FC2ブログ

鋼の錬金術師FA 第13話

  第13話 『ダブリスの獣たち』

けじめとしてイズミから破門を言い渡されるエドたち。
出て行けと一旦は追い出されるが、それは師匠と弟子という関係からひとりの人間として対等に接するという師匠なりの考えあっての事。

今日も師匠は最強(凶)でした。
【ハガレンFA】13 (1) 【ハガレンFA】13 (2)
飛び込んできたエドに向かって包丁飛ばしましたよ。
まぁ微妙に当たらない位置・・・じゃないなぁ。これくらい避けられて当たり前なんですよ。

エドたちは元の身体に戻るための手掛かりを求めダブリスにやって来た。手ぶらでは帰れないとイズミに食い下がる。
子供達の真剣な眼差しに折れたイズミは一緒に手掛かりを探す事に。

ロイはついにセントラルへ移動。折角彼女さんが出来たのに・・・ハボって報われないな~
【ハガレンFA】13 (3) 【ハガレンFA】13 (4)

スカーサイドの話挿入。
ヨキだ!!相変わらず幸薄そう・・・矢尾さんは変わらず。
どうしてヨキがエドに復讐したいかという部分は全て削られているのに初見の人は分かるんだろうか?
ヨキの密告で賞金稼ぎに見つけられたスカー。厳ついとは言ってもフツーの兄さんがスカーに勝てるわけありません。
ここに居ては迷惑が掛かると出て行くスカー。何故かここからヨキが引っ付いて回るんですよね。
エドとイズミは真理を見たが、全身を持っていかれたはずなのにアルは真理の扉を見た記憶が無い。
まずはその辺りから探ろうとしていた矢先、アルが誘拐される。

『知らない人について行っちゃいけないって師匠に習ったよ』
アルよ、何をとぼけた事を・・・14歳なら自分で考えて行動しろと言われ間髪入れずにキックかますアル。
ああ、アルの腹黒さを見ました。

結局はキメラの連携に誘拐されてしまったアル。
アルを探していたエドもまた、グリードのアジトへと足を踏み入れる。

さらったのはグリードと仲間のキメラ。
人語を話すキメラと人造人間(ホムンクルス)の存在を信じられないアル。
頭を吹っ飛ばされて再生するグリード。
 『“ありえない”なんて事はありえない』

グリードの再生は何回見てもキモい。

さて速攻でエド登場。
『金も女も地位も名誉もこの世の全てが欲しい』
強欲ですねー。グリードは腹が減らず、眠らず、疲れない魂の練成方法が知りたいわけです。
そこに人体練成、ホムンクルスの情報をちらつかせてエドと“等価交換”と称して情報を得ようとする。

最初にアルを誘拐したのはいけなかったですね~
眠れない、疲れないというのは一見とても羨ましい事のように思えるが、元の身体を取り戻したい二人にとっては地雷を踏んだようなもの。

悪党はボコる!!
【ハガレンFA】13 (6) 【ハガレンFA】13 (7)

グリードの最強の盾に阻まれて苦戦するエドですが、身体は普通だというグリードの言葉に、グリード自身の身体の構成成分を練成し応戦。

そこに師匠登場!!
エドを叱る動機が箒を片付けてないから・・・どんな時でもしつけはキッチリ(笑)

【ハガレンFA】13
 『通りすがりの主婦だっ!』

ここで引きですかぁ??(笑)いい引きです。今回のハガレンFAで一番いい引きです。

グリードはゆーきゃんでした。ああ、やっぱOOキャスト使うのねって感じ。
今日は前回以上に走ってましたね~
微妙に話の流れは変わってたけど、7月12日から新章突入ってことでここは話が繋がればいいって感じですね。リンがマモでした。ここでもOOです。
次回でおさらいは終了ですね。

次回 第14話 『地下に潜む者たち』

http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1143-015e6550
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1171-93229577
スポンサーサイト