fc2ブログ

鋼の錬金術師FA 第8話 『第五研究所』

  第8話 『第五研究所』

前作の3倍速でストーリーが進むFAですが、今回もおさらい回です。

元第五研究所に忍び込み48(ヨンハチ)66(ロクロク)に襲われるエドとアル。
48との一瞬の手合せでエドは48の正体に気付く。ここはさすがというか当然ですね。
48、66共に鎧に魂を定着された者だった。
さてさてお楽しみの戦闘かと思ったら、ロイとヒューズのカモフラ電話タイムが挿入されちゃいました。
これってもっと先の話だろが~スタッフよ、どんだけサクサク進めたいんじゃい!
(多少前後しても構わない話だけどさ)

話は戻ってエドvs48。
この戦闘シーンは動きも良くてなかなかのモンでした。

アルvs66。
66の正体は殺人鬼バリー・ザ・チョッパー。前作のイトケン兄さん(伊藤健太郎)の方がファンキーだった。
突き抜けた感じが好きだったな。でも今回の66もアホっぽくて面白かったっす。

元の人間なんているのか?お前の記憶もアニキが造ったものじゃないかと言われ動揺するアル。
バリーのこの一言が兄弟の絆を揺るがす事になるんですね。
エドが言いかけた『怖くて聞けなかった事』が自分の記憶、存在そのものを揺るがすものだったらと疑念を持ってしまったアル。

ここは次回以降の話になると思うでこれ以上はまた今度。

戦いの最中、肩に違和感を感じたエド。だまし討ちで48を倒すが実は48は二人で一人。
頭と体には別の魂が定着されていた。元殺人鬼スライサーも兄弟でした。
襲い掛かる体(弟)に追い詰められたエドは死ぬかも知れないという恐怖の中でスカーのことを思い出す。
スカーと同じように理解→分解の段階で練成を止め、48弟を倒したエドに48兄は止めを刺せと言う。
エドって錬金術に関してはやっぱ天才なんだよね。一回見ただけでスカーとおんなじ事出来ちゃうんだよ。これって錬金術師なら出来て当然のことなの?いや、そう正確には出来んだろう。

魂だけの状態になっても人間だと、殺しはイヤだとエドは48の言葉を拒否。
48達を否定する事はアルの存在を否定する事になる・・・魂だけの存在になって初めて人間扱いされた48はエドに自分が知っている全てを話そうとする。

はい、ここでラスト姉さんとエンヴィー登場。姉さんの爪が48兄の血印にざっくりと(泣)
弟はエンヴィーに血印ザクザク刺されてる~
おお、今日のエンヴィー悪ぅ。すぐにコナンに戻っちゃったのは残念。

ボッロボロでもホムクル相手に牙を向くエド。やる気満々ですがオートメイルが壊れた!!ああ、このタイミングで来たかぁ
動揺したところにエンヴィーの膝蹴りが炸裂!エド気絶・・・

外のアルの元にも抜け出したことに気付いたロスとブロッシュが到着。
バリーに対し投降するように言うが研究所で爆発が起き、バリーは逃走。

爆発する建物の中からエドを連れて来たのはエンヴィー。
目的のために生かされているという言葉通り、今回は助けてもらいましたね。

爆音を聞いて刑務所の中でニヤニヤするよっちんキンブリー。
よっちん上手いな~ちょっと若いけどよっちんキンブリーいいです。


毎回の事だけど今回も駆け足。
ハガレン前作をちらっと見返してみたんです。時間が無いのでほんとにちらっとですけど・・・
OPだけでワクワクします!今のシリーズも面白くない事は無いんですけどやっぱ物足りない。
そっかぁFAにはこのワクワク感が無いんだなと。
それが前作を知っている故なのか、作り手側からのメッセージの不足なのかは自分でも分かりません。
前作から新たに原作が進んだ部分に勝負をかけて来るんですかね?

次回 第9話 『創られた想い』
やばい・・・私の原作号泣回です。何回読んでも泣ける4巻。
電車の中で読んだ時はマジでやばかった(笑)
スポンサーサイト