異国迷路のクロワーゼ(終)

異国迷路のクロワーゼ 第12話 「屋根の上の猫 Chats sur un toit」

第12話 「屋根の上の猫 Chats sur un toit」

終わってしまうのは寂しいけど、綺麗な最終回でした。

すっかりギャルリに馴染んだ様子の湯音。このまま日常回で終わるのかと思ったら、時折見せるクロードの冷たい態度の意味もちゃんと明かしてくれました。

湯音はもうクロードとセットみたいなものですねw クロードの後ろにくっついてる黒い子猫ってwww
振り向けば子猫ちゃんがいません。ヤニックさんの店の前で猫の看板の話を聞いた湯音。それもジャンの仕事だそうです。

看板のモデル猫ちゃんは首に鈴をつけた途端に姿を消してしまった。見かけたら戻るように声を掛けてくれと頼まれる湯音。
これは完全に冗談だったようですが・・・

クロードに何か手伝う事はないかと尋ねますが、湯音には無理だと。力あります!と鉄を持ってみるけど、どう見ても厳しいですw
オスカーにクロードの小さい頃のようだと言われて目をキラキラさせる湯音が可愛いです。
しかしクロードはその話を止め、一気に不機嫌モードです。

湯音が掛けてあった手袋に触ったことでクロードは湯音に「どっか行ってろ!」と声を荒げる。
事情が分からなくても、自分が失敗してしまった事は十分に分かっている。落ち込む湯音にオスカーは手袋は父・ジャンの遺品だが、クロードがそれを宝物にしているわけではないと話す。

オスカーはちゃんと話した方がいいと言いますが、クロードは余計な気を使わせるだけだから必要ないと・・・
理由が分からず叱られるのは辛いし、何も知らないのはもっと辛いと思います。 クロードにとっては触れられたくない部分なのは分かりますが、態度がよろしくないですね。

鈴の音を聞き、外に出た湯音はそのまま猫を追いかけていく。

湯音の姿が見えないこを心配するクロード。その焦りを感じて仕事場を見ておこうと声を掛けるオスカー様のさりげないフォローがステキです。

ギャルリ中を走り回り湯音を捜すが見つからない。湯音を知る人に声をかけるが、心当たりがないと・・・
アランにはまたイジメたんだろ?と言われてしまうし・・・

一旦戻ったところで湯音を訪ねて来たアリスと鉢合わせ。
湯音の姿が見えないと知り、家出だったら今度こそ湯音ちゃんを引き取る!と言われては反論の余地もありませんね。

アリスが動き、ギャルリの人々が湯音を捜し、大捜索隊のようになってます。

クロードが見つけた湯音はなんと屋根の上にいました。
ヤニックさんにもう一度猫に会わせたあげたかった・・・ギャルリの人たちのために役に立ちたい。一見無謀な振る舞いも湯音にとってはギャルリの役に立ちたいという必死な思いからだった。

ヤニックさんの猫の話は10年以上前のこと。ジャンの仕事だと聞いた時点で猫の寿命を考えると生きているとは考えにくいですね。

1人で見知らぬ土地で暮らすだけでも大変と言われても、1人だけ何も出来ないことの方が大変だと言う。
怪我をせず、そばにいてくれるだけで良いと言われ、それしか出来ないのかとショックを受ける湯音。

湯音が屋根から落ち、ギャルリのガラス製の屋根の上に落ちてしまう。必死に手を伸ばすクロード。
何も出来ないのは湯音だけじゃない!

ジャンは仕事中の事故で亡くなったんですね。グラン・マガザンの建築現場で転落したようです。しかもクロードの目の前で。
これはトラウマレベルの話じゃないですか。クロードさん、酷い事書いちゃってごめんなさい(アセ

父の手を掴めなかったことを悔やんでいた。子供のクロードには無理な話だとしても後悔は残ってしまう。
マガザンを嫌う理由が分かりました。それでもいつか連れて行ってやると。その時はクロードが父の存在を正面から認められた時なんでしょうね。

お前がここにいるだけで、俺はでっかい物を掴んでいると思うだろ

おお、なんて告白!湯音が頬を染めてしまうのも分かります。

下駄を置いてきてしまった湯音はお姫様抱っこで帰宅です。いやぁもうみんなの反応がwww

心配をかけたことを詫びる湯音にオスカーは湯音がここにいるだけでみんなを安心させていると言う。
湯音はもうギャルリの家族ですね。認めてもらえた湯音のとびきりの笑顔が眩しいです。

言葉にして伝えなくては分からない。
育った環境や国が違っても話せば分かり合える。、人と人の繋がりを丁寧に見せてくれた今作品も終わってしまいますね。寂しい。

日本から外国へやって来た少女が異国の文化や考え方の違いに戸惑いながらも、周りを変えていく。
同じ国の人間だって分かり合えない事は多々あります。異国という題材にしたことでそのギャップをより分かりやすく見せ、人は分かり合える生き物だということを上手く描いてきたと感じました。


スタッフの皆様、お疲れ様でした。
ここまで読んでくださった方々、お目汚し失礼いたしましたw

異国迷路のクロワーゼの感想はこの辺で。ありがとうございました。


スポンサーサイト

異国迷路のクロワーゼ 第11話 「祈り Prière」

第11話 「祈り Prière」

今日も湯音詣でのアリス嬢。今回はグラン・マガザンへお誘いです。アリスのお願いは出来るだけ叶えたいという湯音。
あまりの可愛さにアリスが昇天してますw

マガザンはギャルリの敵。クロードは湯音がギャルリに行くことに反対します。

いつもならさらに反論しそうなアリスですが、何か事情を知っているようであっさり退散。
聡い湯音はクロードがマガザンを嫌うのは、商売敵という理由意外に父・ジャンも関係しているのではないかとオスカーに聞いてみます。

上手くはぐらされたけど、概ね当たっているようですね。

ギャルリにはもう行きたくなくなったと言う湯音。それなら安心だと、代わりにピクニックに出掛けることに。
なんだか今日のクロード様は自分の感情ばっかだな。

あいにくの天気。しかしオスカーの魔法ですぐにお天気に。パリの雨はすぐに止むけど、湯音にとっては本当に魔法なんですね。

なくなったと思ったサンドイッチがオスカーの帽子から現れたり、すっかりオスカーの魔法に夢中の湯音。
爺さんの帽子から出てきたサンドイッチ(ぇ

魔法の水で酔っ払う?ワインでも入っていたんでしょうね;

目覚めた湯音は教会の鐘に願い事。姉・汐音の体を案じてパリの神様に願ったけど、クロードに地域限定とか言われてしまう。もうっ!

姉を思って涙を流す湯音のことを知りたいと言うクロード。

姉の汐音の瞳は生まれた時からブルーなんですね。長崎でもまだまだ閉鎖的で、汐音の瞳は忌み嫌われていたようです。

しかし湯音にとってはきれいな瞳。人の顔を見るのが辛いという汐音に湯音の顔だけ見ていればいいとおまじないを掛けた・・・

それからは目が見えない振りをして過ごしてきた汐音。湯音の体が丈夫になるにつれ、汐音は体調を崩し、本当に失明してしまった。

自分が健康になっていたのは湯音が汐音の体力を奪ったため。目が見えなくなったのは自分だけ見ていればいいと言ったから・・・
そんな後悔が湯音の中にあったんですね。

クロードは湯音のせいじゃない。失明も偶然だと言いますが、湯音には何の慰めにもなりませんね。

お姉さんは湯音の言葉が本当に嬉しかったんじゃないかと語りかけるオスカー?
湯音の言葉に本当に嬉しそうに涙を流した汐音は湯音の言葉に救われたんでしょうね。

オスカーの魔法の言葉は湯音の心を少し軽くしました。年の功もあるでしょうし、元来の社交的な性格もあるでしょう。いろいろな土地へ行き、いろいろな人に出会って、いろいろな経験をしてきたから、言葉に重みと優しさがあります。

マガザンに行くな、なんてケ○の穴の小さい事を言っている時点で完全にクロードなんて太刀打ち出来ませんね。

汐音が湯音を遠い外国へ出したのは見知らぬ土地ではなく、湯音自身を信じているから。

クロードが湯音のことを知ろうとしないのは信じているからではなく、深く知ってしまえば別れたときに耐えられないと感じたからなんですね。

別れが辛いから線を引く。クロードにはカミーユや父との別れの過去がありますからね。
出会いと別れにちょっと臆病なクロードが湯音のことを知りたいと思ったのはいい傾向だと思います。

次回で最終回ですか・・・早いですね(泣


異国迷路のクロワーゼ 第10話 「魔術幻燈 Fantasmagorie」

第10話 「魔術幻燈 Fantasmagorie」

クロードにとっての超えられない壁・・・

父・ジャンの仕事を気に入っているという客から看板製作の依頼が入る。

湯音はお父さんとの勝負ですね。と言うが不機嫌になるクロード。
ジャンは天才肌だったみたいですね。ギャルリを飾る様々な看板は自分たち家族三代で作り上げて来た事に誇りを持っている。
父を嫌っているわけではない。実際に同じ仕事をして、父の偉大さや自分の未熟さに気づかされる事があるのしょう。

湯音もギャルリに随分慣れてきたようです。クロードを見送りいろいろな人に話しかけられます。
誘惑に負けそうになりながらもクロードの言いつけ通り真っ直ぐ帰ろうとする。

お留守番の湯音はオスカーに物置の掃除を頼まれる。湯音のことだから徹底的にやりそうです。そこを見越して声を掛けたオスカーが見つけたのは幻灯機。

湯音にいい物を見せてやろうと嬉々として準備を始めるオスカー。楽しい事には全力ですねw

湯音を尋ねてきたアリスも巻き込んでプチ投影会。出てきた絵に驚いて震える二人がかわいいです!

汐音と影絵遊びをしたことを思い出して少し寂しそうな湯音に、次は動く絵を見せてくれます。
こちらはいたく気に入ったようで、湯音とアリスも自作の絵を回してもらいます。アリスのドラゴンはオスカーにはミミズに見えるのねwww

動く猫の絵に感動する湯音。猫ちゃんワールドに入り込んでます。湯音と猫とか最強じゃないか!w

心が求めるものはそこに無くても感じる事ができる。目を閉じても見えるものというのはそこに無くても見たいと思っているから。

お隣のアランがやって来て、ギャルリでの幻灯機上映会にまで発展。
アリスもすっかりギャルリに馴染んでます。

上映会の最中にいないはずのクロードが見えたような気がした。
帰宅し、デッサンをしているクロードの隣りにはジャンがいるように感じた。(一瞬霊感少女かと思ったェ)

勝負と言われてムキになってしまったけど、本当は勝負もしてみたかったんでしょうね。
もういない父に勝つには父以上に認められる仕事をするしかない。
ここがクロードの踏ん張りどころですね。


異国迷路のクロワーゼ 第9話 「秘密 Jardin secret」

第9話 「秘密 Jardin secret」

アリス流野点を楽しむ湯音。抹茶ミルクwww

抹茶の苦さはアリスには厳しいと思いますが、湯音の国と同じように飲みたいと頑張りますw
アリスは元々日本に憧れていたけど、日本人の湯音ではなく、湯音自身にメロメロですね。

幼い頃のクロードとカミーユ。
愛してるから大人になってもずっと遊びに来て。自由な野良猫方が好き。
この流れではクロードが野良猫だと言われていると感じるのは仕方ないですね。カミーユはそれを誇れることだと言います。

感覚の違い。クロードに家柄というは縛りはありません。カミーユは家にために生きることを教え込まれてきたのでしょう。スタートから背負っているものが違うのですね。

自分は良い家に嫁ぐことが目的だけど、クロードとはずっと友達でいたい。
この頃はまだそれが可能だと無邪気に思えていた頃。

クロードは何も変わらずカミーユを誘いに来るが、外に出ようとしないカミーユ。
だんだんと疎遠になる2人。

クロードに会いたい気持ちが募り、家を抜け出したカミーユ。クロードの姿を見た時の笑顔がなんとも可愛らしい。

しかしもうクロードには会えない。外に出ないという約束でクロードと会っていたことを内緒にしてもらっていた。
自分ひとりなら自分だけが罰を受けるだけ。しかし一緒にいればクロードも罰を受けることになる。

だからもう会えない。その時はカミーユの言葉の意味を理解できなかったクロードですが、湯音にカミーユの優しさを聞いたことで、あの頃のカミーユを理解出来たのだと思います。

もっと知らなければいけない。クロードは相手や周りを決め付けてモノを見る癖がついてしまっているようですね。
湯音という考え方も文化も違う異国の少女と出会って考え方も変わってくるでしょう。

前回は湯音にちょっぴり意地悪してしまったカミーユ。
家のために自分を押し殺している姿を不幸だと嘆くのは簡単です。しかし彼女は彼女の限られた世界の中で精一杯自分に出来ることをしようとしている。

湯音がカミーユのことを妹思いだと言っていました。カミーユはアリスの自由を守るために自分の自由は捨てたのかもしれません。
そして自分の叶わない自由への憧れをアリスに託したかもしれませんね。

湯音のドレス姿は普通ですか・・・
クロードったら本当に気の効いたことが言えないwwwアリスが怒るのも無理はないです。
そこがクロードの魅力だったりするんですけどね。


異国迷路のクロワーゼ 第8話 「子供部屋」

第8話 「子供部屋」


愛してるから自分が結婚してもずっと遊びに来てね。カミーユ(ェ

カミーユは家を繁栄させるために何をすべきか幼い頃から言い聞かされてきたんでしょう。
両想いだったのに身分の違いから親に引き離された、というような悲恋物を想像していたのでちょっと違いました。

ブランシュ家のお茶会に招待された湯音。湯音が倒れた時にお世話になったということでクロードも同行。
それにしても浮かない感じです。

アリスは相変わらず湯音しか目に入っていませんw
日本のおとぎ話をねだるアリス。アリスにかかると桃太郎も湯音に変換されるのかwww

一口におとぎ話と言っても文化が違うために、アリスはいちいち説明を求めてきます。湯音は話しにくそうですが、それだけ日本の事、湯音と話すことが楽しいのでしょう。可愛いですねぇ。

かぐや姫では恋愛は女性に主導権があると捉えて羨望のまなざしを向ける。発想が面白いですw

カミーユに招かれたクロード。カミーユは湯音のことを根掘り葉掘り訊いてきます。クロードがどれだけ湯音を理解しているか試しているのでしょうね。
湯音がとクロードのことが噂になっていると言ったのも探りを入れているように感じます。
クロードから否定の言葉を引き出したかったのか・・・?

アリスとカミーユが使っていた子供部屋の天井にはドラゴンの絵。アリスが10歳の時に描いたもの。
アリスのお話は異国の少女と出会い、ドラゴンに乗って旅に出るという物語。なかなか面白いですね。カミーユは完全にアリスのお話の虜になってます。

飛び出すことを許されないカミーユ。世界を旅する物語に胸をわくわくさせるのも分かります。

カミーユは家柄やしきたりなど、窮屈思える生活もゲームだと思えば楽しいものだと語ります。
家から出してもらえない飼い猫がカミーユ。自由に外を走り回る野良猫がアリス。
カミーユはアリスには飼い猫になって欲しくないようです。
もう自分のことは諦めてしまっているようでちょっと辛いですね。

自分にも日本に姉がいる。湯音はカミーユとアリスを見て、自分と姉を重ねていたんですね。
あなたの姉になる気は無い。きっぱり言い切りました。湯音はそんな事一言も言っていません。

湯音にはちょっと意地悪。すぐに謝るのは自分の非を認めたことになる。自分がバカだと言っているようなもの。人前で無闇に笑うのもやめなさいと言う。

クローゼットから着たいと思う服を選ばせるカミーユ。湯音が選んだのはクロードの好みの服。
クロードの好みの服を選んでも彼はそれに気付かないし、喜ばない。

湯音も同じことを感じていた。だから思わず笑いが漏れてしまった。誰かとクロードの話ができる事が楽しい。
クロードを見て同じように感じていることを知り、カミーユの湯音への嫉妬心に似た気持ちが和らいだようです。

窓を開け、風を受けたカミーユの表情は少し明るくなっていました。
家のためにと育てられ、それを受け入れたカミーユ。彼女にも本当の幸せが訪れるといいですね。

クロードとカミーユのお話は次回も続くようです。2人が仲違いしてしまったエピソードかな?