FC2ブログ

鋼の錬金術師FA 第9話 『創られた想い』

  第9話 『創られた想い』

等価交換説明ナレ無しでいきなりOP。
今日は原作通りでOK!!いやぁ、泣いた(拳)
前作だとこの後のエドとアルの仲直りの仕方が違ったしね。既におさらいじゃないじゃん。

マリア・ロスのビンタシーンいいです。前作と打つ頬が違いました。こちらは原作に忠実。ベッドの向きが違ったのね。
国家錬金術師は少佐相当の地位を持っているから、少尉、軍曹の2人からすれば上司に手を上げているも同然。それでも大人としてキチンと子供を叱る。こういうのってすごく大事だと思う。
エドは人に心配を掛けることを嫌うから、マリアとブロッシュが自分達を本当に心配してくれたことを感じて素直に謝る。エドってやっぱり根は素直なんだよね。

さてさてオートメイルが動かなくなってしまったエドは怒鳴られる事覚悟でウィンリィにTEL。
怒鳴られると思ったら以外に優しいウィンリィ。あはは、ネジ取り付け忘れの件がありますからね~どうごまかしてもピナコばっちゃんにはお見通し。
やっぱばっちゃんには敵いませんて(笑)

出張修理のためにセントラルまでやって来たウィンリィ。アームストロングを目印というのは・・・間違ってません!
おお、通行人の中にイズミさんとシグさんいた!ここの小ネタはしっかり押さえてますね。
エドが入院している病院までやって来たウィンリィ。エドはネジのことは全く気付いておらず、結果オーライです。
牛乳を残すエド・・・『牛乳嫌い』(分かります!その気持ち!!)
でもこの些細な好き嫌いが油ナミナミのアルの心に火を投げ込む原因になっちゃうんだよな。

ナンバー66の言葉に自分の存在自身に疑いを持ったアル。
アルの様子がいつもと違うことを感じながらもエドはまだアルの気持ちに気付いていません。
どうにも言葉が足りない兄弟です。

いきなり病室にやって来たヒューズ。
なんだかんだでエルリック兄弟が心配で仕方ないんだよ、この人。
宿を探すというウィンリィをウチに泊まればいいと強引に拉致・・・連れ去っていきました。

今日は愛娘エリシアちゃんの誕生日。
エリシアの『ふた、みっちゅう!』可愛い!!ヤベ超絶かわええ(前作では何故4歳だったんだろう?)

もっと言葉で伝えるべきだというウィンリィと男は行動で示す生き物だというヒューズ。
どちらが正しいって話じゃなくて、想いの伝え方の違いを感じます。
このときのヒューズの顔が実にいいんです。子供たちの事を大切に思う。キチンと伝えるべき事を伝えようとする大人の顔です。
ウィンリィにはエドとアルが何も話してくれないことが不満なんですよ。心配させたくないから話さない。話してくれないから心配になる。

言葉って盾にも刃にもなるから難しいんですけどね。
宿敵・牛乳と対峙するエド。
牛乳を飲むように勧めるアルに『アルはいいよな。身体がデカくってさ』と言ってしまう。
アルの『生身の体が・・・』って言い方もかなり捻くれてましたが、エドは思いっきり地雷を踏みました。

 『僕も好きでこんな体になったんじゃない!』

エドにとっては鎧の体でもアルはアルで、自分の弟に変わりないと思っているからこそ、つい出てしまった言葉だと思うんですよ。
しかし自分の記憶が作り物じゃないかと揺れに揺れまくってるアルにとっては地雷大爆発です。

だから早く元の体に戻してやりたいという言葉も今のアルには届かず、本当にもとの体に戻れるのか、記憶も作られた偽物なんじゃないかと抱えていたものを一気に吐き出してしまう。
これはキツイ・・・『言いたい事はそれで全部か・・・そうか』病室を後にしたエド。

ここにウィンリィが来ていた事は奇跡ですね。『アルのバカちん!』いきなりスパナで殴りますか?
アルは自分を恨んでいるんじゃないか?・・・エドの気持ちを知っていたウィンリィにとってこのアルの発言は絶対に見過ごせません。
『自分の命を捨てる覚悟で偽物の弟作るバカがどこに世界にいるってのよ!!』
ウィンリィと一緒に大泣きでございます。

エドを追いかけたアル。
結局拳で解決っぽいんですけど、ちゃんと言葉も交わしてまた兄弟の絆が強くなりました。爽やかに解決して良かった、良かった。ウィンリィいい仕事しました。

グラトニーに食われかけて逃走したスカーはイシュバール人に助けられてました。
内戦の時の夢にキンブリーが!先にこっちのフラグを持ってきましか。

次回 第10話 『それぞれの行く先』
10話です。10話にしてヒューズがっ!!早いよ。
あーその電話BOXらめぇ~
アップルパイ・・・ロイのオールバック・・・次回も泣き回決定です、こんちくしょう!
スポンサーサイト