夏目友人帳

夏目友人帳 肆 第13話 「遠き家路」

第13話 「遠き家路」

子供時代の夏目を見ると胸が苦しくなります。
でも曲がらず、人を思いやる心を無くさなかったのは父の愛情がしっかりと伝わっていたからなんでしょうね。

ムシクイに入り込まれてしまった夏目。
下手なことをすれば夏目の心が壊れてしまう。ニャンコ先生も手が出せない状態で子供の頃の記憶が甦ってきます。

三世子の両親はとても良い人ですが、まだ子供だった三世子には理解できないことも多かったはずです。
夏目が家に来たことで男子にからかわれたり、両親の愛情が他人に向けられる不安を感じたり。
夏目に対する態度はキツイものでしたが、彼女も幼さゆえに我慢し切れないことがあったんでしょう。

いくら優しくしてもらっても甘えることは出来ない・・・
親がいない寂しさから今日だけは・・・と両親の写真を見るが父のこともよく思い出せない。

三世子に本当の家のことを聞かれた夏目は家を見れば父親のことを思い出せるかもしれないと住所を聞き出します。

お化けがいない静かな神社だけが幼い夏目が安心できる場所でしたが、突然の雷雨に帰れなくなってしまう。
三世子の両親が近所の人に頼んで探してくれたんでしょう。近所の人にお詫びに行くと出て行った両親を見て三世子が爆発。

探してくれた人は迷惑だなどと一言も言っていませんが、三世子にとっては頭を下げる両親が叱られているように見えた。
三世子に出て行けと言われた夏目は自宅を目指すが、いくら呼んでも答えてはくれない。
この時答えてくれないものを呼ぶのは辞めようと心に蓋をしてしまったんですね。

そんな辛い思い出を食ってやるというムシクイですが、辛い思い出でも今の自分を作っている欠片。
大切な記憶を食わせるわけにはいかない。ニャンコ先生の呼ぶ声や塔子さんの言葉が聞こえる。

自分の帰るべき場所を思い出した夏目がムシクイを体から追い出したところでニャンコ先生が撃退。
ずっと夏目を呼び続けていたようです。
友人帳を譲る受けるまでの関係だと言った斑ですが、それ以上に夏目を大切に思っていることが伝わって来るやさしい表情をしていました。

やっと家に帰れた夏目。幼い頃の落書きもそのまま。
押入れのふすまの裏に書かれた家族の絵を見つけたニャンコ先生。子供の頃の癖ってなかなか治らないものなんですね(笑)


母親が植えた花は荒れた庭の中でもう見つけられない・・
大切なものを随分と忘れてしまった。思わず泣いてしまう夏目。何も言わず適度な距離で側にいてくれるニャンコ先生がいいですね。

行って来ます、父さん。

家を後にした夏目は心に一区切りついたようです。そして家路を急ぐ。
ただいま。
帰りを心待ちにしていたように玄関で迎えてくれる藤原夫妻の姿が温かい。

仕切りなおしてラムネ水を見つけにいく。また道に迷いますが、さりげなく誘導してくれる中級たち。
やっとたどり着いたら笹田と多軌が先回りしていました。
多軌の目当てはもちろんニャンコ先生w早速ロックオンされてましたねw

錆が浮いたラムネ水はヤバイんじゃないだろうか?
やらかしちゃっても夏目には大事な思い出になっていくような気がします(マテ
温かく見守る八ツ原の妖怪たちもステキですね。

カメラの修理が終わり、滋さんと塔子さんと3人で写真を撮る夏目。ニャンコ先生も加えてもう一枚。
夏目の帰る場所。大切な家族を感じる良い写真です。

やっぱり泣いてしまった最終回。
的場一門や祓い屋が絡んできてバトル多めな4期でしたが、夏目友人帳らしい切ないけど暖かい話もしっかりあってよかったです。

ここで終わらずぜひ5期に期待したいですね。


スポンサーサイト

夏目友人帳 肆 第12話 「記憶の扉」

第12話 「記憶の扉」

人手に渡ってしまう前にもう一度見ておきたい。

生家を訪ねるために出掛けた夏目。電車にも妖怪がいますね。
ニャンコ先生もしっかりついて来ています。駅弁をせがんだり、ドアに挟まれたり騒がしいなwww

家の鍵を受け取りに親戚を訪ねる道すがら、だんだんとその頃の記憶が甦って来る。

親戚のおじさんはいい人のようですが、その家には何か良くない妖怪が住み着いていた。
大きな目で隙間から覗いてくる妖怪が不気味です。

気にしないようにしていた夏目ですが、やっぱり挙動不審。

妖怪に連れて行かれそうになった夏目を不思議生物(ニャンコ先生)が助けてくれました。
今回は用心棒らしいお仕事してます。

口書いて・・・と迫ってきた妖怪はムシクイ。名の通り、家に入ってくる虫を食べる妖怪のようですが、あそこまで大きくなると虫だけでは満足できなくなるようです。
口を書いたら食べられちゃいます。これは家の人が完全に狙われていますね。

逃げるように家を後にした夏目を追って来た三世子はお父さんもお母さんも優しくしてやったのに!と・・・
優しい顔で君の両親を取るつもりはないと言い、家から遠ざけるためにムシクイを挑発して駆け出す夏目。

しつこく追いかけて来るムシクイを斑が撃退してくれました。
実家探しを再開。

その頃、三世子も子供の頃を思い出していました。
夏目にしか妖怪は見えませんから、周りからは問題のある子だと思われ、そのせいで三世子の親も良くない噂を立てられていたようです。

自分も子供だった・・・
この家の娘の三世子は子供の頃、「可哀想な子」である夏目に両親を取られるような気がして嫌っていたんですね。
可哀想だと甘やかされているのが気に入らない・・・
自分の親が他の子を構うのは 寂しいのでしょう。一人っ子だった上の子が弟や妹に嫉妬する感覚に似てるかな?

大きくなって変わった夏目を見て三世子の夏目を見る目も変わりそうです。

闇雲に走って迷子状態の夏目とニャンコ先生。
夏目の体に飛び込んだのはムシクイ!ニャンコ先生が追い払ったのにつけて来ていたのか?

倒れた夏目は遠ざかる意識の中で帰らなくちゃと記憶の闇に沈んで行ってしまうのでしょうか?
ニャンコ先生が妖モノの気配に気付かないとは・・・

今回で夏目の実家の話は完結して八ッ原宴会で締め括るのかと思ったのにすごいところで続くですよ~
夏目の帰りたい場所は父と過ごした実家なのか、塔子さんたちがいる今の暮らしなのか。

多分後者なんでしょうね。
忘れようとした思い出を持ち続けながら、大切な場所へ・・・
次回はいよいよ最終回。どんな物語になるのか楽しみです



夏目友人帳 肆 第11話 「一枚の写真」

第11話 「一枚の写真」

古いカメラと見つけた滋さん。
修理をしたら今度は3人で撮ろう。この時点で涙腺ヤバ過ぎ。


おつかいから戻った夏目を待っていたのは八ツ原のいつもの面々。ニャンコ先生は既に酔い潰れてるしwww
友人帳に名があるという妖怪を連れて来た。それはいいけど名を返す時ガン見されるのは勘弁ですね。

田沼、北本が遊びにやって来た。藤原家に友人を呼べるまでになったんだな。
妖怪たちは勝手に入ってくるけどw

そこに館花という親戚から電話。
両親が亡くなった後、夏目の実家を管理していてくれたらしい。
やっと買い手がつき、夏目にどうするか連絡して来てくれた。
2週間くらいならまだ入れると・・・

いろんな所を
たらい回しにはなったけど、このおじさんはいい人なんだろうな~

夏目が出してきたのは両親の写真。
それを夏目がどれだけ大切にして、どれだけ忘れようとしたかを感じさせるほどにボロボロになってます。

思い出すのが辛いなら忘れてしまえばいい・・・
それでいいのか夏目。今いるこの場所が一番大切な場所でも過去は切り捨てていいわけじゃない。

塔子さんは無理をしている夏目に気付いてますね。
そして田沼も・・・

ラムネ水の沸く場所がある!
しゅわしゅわって炭酸温泉的なものじゃないのか?まぁそこはいい。
大事なのは友人たちとの冒険なのだw

しかし心に引っ掛かった憂いはそう簡単にぬぐえません。
油断して妖怪に襲われる夏目。今回はしっかり用心棒として役に立ったね、ニャンコ先生。

夏目は大切な両親の写真をどこかに落とした事に気付くが・・・

突然消えた夏目を探しに来てくれた友人たちと自分の気持ちを抑え込んで冒険の再開。
妖怪絡みで夏目も大変だと言う田沼に、夏目が両親が写った写真を落としたらしいと告げるニャンコ先生。

夏目を引き止めた田沼は西村や北本に夏目の落し物を探してくれと言う。
何で早く言わないとちょっと怒ってくれる西村がすごくいい。

後で探すから本当に大丈夫だと言う夏目の顔はとても大丈夫そうには見えなくて・・・

しっかりしろ、夏目。吐かなくていい嘘は吐くな!

やっとそれが自分にとって大切で無くしたくない物だと素直になれた夏目は一緒に探してくれと言えました。

森の中にエロ本。まぁ男子高校生なら反応するねwww
しかし田沼の反応がストイック過ぎる。

無事に写真は見つかりました。
少し周りに頼れるようになった夏目は、自分の気持ちに嘘を吐かずに手放す前に家を見に行きたいと藤原夫妻にお願いします。

2人はもちろん夏目の気持ちを認めてくれます。
自分の気持ちに蓋をして無理をするよりも、気持ちを出してくれたほうが何倍も嬉しいんですね。

本当に温かい人たちに恵まれて良かった。

森からの帰りに偶然笹田と多軌に出会いましたが、私の目は後ろの煌いてるポスターに釘付けでござったw


夏目友人帳 肆  第10話 「祀られた神様」

 第10話 「祀られた神様」

黒衣たちに人の子とばれそうになった夏目ですが、危機一髪のところを斑と名取さんに救われました。

ニャンコ先生はタクシーというよりネコバs・・・

川に流されたときに豊月の気配を感じた夏目はニャンコ先生と川沿いを捜索。
柊を休ませた名取さんは白笠に豊月は本当に封じられたのかと問い質します。

豊月は既に居なくなり、夏目を本当に豊月の代わりにするつもりではないかと疑います。
それもいいかもしれない・・・白笠がちょっと腹黒!

しかし豊月は3年ほど前に本当に封じられていました。
腕試しのつもりで神様を封じるとかけしからんですが、力の強い祓い屋ではなかったらしく、その辺の見極めも随分といい加減だったのでしょうね。

祭りになれば豊月様もお顔を見せてくれると祠を守ってきた白笠たち。
しかし祭りが近づいても豊月は姿を見せず、夏目に白羽の矢が立ったというわけです。

時の流れと共に信仰する者も減り、山を守ることにも飽きた豊月様はもう居ないのかもしれない・・・
そう語る白笠に仕えると決めたのなら自分の主を信じろと諭す柊がいいですね。
きっと主を信じるというのは式である自分たちにも言えることなんでしょう。

夏目と名取さんは合流し、豊月が封じられた石を見つけますが、そこに今回の勝負に獲物である獣が現れました。
自分が食って首だけもって行けばいい。ニャンコ先生、こんなところで無駄な食欲出さないでください。

さすがにそれはまずい。しかし不月に先を越されれば勝負が付いてしまう。
獣を連れ帰るだけならどんな形でもいいはず。不月を封じるために持たされた小瓶に獣を封じて持ち帰ればいい。

名取、ニャンコ先生と協力して獣を封じることに成功しました。
夏目を支える名取さんがマジイケメン。ニャンコ先生の前足が可愛過ぎて萌えるwww

名取さんが気配を感じてやって来た黒衣たちを足止めしている間に、夏目は三隅ヶ原へと走る。

ボロボロになりながらも獣を持ち帰った夏目の勝利。しかし不月には豊月が偽物だとばれてしまう。

万事休すに見えた夏目の前にニャンコ先生と名取さんが戻って来ました。
ニャンコ先生が力ある妖怪だとしても神に牙を向ければ祟られてしまう。そんな話をしていたのに神を前に引かないニャンコ先生がカッコイイ。

豊月を封じた石を持ち帰った名取さんは石を夏目に託します。
豊月にはもうほとんど力は残っていらず、封印を破る力も残っていなかった。

祭に勝ったとしても山を守って行くだけの力もない。
これで祭りは終いか語り掛ける不月。神様たちによる月分祭はもうお終いです。

ならば共に行こうと豊月を誘う不月。
山の守り神の座を争っていた不月ですが、祭で豊月に会えることを楽しみにしていたのかもしれません。

互いに争う立場で無くなった神は一緒に空へと消えていきました。

1人では何も出来なかった。名取さんが来てくれたからやり遂げることが出来た。

優秀な助手は欲しいが、大切な友人を失したくないと言っていた名取さん。
疲労から寝込んでしまったが、今度は自分から名取に会いに行こうと思う夏目。

夏目と名取、豊月と不月。やり方や立場が違っても大切な友人に変わりは無いのですね。
今回もいいお話でした。

豊月神の中の人がまさかのあの方ででお茶吹いたのはここだけの話ですw

夏目友人帳 肆 第9話 「月分祭」

第9話 「月分祭」


最近の藤原家は妖怪入り込み放題なのかw
変に目立ったために夏目を見に来る妖怪が増えた。

夏目は珍獣扱いですか?w珍獣ならいつもそばにいますが・・・ニャンコ先生は饅頭に見合うくらいの仕事はしなくちゃね。
暖かくなり穴から出てきたカエルを追いかけて行ってしまうニャンコ先生。ネコ化が進んどるがなwww

夏目に頼みたいことがあると囁く声が聞こえる・・・
話を聞いてくれるだろうか?聞いてもらえなかったらどうしよう・・・
ならば捕まえろっ!って取り合えず話せよ!
お~い用心棒!!

お仕事中の名取さん。えっと、恋愛モノですか?
胡散臭さが魅力なのねwww

相手の女優の髪に花びらが、と伸ばした手の中には式のような紙が握られていた。
「十時、刃洗塚」呼び出しかぁぁぁ~

祓い屋のお仲間からの仕事の依頼。
月分祭というのを知っているか?

どこにでもある豊穣祈願の祭のようですが、それを妖怪たちが気に入ってしまった。
十年に一度、豊穣の神である豊月神と地枯らしの神である不月が勝負し豊作を祈願するというもの。

豊月神が勝てば次の十年は豊作が、不月が勝つと今後十年はペンペン草も生えない枯れた地になっしまう。

勝負は時の運。しかしどこかの祓い屋が豊月神を封じてしまい、このままでは不月の不戦勝となってしまう。
どこかの祓い屋って的場一門を思い出してしまった。

山が枯れるのは人にとっても死活問題です。
名取は豊月神を探し出し、封印を解けと依頼される。
もし見つからなければ最後の手段を使ってもいい・・・小瓶を渡された名取の表情が曇ります。
見つけられなければ不月の方を封じてしまえと暗に言っているのでしょう。

三隅の山ヘやって来た名取は祭に向かう不月の行列に遭遇。

さらに後からやってきたのは豊月神の行列。覗き込んでみればそこには夏目ソックリの妖がっ!
あれは夏目ですと冷静に答える柊が面白い。主様を現実にしっかりと連れ戻してくれますね。

夏目も名取に気付いたようです。
白笠の妖怪たちに頼まれ、不在の豊月神の影武者を演じているのですね。

不月側の取り巻きである黒衣たちは鎌を持って死神のような姿。性格はまるでチンピラです。
因縁をつけられる白笠を助けたのは豊月神に扮した夏目。なかなかの演技力。

いよいよ祭りが始まる。勝負はその時々で変わるため出たとこ勝負。
今回は壺から出た獣を先に捕まえるという勝負です。

勢い良く飛び出したのは不月。夏目にそんなことが出来るはずもありません。
しかしこのままでは偽物だとばれるのも時間の問題。獣は白笠に任せ、夏目は豊月神を探します。

名取は白笠に案内してもらって豊月神が封じられた場所へ。
ここで二人は合流出来ますが、獣に襲撃され、夏目と柊は川に落ち、流されてしまう。

今回は初めから無理な依頼だったと語る柊。
地枯らしの神が勝てば山は枯れる。名取は自分たちの益にならない神を封じるために体良く借り出されたのではないか。
人ならそのくらい簡単に思いつくでしょう。
名取の憂いはその辺りにあるのでしょうね。

黒衣たちが仕掛けた獣取りの罠にかかってしまった夏目と柊。
人の臭いがする・・・ヤバイ見つかりそう!?というところで続くだよぉ~

人でも妖でもそれがどんなものでも出会いを大切にしようとする夏目。
祓い屋である名取は人に害をなす妖怪は封じなければならない。

今回は夏目も絡めた名取のお話になりそうです。
名取の気持ちがどういう風に動くのか、後半に期待です。