君と僕。(終)

君と僕。2 第13話「へそと凛」

第13話「へそと凛」

高校3年生のGW明け。休日返上で模試を受けなければならない。
高3の春ねぇ。進路なんてただぼんやりと「進学」って決めてただけだな。

帰りにラーメンを食べていこうと言う千鶴だが、春は部活で一緒に帰れない。
春ちゃんて茶道部だったんだ。悠太までとは。

和菓子に釣られた千鶴と祐希を体験入部に誘う春。高3の春に体験入部って、意味ねぇしw
高3から茶道部というとアマガミのヘンタイ紳士を思い浮かべてしまう・・・

悠太に体験入部の事を報告に言った春。机の上には大学図鑑。
要も模試の勉強をするというし、進路を決めていない春は受験生というプレッシャーを感じてしまったかな?

進路が決められない春。あの頃とは違う。
またまた幼稚園の回想です。キスの予行演習をする春ちゃん。
幼稚園の頃は意外とおませさんだったのねw
乗せられた要。春の場合はまだまだ可愛い妄想ですが、要は実戦を視野に入れてるよね。

茶道部は着物でやるのかぁ。悠太の着物姿は俺得ですw

和菓子はよ、はよ!と騒ぐ千鶴。
そこに入ってきたのは茶道を指導してくれている十(つなし)先生。
美坊主キタ!!
初心者の3人は先生のスキンヘッドを見て笑いを堪えるのに必死。
「私の頭に何か付いていますか?」追い討ちかけてどうしますw

千鶴は和菓子がおいしいから茶道に道に進む!お茶の水大学は茶道の学校ではありません。しかも女子大です。
興味を持ってくれたならと、さらに指導してくれる先生ですが、濃茶は苦いし、足は痺れるしでギブアップ。

春の心の不安を少しだけ軽くしてくれたのが十先生。
達観してしまっている雰囲気ですが、彼もまた自分が茶道の先生になるとは思っていなかった。
高校生で将来のビジョンがしっかりと固まっている人って少ないんじゃないかな?

大人になって変わったのは足が痺れなくなった事くらい。
そんなはずはもちろん無いわけで、大人になるというのはその程度の事なんですよ、と言えるほどに大人なんだろうね。


悠太は春の様子がおかしい事に気づいていましたね。

2人きりの部室の中で、悠太に進路を決めたか尋ねる春。
自分は大学すら調べていなかったのに、要と悠太はもう動いていた。
その事に驚いてしまったと。だんだんと背中が丸くなっていく春。自信の無さの現れです。

春、おへそ。
はっきりとは言わない。でもそのままでいいと言ってくれている様な悠太の雰囲気がすごくいいです。

今絶対に答えを出す必要はない。緩やかに変っていく。緩やかでも確実に変っていく。

決めて進むのも道だけど、答えを急ぐ必要はない。
彼らには自分を縛らずに答えを探していく時間はまだまだありますよね。

バトルがあったり、ハーレムになったりwそういう日常とはかけ離れたフィクションの世界が多い中で、本当にごく普通の高校生の日常を描いたお話。

でも高校生にとって恋愛や初めてのバイトや憧れのお姉さんの結婚や受験て劇的なことなのかもしれない。
それを凄いだろぉと押し付けがましく見せるのではなく、本当に日常のひとコマとして見せていく。
肩の力を抜いてあの頃の自分を少し思い出しながら見れるステキな作品でした。


スポンサーサイト

君と僕。2 第12話「赤裸々」

第12話「赤裸々」

要の両親とお隣の静奈、日沙子の両親が海外旅行に出掛ける間、相田家で夕食をとる事になった要。
面倒臭いと言いながら頬が緩んでますぜ。

大好きなお母さんと3日も離れられるのか?耐えられたらギネスに申請ってどんだけだよwww

要が来るので洋服選びに余念の無い日沙子。
要の目当てはもちろん静奈さんなんですが・・・

最近、静奈さんの料理のレパートリーが増えた。
静奈さんの結婚が決まったと知った要。お母さんから聞いてなかったんですね。

知らなかったのは自分だけ・・・
平静を装う要ですが、気付かれていないと思ってるのは本人だけなんだろうな。

翌日、要の様子がおかしい。
これはお母さんに会えない寂しさのせいだと勘違いする4人。
双子は別に理由があると気付いていると思います。さすがに春もママ絡みとは思ってないだろう。
千鶴は怪しいですね(笑)

押しかけ夕飯。
要を励まそうと要を引っ張って相田家に押しかける。
昨日の今日で気まずい要にとっては気が楽なんじゃないかと思ったけど、家に醤油を取りに戻ったところで寂しさが押し寄せる。
暗い台所の要と、相田家から聞こえる賑やかな笑い声の対比が、ますます寂しさに拍車をかけてます。

日沙子に3日目の夕飯を断る要。
スーパーで卵を買ってきてと頼まれているのに・・・

静姉はマイペースに翌日のメニューを考えている。
要の気持ちも分かるし、それを静姉にぶつける訳にも行かない。日沙子ちゃん頑張れ!

要が静姉を好きなことなんてバレバレ。
「告白すれば良かったじゃん!」

そういうのじゃないと言う要に思わず日沙子の方が涙。
これは要には理解できないだろうな。

小テストがあるからとスーパーへ行くのを断った日沙子。
要と静奈さん、2人でお買い物です。
新婚さんには見えないよねー。せいぜい仲のいい姉弟ってところか。

要にとって静奈さんは憧れの存在。
告白したいとか、付き合いたいとかそういうんじゃない。
いつもそばにいて、笑顔で誉めてくれた。自分を真っ直ぐに受け止めてくれた静姉。

掛け値なしに自分を認めてくれる存在だからこそ気を引きたかった。

静奈さんはそんな要の事をちゃんと分かってくれていました。
ぶきっちょな要くん。何かが特別に上手いわけではなく、ちゃんと努力して結果を出している。
でもその努力を誰にも見せないようにしている。

頑張って、努力して、ちゃんと結果を出している要はすごいけど、いつも張り詰めているといつか切れてしまうんじゃないかって危うさがありますね。
きっと要ママンの行き過ぎた(?)愛情も要に肩の力を抜けって言ってるんだと思います。
頑張ったことも失敗しちゃっても、ちゃんと見てるよってね。

日沙子に告白しろと言われたけど、結局はしなかった。
好きだったのは本当。でも告白したいと思わなかったのも本当なんだろうな。

要に向けられた静奈の笑顔はずっと変らない。
ずっと仲のいいお姉さんもままでいいと思ったんでしょうね。

前髪を伸ばすと宣言する日沙子。
要のため?自分のため?前髪を伸ばしたら大人っぽくなりそう。
でもぱっつんが似合う子って可愛いよね。


君と僕。2 第11話「sugar baby, fly baby」

第11話「sugar baby, fly baby」

悠太が祐希に対してもメリーに対してもいいお兄ちゃんでした。

春が来て3年生になった5人組。
学年が上がったからといって何かが劇的に変るわけも無い。

要と悠太が4組。祐希、春、千鶴が3組か。
上手い事一人だけにはならなかったのねw
しかしバランスがwww

千鶴を弄って遊ぶのもいつもの事。紙パックシュートにメリーとの偶然の出会いを願掛けするとか可愛いなぁ、オイ。

メリー現る!体育委員になったメリーは球技大会のトーナメント表を書くために1人で荷物運び。
いつも1人でいるところしか見ない。クラスに仲のいい友達がいるのかちょっと気になる。

最初は気遣われるのが嫌で、意地を張ってた感じもあったけど、メリーは1人でも気にしない子なんだな。

春が球技大会で何に出場するか気になるメリー。
5人ともバレーでした。春ちゃんのブルマ・・・似合い過ぎw

久々に登場の松下くんも体育委員。
女子は群れるという印象があるんでしょうね。 1人でも平気なメリーを見て不思議そうです。

高橋さんも登場しました。ジュースをやめて牛乳に切り替えた。
試合は見に行かないけど、好きな人と同じものをって気持ちなんでしょうね。こそばゆいけど何となく分かるわ。

3-3VS3-4のバレーの試合。
学年一の秀才はお勉強ばかりしていると思いきや、なかなかいい動きを見せる要。
悔しがる千鶴の顔がかわいいwww

腹チラとか俺得だっ!
腹チラ、へそチラ大好きな自分歓喜!やっべ永久保存だわw

やる気のない祐希をドヤ顔で挑発する悠太。 しっかり乗せられた祐希。
双子は基本スペック高いからなぁ~
試合には負けたけど、勇気の本気を引き出してちょっと嬉しそうな悠太。

審判をやるはずの子が早退してしまいちょっとピンチの体育委員。
審判やるから着いて来てとか、待っててとかグダグダやってて決まらない。

代わりに審判をしてもらえないかとメリーに声を掛ける松下くん。
あっさり二つ返事でOKするメリー。
女子特有のベタベタした関係の中にいないメリーが格好良く見える。

祐希と春が出ている試合が見たい!
試合に間に合うように体育委員の仕事を頑張るメリーと松下くんだけど、先輩大好き話で盛り上がり過ぎてトラブル発生。
表彰状を濡らしてしまった・・・最近の学校では順位をつけないらしい。
メリー!現実逃避しちゃダメぇぇぇ。

そこに助け舟を出してくれた女の子たち。
申し訳なさと責任感からか、バレーの決勝戦が始まっても動けない。

焦るメリーの様子を察して実は見たい試合があるんだという松下くんに
「見たらいいじゃない」とあっさり仕事を代わってくれた。

誰かのために頑張ればそれはちゃんとご褒美として自分に返って来るんだな。

無事に4組の試合を見る事が出来た先輩大好きっ子の2人。
楽しそうで何よりですw

相変わらず1人で仕事をしていたメリーだけど、手伝おうかと声を掛けてくれる子ができましたね。
意地を張らずに照れながらも「ありがとう」と素直に言えたメリー。

「大丈夫だよ。がんばれ、がんばれ」
メリーの後姿を見送る悠太がマジお兄ちゃん!
悠太くん、マジ惚れるわ。

メリーに友達がいないまま5人が卒業してしまったら・・・
そんなお兄ちゃんの心配もきっと大丈夫ですよね。


君と僕。2 第10話「Cherry」

第10話「Cherry」

茉咲に対しては自分の不安や切なさを一切見せない千鶴がかっこいいなぁ。

千鶴とメリーのお話の続きです。

千鶴の告白からお互いを意識し過ぎて満足に話す事も出来なくなってしまった二人。
特にメリーは意識しまくって避けてますね。

季節はもう春。卒業式ですね。
在校生代表で送辞を読む事になった要。やっぱ出来る子なんだな。
送辞=掃除と勘違いするのは千鶴くらいかw

卒業生にカメラを渡され双子の写真を撮ってきて欲しいと頼まれた千鶴。
ポラロイド・・・ですか
。 カメラマン千鶴はノリノリ。

本日の俺得シーンいただきましたっ!

優し過ぎる悠太には「溢れる負の感情をぶつけろ」とカメラマン自らスタイリング。
乱れ髪の悠太くん色っぺぇぇぇ!薔薇しょってるwww
肌蹴た胸元は反則です。2次元男子の胸元は何故あんなに色っぽいんだろう?

校内一の悪と学級委員長というコンセプトで要も巻き込まれてる。
要が悪にされてるwまさか要のセクシーショットが見られるとは。要が委員長じゃそのままかw

キャッキャしている5人を見つけて戸惑うメリー。
今回も千鶴のメリーセンサーは優秀。行くか戻るか迷うメリーに声を掛ける。

祐希が変な気を聞かせて千鶴とメリーでツーショット写真を撮ることに。
双子はこういう事には聡いし、隙が無いなぁ。

ぎこちなかった千鶴とメリーですが、いつの間にかいつもの口げんかのように。
普通にしゃべれたと互いにホッとしている様子が可愛いなぁ。

何とか撮影に成功。でも目を瞑ってしまった変顔写真を見られたくないと写真を奪って逃走するメリー。

春ちゃんに変な顔を見られたくない!
追いかけた千鶴はメリーの本心を知ってしまう。

切ないわぁ。こうきっぱりと相手の気持ちが他の人に向いている事を突きつけられるのはキツイですね。
でもそれを笑顔で茶化していつもと変らない自分でいる千鶴。
お、男や!かっこええ!ヤバイマジで惚れてしまいそうだわ。

卒業式。
メリーが奪ったのは目を開いたほうの写真。やると思ったw
返したほうがいいかと思いっきり迷ってます。
千鶴は卒業式までパーカー着用で呼び出しを喰らってるしw

要の噛み噛みの送辞(笑)も無事に終わる。
写真をどうするか悩みながら歩いていたら後ろから押されて写真を落としてしまったメリー。
体育館から出て来た生徒でごった返す廊下で写真を拾うのは至難の業。

人ごみにもみくちゃにされるメリーを引っ張り出してくれたのは千鶴。なんや、ただの王子様やないか!

千鶴は「後で行きます!」と呼び出しを無視してメリーを連れて逃亡。

メリーが千鶴を避けていたのはどう接していいか分からなかったから。

どうしたらいい?と聞かれた千鶴は今まで通りでいいと。
考えても考えても答えが出なかった。
授業中もご飯のときも、お風呂でも布団に入った後もずっと考えていた。

笑ったと怒るメリーですが、千鶴の表情は優しくて切なかった。

少しの間でもメリーが自分のことで頭をいっぱいにしてくれた事が嬉しい。
千鶴・・・本当にメリーの事が好きなんだなぁ~

この2人のエピソードがここまで盛り上がるとは正直思ってなかった。
どんな形であれ二人が納得出来る答えが見つかればいいと思います。

勝手に関係ない写真撮りまくってたけどw先輩から借りたカメラは返したんだろうか?
メリーが落とした写真の行方も気になりますw


君と僕。2 第9話「mix juice」

第9話「mix juice」

学生さんはお金が無い・・・
金欠の祐希がバイトをするというお話。

お金を得るためにはそれ相応の対価(労働)が必要なわけです。
労働を拒むなら収入が無くても仕方ない。

ゲームが欲しいけどお金が無い。春ちゃんからバイトをすればと提案。
バイトではないけど、成り行きでクリスマスにボランティアで働いたことはありましたよね。
高校生なら無難にファーストフードかファミレスといったところ。あとはレジとか?

笑わない祐希じゃスマイル0円どころか有料w
目の前にお金を積まれたら笑うよ。って黒っ!みんな引いちゃってますよ。

祐希が出来そうなバイト・・・千鶴はノリノリで作戦会議。

祐希のホスト姿がw双子は無駄にカッコイイ設定だから似合い過ぎ。
しかし高校生はホストになれない。要、正論です。
なら新聞配達!春ちゃんはどこまでも健全だなぁw

バイトする     
え?祐希がバイトを了承した!

要が・・・
www祐希らしい。でも要くんがバイトしても祐希の収入にはなりませんw
欲しいゲームのためにバイトを始める祐希。

無難なところでファミレス。平日なら客も少ないと思ったら祐希のビジュアルに惹かれて女性客がみなぎり始めて思った以上に忙しい。

様子を見に来た要たちの席ですっかり休憩タイムに入ってます。

店長!三木眞さんキターーーっ!!
キミボクはゲスト声優さんが豪華です。俺得ですw
ホールにタバコふかして入ってくるのはNGです。それはいけません。
とても堅気の人に見えない雰囲気を出してます。店長というより番長。

祐希が運んできたミックスジュースを飲んでしまった千鶴。
祐希の奢りかと思ったら、他の客の分だった・・・

そのまま正直に話してもう一度作ってもらえばいいだけの話。
しかし番長店長にビビッたのと、時給ダウンは困るので自分たちで何とかする事に。

自分で何とかしようとしてドツボにはまっていくパターンですね。
悠太を影武者にしてドリンクバーでジュース作り。

さすが悠太はサクサク働くし、人当たりもいいですね。
幼女もメロメロ(古w)です。双子の守備範囲の広さはハンパねぇなぁw

モタモタしている間にミックスジュースを待つ客が怒り出す。
スペシャルなミックスジュースを極める作業にシフトしつつあるぞ! 戻って来い!!
草を刺してもスペシャルにはなりませんw春ちゃんまで・・・生け花じゃないですwww

とうとう痺れを切らした呼び出しベルを鳴らしてしまう。
応対したのは店長。そこへ厨房からミキサーと材料を持った祐希たちが走ってくる。

お客様に出来立てを召し上がっていただきたくて・・・
口から出まかせですが、祐希の容姿におばちゃんも頬染めてるよ!誰得だよ!

時給を下げるという店長にこれからの祐希の頑張りを見て欲しいと懇願する春。
やらせてみようと静観する店長さんは器がでかいな。

いざスイッチ。ってフタ!オチは見えてた。
結局、客のクリーニング代やら材料費やらで祐希のお給料は消え、バイトもクビ。
それでも少しは残るんじゃないかと言う祐希に、残ったとしても払うなら悠太に、と厳しい店長。

お金を稼ぐって大変だな。浅羽君

高校生のバイトでもリストラされる厳しい世の中?今回の場合は違うと思うけど。

祐希に悠太が靴を履かせた女の子が声を掛ける。

靴を履かせてもらった時、シンデレラみたいだった。
だってお兄ちゃん、王子様みたいにステキだったから
祐希にちぅして去っていく幼女!?

バイト代は無かったけど、男として最高の報酬を受け取った祐希の初バイトは終わりました。

祐希にはいろんな経験や出会いが必要なんでしょうね。
彼は彼のスタンスを崩すことはないけど、決して頑ななわけではない。

1度の失敗で即クビは厳しいと思う人もいるかもしれないけど、それが社会ってのも事実。
店長は祐希が気に入らなくて辞めさせたんじゃないと思います。けじめって感じ?
また店長出てくれないかなぁ~

次回は千鶴とメリーのお話。
また千鶴株が上がりそうw