fc2ブログ

鋼の錬金術師FA 第3話 『邪教の街』

 第3話 『邪教の街』

今日もまたまた駆け足おさらい回。
3話のおさらいはリオール編です。

リオールに着いたエドとアルはレト教という怪しげな宗教に出会う。
教主コーネロは奇跡の業と呼ばれる力で人民の信頼を得ていた。
ロゼですね、わかりま・・・せん。
【ハガレンFA】03 (1)
えらく可愛いらしくなってます。今日の作画どうなってんの?ギャグ絵多用しすぎじゃないですか?
原作に添っているといえば添っているんですが、ここまでしなくてもって感じ。
エドが頭突きかました時のコーネロの涙の出方とか漫画ならOKだけどアニメでやるとマジで微妙だわ。
【ハガレンFA】03 (2)

突然の国家錬金術師の訪問にいきなり反旗を翻すコーネロ。展開早いなー
恋人を生き返らせたい一心でコーネロの奇跡の業、レト教にのめり込んでいったロゼ。
ロゼは教主の命令でエドとアルに銃を向ける。その盲信っぷり、これに縋るしかないって切羽詰った感を銃を向ける(向けさせる)ことで表現するのはいささか陳腐な感じがしました。

コーネロが練成していたロゼの恋人の無残な姿(鳥と何かのキメラ)はなしですか?
あれは前作オリジナルだっけ?それを見てロゼがショックを受けるシーンがすごく好きだった。
ロゼの死んだ恋人への想いの説明が軽くてただのウザい子で終わっちゃった印象。

エドとアルを倒すためにキメラを放ったコーネロだが、エドのオートメイル、アルの空っぽの鎧を見て人体練成を試みた結果だと悟る。
キメラに噛み付かれボロボロになったコートを脱ぎ捨てたエド。
自分達に、ロゼに向かって言い放った“咎人の姿だ”って台詞がコーネロの説明台詞で消された・・・

アルが自分達がしてきた禁忌についてロゼに話すところもイマイチ重みがないんだよね。

賢者の石の力を使い過ぎリバウンドを起こしたコーネロは暴走しエドに襲い掛かるが呆気なくやられちゃいました。(エドが最初からリバウンドのこと知ってるし)

コーネロを倒され、恋人を生き返らせる術を失い嘆くロゼ。
名台詞キタ!(さすがにこっちはあった)
 『立って歩け、前に進め、あんたには立派な足が付いてるじゃないか』
しかしここまで駆け足だとこの台詞が生きて来ないよなーと少々残念。

逃げ出したコーネロはホムンクルス・ラストに粛清されてしまう(遺体はグラトニーがおいしく頂きました)

どうにも不完全燃焼な感じが続いてますね。

次回 第4話 『錬金術師の苦悩』

もうタッカーさんですか。早いな。ニーナとアレキサンダーだよね。
まさかここも1話だとか言わないよね。

ヨキとバルドは無しなのか?
ヨキの情けなさが後から効いてくるんだよね。バルドの列車強奪(将軍襲撃)はロイがカッコイイから見たかったな。

スポンサーサイト