるエンヴィーを地下道へ追いかける大佐。さらに命令を破って二人を追いかけた中尉。
ここで合流したロイとリザだが、リザはロイに銃を向ける・・・
互いに本物なのか?どちらかがエンヴィーの変身なのか?

ここで切りますかぁ~
もうホントいいところで切ってきたよん。

前に進んでいるようでいつもヒューズの敵を討つ事が頭から離れなかったロイの苦悩。
いざ敵を目の前にして復讐という楔に絡め取られてしまったロイの目を覚まさせる事は出来るのか?

エドもスカーも大佐の変化に気付いています。エドはここで放っておけるような性格じゃないからな~
スカーも復讐ということに関して少々達観してますしね。
止めることは出来るでしょうね。してもらわなきゃ困る、うん。

復讐に支配されている心にロイ自身が自分で気付かなきゃいけないんですよ。それを受け入れて消化こそ本当の意味で前に進むことが出来るのだと思います。

次回 第54話『烈火の先に』

ロイのわだかまりに終止符が打たれんことを・・・
スポンサーサイト