2012年01月

Another アナザー 第4話 「Put flesh -輪郭-」

第4話 「Put flesh -輪郭-」

「ある年」と「ない年」
「ある年」には毎月1人以上の人間が死んでいく。
3組の生徒の関係者。親や兄弟、近親者までターゲットになるんですか・・・
何も起こらない年というのもあったらしい。
亡くなった桜木のの母も同じ日に交通事故死亡。これはとうとう「始まった」ということなんでしょうか。

学校を休んで検診に来た恒一。病院のロビーの呼び出しアナウンスがすごくリアル。
細かいところにも拘ってるなぁ。

ナースの水野さんは南中だから3組の噂は話は知らないのか。
これだけの話なのに夜見北以外ではあまり知られていないんですね。それほどヤバイ話って事?

弟は恒一と同じクラスだから探りを入れてみるという。
水野さんはミステリーやホラー小説好きでしたね。
首を突っ込みたくなるのは分かりますが、いやな予感しかしない。

病院の帰りにクラスメイトの綾野と出会う。ガラス板の前で立ち話とかもう怖いよ。
ありえないような事故に気を付けて・・・
水野さんの言葉が現実に?突然の突風でトラックから倒れるガラス板。
恒一が気付き、事なきを得ましたが、当たっていたら大怪我では済まなかったかも。
死にたくないと言う綾野の怯え方も尋常ではない。

帰りにまた人形ギャラリーを訪れる恒一。 どういう神経してるんだ?
受付の婆さんの台詞が前と同じって・・・怖い。

またここで鳴と再会。知らないことは知らないままの方がいいと言う。
知ってしまえばもう戻れなくなるということか。でも知らないままではただ巻き込まれるだけということにならないか?
鳴の考えが分からないなぁ。

今年は無いと思っていた。死者が出る年とはパターンが違う?
今年はおととしと似ているから新たな対策が必要だと言う赤沢。おととしはあったらしいです。

知るタイミングがあるというのは、話すタイミングもあるということですね。
恒一に何も伝えないのは、伝えたくてそれがルール違反になるから?
転校して来た恒一は最初の知るタイミングを逃してしまったということかな?

頭痛で調子の悪そうな怜子。
彼女も3年3組だったが当時から呪われた3組の噂があったか聞いても、良く覚えていないという。 しかし夜見北での心構えをしつこく確認したり、絶対知ってるでしょ。
九官鳥(?)の台詞に苛立つ怜子。この台詞に嫌な思い出があるのでしょうか。

始まりの年の話の続きは来月になったら話す。そう言った勅使河原をやっと捕まえた恒一ですが、赤沢に事情が変わったと話してもらえず・・・

そこに水野さんから連絡が入る。
弟に確認したが、見崎鳴という生徒はいない?弟に嘘をつく理由は無い。
本当に恒一にしか見えないのか・・・?

電話をしながら屋上から戻ろうと水野さんが乗ったエレベーター落下!
次なる被害者が・・・弟が3組というのも偶然じゃないのかしら。
床に叩きつけられたけど、即死じゃなかったみたい・・・怖いです。

エレベーターだと細工することも出来るしなぁ。
桜木の事故は偶然で、それを利用した連続殺人という考え方も出来る。
でも元が26年前の出来事。先が全く分からない。でも面白れぇ。

怜子さんの頭痛もフラグっぽいし、次に誰が被害者になるか予想がつきません。

水野弟の言うように本当に鳴はいないのか?
続きが気になります。


スポンサーサイト

あの夏で待ってる 第4話 「先輩はすごかった。」

第4話 「先輩はすごかった。」

本日も妄想は通常営業ですねw
鈍いC子ちゃんwwwでも青はめっちゃいい子です!

海人の気持ちに気付いてしまったイチカ。全スルーで帰っちゃったのか。

いつも通りにと平常心を心掛けようと意気込んでみても、2人とも意識しまくり。
イチカのお弁当がwww和風のおかずにロールパンてw
りのん逃げて!超逃げてぇ

海人はイチカと相思相愛の妄想の世界へダイブ!
抱きついたら目の前には哲朗ってwwwまぁこれはこれでおいしいけど(マテ

海人は哲朗に。イチカは檸檬先輩にそれぞれ例え話と言いながら昨日の出来事を相談。
しや、これはしっかりばれてるだろう。哲朗の方は割と的確なアドバイス。
檸檬先輩は楽しんでますねw

しかしイチカが海人の気持ちを受け止められないのいずれこの街を離れる事になるから・・・
結構切ない話になるのかな?

海人もイチカも今のままではいけないと思っている。
しかし2人とも脳内シュミレーションという名の妄想で納得しちゃいけませんね。

大人の女性と一緒の海人を見掛けたイチカ。昨日告白しておいて、今日は違う人とデート?
りのんを呼びつけて後を追うイチカ。すっかりストーカーです。今日のりのんはガクブルしっぱなしですね(南無

海人は真奈美という女性に連れられてお買い物デート。イチカにはそう見えますが、真奈美の当ててんのよ攻撃にも困るだけでなびいてないよ。
映画wwwHOTDいつの間に劇場版になったんだよw

家にまで上がり込んだ海人に堪忍袋の緒が切れたイチカ。その前にしっかり妄想www
ジャンプでマンションまで侵入して海人を連れ戻そうとする。

真奈美に食って掛かるイチカ。説明しようとする海人の話を全く聞きません。
なんとなく事情を察した真奈美は面白がって煽ってみますが、2人の自分の気持ちにも相手の気持ちにも気付かない鈍感ぷりに呆れてます。

そこに入ってきたのは哲朗。って真奈美は哲朗のお姉さんだったんだwww
夫婦喧嘩するとすぐに戻ってくる姉。録画した番組を旦那さんが消してしまったって・・・w
なんだよ、ラブラブじゃねーかっ!

誤解だったと謝るイチカ。お詫びに何でもすると・・・
本当は昨日の返事を聞きたかった。しかしここでギクシャクした関係を修復することを選択し、勉強を教えて欲しいとお願いします。

イチカさん超スパルタだったぁぁぁwww
赤点じゃ無ければいいと言う海人ですが、それで納得してくれません。

昼休みもお弁当を食べながら勉強。
でもそんな2人をギクシャクしなくなって良かったと見つめる柑菜がいい子過ぎます。

鈍感C戸ちゃんをからかう哲朗。わけが分からない柑菜。その2人を見つめる美桜。
なかなか複雑ですね。

そして一生忘れられない夏休みが始まる・・・

回を重ねる毎に柑菜が可愛くなってきます。でも負けフラグしかない状態。
海人とイチカの妄想イチャイチャも楽しいですが、柑菜、哲朗、美桜も気になります。
檸檬先輩はそのままでいてくださいwww


夏目友人帳 肆  第5話 「過ぎし日の君に」

第5話 「過ぎし日の君に」

AパートとBパート。視点違いのお話でした。

赤点を取る度に神社にお参りに来るユリコ。
階段を踏み外して車に轢かれそうになったところを何かの力で助けられます。

夏目がまだ妖を受け入れられなかった中学時代のお話。

また新しい保護者に引き取られて転校して来た夏目。
黙って座っていればイケメンです。モテモテですねw

神社で出会ったクラスメイトの緒方ユリコを蹴飛ばして逃げ出した夏目。
何も見えないユリコにとっては夏目の行動は理解できません。つかこれで引かなかったユリコがすごいよw


どこへ行っても人の口に戸は立てられません。
虚言癖があったと噂を聞いたユリコの母は夏目に近づくなといいますが・・・
それでもどこかしら惹かれるものがあったのか、夏目に話しかけようとします。

知らない人から見れば夏目の行動は奇怪なものに見えますが、ユリコは本当に夏目には何か見えているのかと思い始めます。
でもそれを口にはしない。踏み込んではいけない部分だと感じたんでしょうね。

そんな時夏目がいるところで学校の窓ガラスが割れる。何度か同じ事があったようで教師に呼ばれる夏目を庇うユリコ。
その申し出を断る夏目。何も出来ない事や、夏目が反論もせず受け入れてしまう事に対する悔し涙でしょうか。

保護者が呼ばれ、しばらくして転校する事になった夏目。
どこへ行っても嫌われてしまうんだ。人にも、あいつらにも・・でもここは少し楽しかったよ。
ユリコともここでお別れです。

そしてBパートは同じエピソードが夏目視点で語られます。

すねこという妖怪を連れて来てしまった夏目。ニャンコ先生によれば、人に憑いて身を守るだけの害のない弱い妖怪。
すねこには依然会ったことがある・・・それが中学時代の話。

転校早々、夏目はすねこに引っ付かれ、すねこを投げ捨てしまいます。
気になり戻ってみると、すねこに襲い掛かる黒鎌の妖怪と出会う。
すねこを庇った事で呪いを掛けられてしまった夏目。

度々現れては夏目を追い掛け回す黒鎌。夏目の奇行はコイツのせいでした。
しかし夏目か夏目の周りの誰かを呪い殺すと言った割には追いかけっこを楽しんでいるように見える黒鎌。


夏目のそばで割れたガラスも黒鎌のせいでした。
その事で転校する事になった夏目は街を出なければならなくなったから、呪いを解いて欲しいと頼みます。

呪いは嘘。元は人の災いを肩代わりする守り神。
夏目を追いかけて楽しんでいただけだったんかい(白目)

ユリコを助けたのは黒鎌ですね。口に挟まったテニスボールがwww

同級生から夏目が優しそうな女の人といたと聞いたユリコは一安心。

夏目にとって今の居場所が本当に温かくて優しい場所だと感じさせられますね。
辛い過去の中にも少しでも楽しいと思える時があって良かった。


未来日記 第16話 「修理」

第16話 「修理」
 

7thに対抗するためにみねね様の指導を受けるユッキー。
ナースコスのみねね様に乗ってもらえるとは、ご褒美ですね、わかりますw

そこにユッキーのパパン、天野九郎登場。
テラ子安wwwみねね様に乗ってもらいたいのかこの親父www
楽しい人だなぁ。

離婚して離れて暮らしているとはいえ、息子が入院したら見舞いに来る。
ちょっとふざけてるけどいい親父じゃん、と思ったら違いましたね~

雪輝が勝ったら望みを叶えるという約束で父と勝負。
ユッキーの願いは両親の再婚。離婚原因は父の借金ですか・・・これは難しい。

九郎は口だけで全く実の無い優男。
懸垂勝負で1回も出来ない父と3回でギブアップの息子。ユッキーは父親似かw

次々にチート技(ほぼズル)で勝っていく九郎。
久しぶりの親子の再会に楽しい方がいいと言うみねね様がマジいい人。

そんな楽しそうな天野親子を見つめる由乃。ユッキーのお父さんがいい人で良かった・・・
って手には包丁!?お母さんのときと同じこと考えてたのか!
由乃さん、今回もゆがみ無く怖いです。

7thのマルコと愛もいい感じにギャグ担ですな。
交換日記でマルコの浮気がばれたっ!?

知らない女の人と会い、プレゼントを貰って喜ぶマル?捨てられたんだぁ~と泣く愛。鼻水拭けw可愛いな。
実は愛へ贈る指輪を店員さんから受け取っていたというオチ。
交換日記も主観で書かれるようですね。情報の正確さという点では弱点は無差別日記と大差ない感じです。

雪輝の悪いところは「自分の弱さにすぐに諦めちまうところだ」とみねねからアドバイス。
抗い続けることで届く奇跡もある・・・抗い続けることで親父さんに思いが届くといいな。

みねね様マジでいい人過ぎるだろぉぉぉ!惚れるわ!

用があると雪輝を残して先に帰った九郎。ユッキーストーカーの由乃に捕捉されてます。
病室を家捜しする九郎。雪輝の携帯を壊せば借金を帳消しにする・・・依頼者は残る日記所有者11thですかね。
あらら、クズ親父でしたわ。 しかも由乃に知られてしまうし・・・

みねね様がコーチを引き受けたのは雪輝に7thへの対抗策があると信じ込ませるため。
無差別日記から情報を得ている7thは迂闊に携帯を壊すことは無いと秋瀬が考えた作戦のようです。

そして無差別日記から雪輝の父とその裏に日記所有者の存在を知った7thが接触してきました。
父親を利用しようと画策する由乃の目が怖い!ギアスなんてもんじゃありませんよぉぉぉ!

お前のLOVEを見せてみろ!抗うことで届く奇跡を信じてマルコに突っ込んでいく雪輝ですが、当然敵いません。
由乃の観察眼が動いてますよ~

マルコが取り出した日記を破壊する九郎。しかし日記はダミー。
由乃は愛から本物の携帯を奪い返す。

父親に裏切られる形となった雪輝。タワーが爆破される。たーくんお仕事熱心です。

崩れる床。落ちていく雪輝。さて彼は由乃と父、どちらの手を掴むのか・・・
いいところで次回です。

親父がクズです。でもこういう人モテるんだよね~
母の里にも捜査が入ったり、各方面で動き出しました。OPで泣いてるけど8thの目的も気になるな。

ナースムルムルちっさ!
人生に迷った九郎に助言するムルムルですが、いい事言ってるようで、何言ってるかわかんないwww
ムルムル先生はあまり九郎に興味がないようです。


機動戦士ガンダムAGE 第16話 「馬小屋のガンダム」

第16話 「馬小屋のガンダム」

第2部・アセム編。
OPに仮面の男がwwwネタバレOPですね。

フリットは39歳ですか・・・落ち着きましたねぇ。つか老けてね?CVが和彦さんとか俺得です。でもフリットです。
いつの間にか地球連邦軍総司令部の司令官になってます。腐ったみかんは排除したのか連邦軍も変わったみたいですね。

コウモリなんとか作戦でUEはヴェイガンとして地球連邦の敵として認識されたようです。
その後も戦闘は続いている。

フリットの参謀を勤めるのがフレデリック・アルグレアス(CV:子安さんっ!)
2部は中の人効果でSEED・OO層を狙ってきているようです(ェ

エミリーと結婚して一男一女を設けても、フリットの戦う理由の根底にはユリンがいる。エミリーなかなか切ないですが、まぁ勝ち組なんでしょうね。

設定が17歳なのでフリット編よりちょっとお兄さんです。
アセムは頭に血が上りやすいタイプらしい。司令官の息子だと思って!なんて不良に絡まれたりするので反発しているのかと思ったら家族大好きっ子だったw

今回のヒロインはロマリー・ストーン(CV:花澤香菜ちゃん)彼女もすっかりこの枠の常連になりつつあるな。

謎の転校生、ゼハート・ガレット(CV:神谷浩史)キタ!
ヴェイガン側の人間のようですね。つかOP・・・

フリットからAGEデバイスを受け取った直後にヴェイガンの攻撃を付けるコロニー。 ゼハートが手引きしたんでしょう。
アセムがガンダムに登場せざるをえなくなるという流れ。

ヴェイガンの攻撃を受けるコロニー。家族と連絡が付かないと家に戻る途中で足をくじいて動けなくなったロマリーを救助。
なんかユリンのときと似てるな。取り巻きの女の子たちはどうしたんだろう?置いて逃げたとかだったら最低ですw

馬小屋の干草の量が尋常じゃない。こりゃなんかあるなと思います。
そこにガンダム隠してたのか!何故重要な戦力であるガンダムを隠す必要があったんだろう?
ヴェイガンに狙われてるからか?バルガスはお年を召しても現役でした。
来る日のための準備はバッチリですが、如何せんパイロットはまだまだ未熟。

それでもフリットの教育のおかげかアセムはガンダムに乗って出撃です。
あんなに近くに座っててロマリーの方に倒れてこない干草www

勢い良く飛び出したけど、戦い方はまだまだ素人。

ジェノアスがまだ現役とは・・・
あんな根性見せるジェノアスに乗るのはラーガンさんしかいないだろう?ラーガンさんだといいなw

フリット編よりは面白い。しかし仮面の男が狙い過ぎ。今度はシャアオマージュキタっ!って感じかな。


偽物語 第4話 「かれんビー 其ノ肆」

第4話 「かれんビー 其ノ肆」

家に戻ったアララギさんですが、いきなりラスボス羽川さんまでおりますがな!

火憐の生意気な態度に感情的になり、手を上げそうになる暦を羽川さんが優しくそしてピシャリと抑えます。
言っている事が正論だけに非常にやり辛そうです(笑

正義の第一条件は正しいことじゃない、強いことだ。

火憐はたしかに正しい。でもその正しさも強くあらねば成せないと感じている。
それに気付かなければいつまで経っても正義に味方ごっこで、偽物だと・・・

妹たちに向けた言葉は自分自身への戒めでもあったようです。その辺に気付くバサ姉はさすがです。

羽川さんは夏休みに入ってからファイヤーシスターズと行動を共にしていた羽川。
中学生の間で流行っていたおまじないはやはりヤバイ物でした。

そして羽川が絡んだことで犯人を突き止めてしまう。優秀過ぎます。
暦たちが自分の弱さを受け入れなければいけないように、羽川は自分の強さを受け入れなければならないとメメは言っていたのか・・・

単身犯人の下に乗り込んだ火憐がそこでトラブルに巻き込まれた。
相手はガハラさんの話に出てきた貝木泥府。火憐は貝木に怪異に毒を移されてしまったようです。

落ち着くために風呂に入る暦。
影から忍ちゃん登場!本来はよくしゃべるキャラだったのね。
まーやの忍いいなぁ。

忍野が忍相手にだらだらと話していた怪異の話の中に出てきた怪異「囲い火蜂・オオスズメバチ」とやらが今回の怪異のようです。

火憐は怪異の毒で高熱を出しているが、移された病気は結果であって、怪異そのものではないため忍にも食らうことは出来ないようです。
怪異の原因が貝木であることから、ガハラさんに事情を聞く必要がありますね。

良く話すようになった忍は忍野の代わりに怪異ブレーンとしての役割を担ってくるのかな。

幼女(というほどではないけど)とお風呂ってうらやましい状況ですが、全く反応しないアララギさんw
忍はそんな暦に家族に見つかるのはヤバイだろうとちょっといたずらな笑みを浮かべる。

で、見つかっちゃいましたwww
取って返してきた月火の手には包丁・・・忍が消えてくれてて良かった。
そのまま見つかったら、火サスなんて目じゃない惨劇を見る事になったんだろうな・・・

再び姿を見せた忍。ほとんど人に戻った暦ですが、吸血鬼の能力も残している。
体は戻っても、寿命は吸血鬼並みに長いのかもしれない・・・長命であるが故に味わう事になる孤独。
それを回避したければ自分を殺せと迫る忍。

しかし暦はそれを断ります。
死ぬまで生き続ける。互いが互いを許さない。
馴れ合うつもりは無いと言いながら、この二人は互いを大切に思っている感じがします。
ここでなし崩し的に和解した?暦と忍を和解させる流れまで必要かと言われるとちょっと微妙ですが、暦は動きやすくなったかな?

まぁこの辺は傷物語のお話が絡んでくるので想像ということでw

気になるガハラさんと羽川の電話の内容ですが
「あんまり聞き分けがないようだと、私が阿良々木くんに告っちゃうぞ」
バサ姉・・・見事な攻撃です。さすがラスボスは格が違いますw


仮面ライダーフォーゼ 第20話 「超・絶・磁・力」

第20話 「超・絶・磁・力」

弦太朗と賢吾の仲は拗れたまま。賢吾の方が相当お冠です。
賢吾の助言を聞かずにマグフォンを失くしてしまった弦太朗は賢吾に合わせる顔が無いといつもの勢いが無いし、賢吾はもう頑なまんまです。

ライダー部は賢吾説得チームとマグフォン捜索チームに分かれて行動開始。

留美のコーチをしながらもドラゴン・ゾディアーツへの対策を考えちゃう賢吾。
意地を張っても今までして来たことをそうそう変えられるはずもありません。

説得チームのユウキ・流星・大文字。
しかし賢吾は説得の言葉に耳を貸そうとしない。
「あんなヤツ、もうどうなってもいい!」と吐き捨てる賢吾の言葉に流星が反応。

流星は二郎に同じことを言ったのね。
どうなってもいい・・・その突き放した一言でスイッチに手を伸ばした二郎を止めることが出来なかった。
賢吾と自分を重ねてしまい、思わず食って掛かってしまう。青いなぁ~若いなぁ~チラチラ本音をさらけ出してしまう流星が可愛いよw

マグフォン捜索隊の方はこっちの方に飛んでいったはずとかなりアバウトな捜索中。
格好だけは一人前だなw

メテオを探してドラゴンが現れる。留美が一緒に逃げてるからドラゴンはヤツなのね。
逃げ足が速いと評判に流星が物陰でメテオに変身。

弦太朗を呼ぼうとするユウキを止める賢吾。
この事を聞いた弦ちゃん、めちゃめちゃ落ち込んでます。
美羽は自分たちのところにいても役に立たんと弦太朗に戦力外通告?まぁこれも落ち込む弦ちゃんを思ってのこと。
それの想いに気付いた弦太朗は賢吾にもう一度謝ると走り出す。飼い主のところに戻る犬みたいに活き活きしてるぞw
美羽のおやっさんポジが板についてきたな。

お互いのことを気遣うあまり、その行動が裏目に出てすれ違ってしまった。
その事に気付いた流星が賢吾を説得。流星がちょいちょい、いい人になって来てます。
自分の目的のために動いているはずなのに、冷静になりきれないところが青春って感じがしますねぇ。

磁石を取り出して、君たちはこの磁石と同じだと話す流星。
分かりやすいけど、この話のために磁石持ってきたとか思うとちょっと顔が赤くなるわw

弦太朗が流星にスイッチの調整を頼んだのは賢吾の体を気遣ってのことでした。
でも賢吾は自分の居場所を取られたように感じてしまった。

仲間になったから何でも分かり合えるというものではない。互いにちょっとずつ言葉が足りなかった。

弦太朗合流。そこに陸上部・部長の野本が現れ、賢吾のアドバイスで記録を伸ばした留美に詰め寄る。
自分以外のアドバイスで成績を上げたことが気に入らないらしい。何この了見の狭い人。しかも恋愛禁止って、まだそんな段階までいってもないだろ。

野本がドラゴンでした!(へぇ)
ここにマグフォンがあれば・・・図ったようなタイミングでマグフォンを手に戻って来た美羽たち。
さすがゴス子の第六感は本物だぜ。

ここでマグネットの最終調整。エレキスイッチを使ってメテオが時間稼ぎ。
同じスイッチ使えるってことは開発者は同じってことか。

未調整のマグネットでは弦太朗の体に負担がかかる。賢吾も弦太朗を気遣っていた。流星の言葉で弦太朗の気持ちを知り、謝る賢吾。
ええ話やなぁと思いながらも、マグネットの最終調整がぞんざいなのが気になってしょうがない(アセ

マグフォンは無事に分離。マグネットステイツ!
なんか凄くゴツイんですけどwww鉄球には効果抜群ですね。

マグネット分離して二丁拳銃みたいに使うのかと思ったら、普通にくっ付いた。
マグネットステイツのリミットブレイクでドラゴンを撃破。

ライダー部に復帰した賢吾。流星のことも認めてちょっと丸くなったね。
しかしまたまた揉める弦太朗と賢吾。ただの痴話げんかにしか見えんwww

なんかなぁ~もう今回は薄い本のネタ投下回だった(ライダー同人に興味ないけどw)

次回は園ちゃんの代わりの新担任登場。ヴァルゴだったりするのか?

次回 第21話 「進・路・誤・導」


ギルティクラウン 第14話 「攪乱 election」

第14話 「攪乱 election」

隔離され、もういないことにされてしまった生徒たち。
平和なときならば亞里沙も立派なリーダーですが、有事となれば正論だけでは通らぬことの方が多い。

おじい様から物資や情報が来るはずだから今は耐えて欲しいと言われても、結局他力では人はついて来ない。
そう考えると涯はリーダーとしては非常に有能だったんだと感じます。

急進派を気取った眼鏡に追い詰められる会長。コイツら下半身で考えてるだけじゃなかったのね(失敬)
妙に知恵が回る分面倒な手合いですね。

パパやママに会いたいと訴える生徒(高校生にもなってパパ、ママやめれ)
家族の頼る亞里沙や生徒たちに嫌悪感を示すツグミ。

ツグミにはツグミの事情あるのでしょうが、まぁそれで周りに噛み付くことは無いと思うんだけどね。
この辺の未熟さがまた可愛いところなんだけど。

いのりに寂しい?と聞かれてそんなことは無いと否定するツグミですが、強がっても一人はやはり寂しいものです。
でも集が気に掛けていてくれるという気持ちは伝わったかな?

閉鎖地区で浄化という名目により虐殺される人々。
ダリルきゅんはしっかり脱出してましたぉ。殺し方に愛が無い?まぁよぉ分からんですが、一定の美学はお持ちのようです。

情報操作によるかく乱。
疑心暗鬼と閉塞感の中、一部ジャミングを解除し、葬儀社のメンバーを差し出せば壁の外に出られるという情報が流れ出す。

ゲス野郎が本当にゲスだった。拳銃とかどこから手に入れたんだよ!
学校裏サイトの情報に踊らされる生徒たち。見せしめ、魔女狩りのようになっています。

捕らえられた綾瀬とツグミ。葬儀社は背中にタトゥがあると綾瀬に襲い掛かる生徒。
公開処刑ですね。こうして民衆のフラストレーションを解放するというのは昔からよくある手です。
人は成長しない生き物だな・・・

ここで立ち上がった集。この場は一旦自分に預けて欲しい。

考えがある・・・集、綾瀬、ツグミを壁まで連れて行き差し出す。
葬儀社のメンバーはその場で射殺され、連れてきた生徒は外に出られるはずも無く、その場で同じように殺されてしまう・・・
ツグミのヴォイドはコピー人形を作る能力だったんですね。オペレーターらしくリモコン操作可というオプションつきです。

いくら言葉を尽くして説得しようとも、もう何を信じればいいか分からない者には事実を突きつければいい。
手っ取り早く、しかも説得力のあるやり方です。

自分たち戦う力も持っている。真実を知り落ち着いて欲しい。
まだ抵抗するかゲス眼鏡っ!綾瀬に銃を向けるも集に一撃で全く歯が立たず「怒らせないで」と完敗です。

ここで谷尋が集を生徒会長に推薦。ほぼ満場一致で会長に就任することになった。

サポート役の谷尋が打ち出したのはヴォイドの強さで生徒をランク分けし統治するやり方。
う~ん、また一波乱ありそうなプランを出してきたなぁ~

いのりは葬儀社メンバー狩りに遭った時、生徒を殺めてしまったようですが、いのりの意思だろうか?
マナは完全に消滅していない?

外では供奉院に保護されたアルゴや大雲が動き出しそう。
新政府のやり方に納得していないようなダリルの動きにも注目です。

集がリーダーとして認められました。しかし集は自分にまだまだ自信がない状態。
自らにの意思で動き出すまで油断は出来ないですね。


ペルソナ4 -Persona4 the ANIMATION- 第16話 「Although the Case Was Closed」

第16話 「Although the Case Was Closed」

シャドウがさらっとすごい事言ったね!

探偵王子!?直斗が連続殺人事件解決の功労者としてテレビ出演!

前回、取材を受けると言っていたのはこの事か。
千枝も言うように、直斗がテレビに出るというのは違和感ありまくり。

悠たちでさえ、事件はもう終わったと感じていますが、直斗は納得していない。
直斗自身は今回の一連の犯行がすべて久保(モロキン殺し)の仕業ではないと感じている。
まぁ、そうなんですけどね。

これまでの被害者は殺される前に誘拐され、誘拐される前にテレビに出て、急速に知名度を上げた地元民。
直斗は雪子がポロッともらした、テレビに入って戦うという言葉にも引っかかったようです。

これまでP4を見てきた視聴者からすれば、直斗の推理がほぼ外れていないのは分かりますが、一人でここまでたどり着いた直斗は凄いなと改めて感じます。

事件は終わったはずなのに、マヨナカテレビに映った直斗。
今回は陽介ではなく、完二から一番に電話が掛かってきました。

テレビに中に入ってみますが、直斗の気配を感じても居場所が分からない。
もう少し情報が欲しいと言うりせ。一旦戻って直斗の情報探しです。

事件ために街に来たばかりですし、街の人に聞き込みしてもテレビで報じられてる話か、変な噂話しか出てきませんね。
消えた直斗。なかなか集まらない情報に苛立つ完二。

そこに完二の母親が病院に運ばれたと連絡が入りますが、運ばれたのではなく、運んだと・・・

完二のイライラは心配の裏返し。
母にしても直斗にしても心配でならないのに、上手く表現できない。不器用だけど完二の気持ちは凄く伝わってきますね。

あいかから直斗が警察と揉めていたと聞いた悠たち。
久保の逮捕ですべての事件を収束させようとする警察と、事件に違和感を感じる直斗は意見が対立していたようです。
事件が終われば警察が自分を子ども扱いすることにも不満を持っていたようです。

テレビの中で直斗を見つけた悠たち。
シャドウを前に意外と余裕綽々な直斗ですが、やはり彼にも心の闇はあったわけです。

千枝はシャドウの言うことを聞いてはいけないと助言しますが、完二は向き合わなければいけないと。
自分の認めたくない部分をさらけ出され、自分の弱い部分と向き合って受け入れたところから完二も変わったんですよね。
孤独という意味では完二も直斗も似た者同士かもしれません。

早く大人の男になりたい。子供扱いされる子供の自分を認められないようです。
シャドウの言葉に追い詰められていく直斗。

つか性別も超えられないって・・・女の子やったん!?
これはさすがに驚いたP4メンバー(とワタクシ)

自分を変えたい=改造。否定されたシャドウは真の姿を見せ、攻撃。
また最初に攻撃を受けるのは陽介か・・・改造というか老化!!大人になり過ぎです。
これは女子組は全力で逃走しますね(アセ

久しぶりのペルソナ戦格好良かった。直斗のシャドウの攻撃にどう立ち向かうのか。
直斗回ではありましたが、完二の優しさが良く出ていたという印象も強かった。
この2人、いいコンビになれそう。つーか直斗、女の子だった・・・


アマガミSS+ plus 第4話 「桜井梨穂子編 後編 フウリン」

第4話  「桜井梨穂子編 後編 フウリン」

アバンは真壁のパッション弾ける告白シーンから。
何度見ても真壁おもろいわwww

梨穂子の好きな人を聞いて立ち去る真壁。案外潔い。まぁ相手が純一だと知れば納得の撤退ですね。

りほっちと真壁を見て何も言えずに帰ってきた純一。
気になって仕方なくて、そわそわしてます。
それとなく話題を振っても遠まわしすぎて通じてませんよ(アセ

真壁が振られるところまで見てなかったような感じなのに、梨穂子の好きな人とか気にならないのか?
まさか、会話聞こえて無かったとか・・・ならもっと気になるはずだが・・・
ここはツッコんじゃいけないところか?

梨穂子(も真壁に向かってだけど)はっきりと気持ちを口に出したことで、自分の気持ちを伝えたいと感じたようですね。
相手を意識し過ぎてギクシャクしてしまう2人。

今までの関係が近すぎて、なかなか言い出せない。普通ならああ、もどかしいっ!ってなるんだろうけど、この2人だとこのペースも許せる不思議w

ご飯おいしそうだった!りほっち嫁にください!!
デザートは別腹でもみやぁ~は食べ過ぎ。

突然の雨でお泊りすることになった梨穂子。お風呂シーンはお約束か?
みやぁ~の服ではさすがに梨穂子にはキツイですねw

ふかふか~ってwww
見た目だけだから、そんなにふかふかしてn・・・え?ホントはふかふかなの?(チッ

寝ぼけて純一の部屋をトイレと間違える美也。
ちょっとこの子大丈夫か?

眠れない梨穂子は純一の部屋を訪ねようとしますが、純一も眠れず、雨上がりの庭を眺めていました。
並んで座る二人はもう夫婦でええやん!

幼い頃からずっと一緒だった。夏休みはよく花火をしていたと、2人で花火をすることに。
オイ、今、何時だよ・・・

線香花火の火が純一の足に落ちて、慌てて転んで梨穂子を押し倒す形になってしまう。
咄嗟に離れてしまうのがこの2人らしい。

ずっと近くにいて気付けなかったが、ずっと梨穂子のことが好きだったと純一から告白。
おお、ここで男を見せるとは!やるときはやる男だからね。ただのヘンタイ紳士にあらず。
こんな告白されたら惚れてしまうやろ(いや、惚れてたんだけどさ)
この辺は割とあっさりしてた。

のんびりペースの二人はこれからもこんな感じなんでしょうね。
しかし高3の夏に進路決まってないとか、いくらなんでも危機感無さ過ぎですよ;;

次回からは七咲編。
予告どうなってのぉ?ヘンタイ紳士パワーアップして登場!?