FC2ブログ

仮面ライダーディケイド 第22話

 【第22話 ディエンド指名手配】

ディエンドの世界です。
なんだか大樹のイメージとは違いますね。

昭和30年代の日本て感じののどかな田舎です。
道行く人が皆一様に親切。気持ち悪いくらいに・・・
ただ違和感があるのは指名手配犯・海東大樹のポスターが至るところに掲げられている事。

で、今回の士はサラリーマン。会社に行けば過剰なほどの歓迎を受け、営業に出れば品物は必ず売れる。
仕事の途中、自転車少年と接触した士。
遅刻しそうだと謝りながら走り去る少年に仕方がないと立ち去ろうとした時、ダークローチが現れた。
ダークローチはこの世界のルールを忘れたのか・・・と少年を襲う。

そこに助けに来たのが仮面ライダーランスとラルク。わー全然わかんねぇ~
士もディケイドに変身してダークローチを倒すが、何故かさっきまで親切だった村人達が殺気丸出しで近づいてくる。その場を逃げ出すランスとラルク。士も続く。

この世界はダークローチの長であるフォーティーンが支配し、人間はその管理下で飼い慣らされている。
そんな世界を変えようとしているのがライダーってワケです。
フォーティーンに歯向かう者は敵。ってことでこの世界のライダーは排除対象です。

大樹の指名手配の理由を知るために駐在所を訪れたユウスケと夏海はエリア管理局に呼ばれることになる。
士も同行。現れたのは管理局次官の海東純一。大樹の兄ですね。

純一はかつてライダーとしてランス、ラルクと共にフォーティーンと戦っていた。
そして大樹はフォーティーンの元で働いていた。


ランス=慎とラルク=春香は純一を取戻すために戦い、大樹もまた兄を救うために戻ってきた。

↑のように元々フォーティーンと関わりがあったのは大樹の方なんですね。
この兄弟の間に何があったかは次回明らかになるとして、慎と春香は純一がフォーティーン側に行ったのは大樹のせいだと思っているわけです。
まぁ慎が熱くなりやすく人の話聞かない。うるさいナ、説明聞かせろよって感じ。
純一への執着っぷりも気持ち悪いの域に達しますよ。

荷物を降ろそうとしてるおばあさんを手伝う夏海。それを感心しながら見ていたユウスケがダークローチに連れ去られる。
人の親切を見ていてはいけないんですね。邪魔しているわけでもないのに自分が動かなかっただけで連行されるとは・・・
最近のユウスケは本当に扱いがかわいそうだ・・・
連行された人間は自我を奪われ、フォーティーンの支配下で生きていく事になる。

手術台に乗せられるユウスケ。1号みたいだ~

話をしていた士たちは村人に見つかり、さらにボスローチ率いるダークローチ数体と戦闘開始。
それぞれにザコローチと戦うが、ボスローチの相手はディケイド。
あーいきなりコンプリートですか。今回はキバ・エンペラーフォーム。ディケイドと呼び出したライダーが同じ動作で戦う姿はカッコイイ。
でもコンプリートにはまだちょっと抵抗が・・・

戦いの最中、ランスは公私混同、ディエンドに襲いかかる・・・
で、次回ですよ。

次回 【第23話 エンド・オブ・ディエンド】
なんだか意味深なサブタイ。
スポンサーサイト