うさぎドロップ(終)

うさぎドロップ 第11話 「はじめの一歩」

第11話 「はじめの一歩」

コウキを連れてお買い物。
コウキママに自分が風邪を移したんじゃないかと心配するりん。風邪の菌なんてどこにでもいる。りんは気にしなくていというダイキチ。
ダイキチの腕に掴まるりんの表情が丸っこくなってダイキチの一言で安心したのを感じます。

コウキママへのお見舞いを選ぶりんは、小さくても貰った想いを返せるいい子ですね。
そして当の息子はというとお菓子売り場の前で歯が抜けたってwwwこいつマジで面白いな。

気を遣わせるといけないとドアの前で帰るというダイキチ。コウキはダイキチの気遣いなどお構いなしでドアホン押しまくりですwww

風邪で寝ていたのに可愛いコウキママ!ちょっとドキドキですねw
すかさず見舞いとコウキのことの礼を言い、りんの様子を尋ねるコウキママは出来た大人の女性です。

互いに多少は気になっているのに、大人としてきちんと一線を引いている。こういうストイックなのもいいなと感じてきた。
お母さんを守ってやれ、と言われて頷いたコウキの顔が小さくても男だった。

縄跳び大会に向けて公園で練習です。意外にも縄跳びが苦手なコウキ。さっと教えに行くダイキチがカッコイイ!押し付けがましくないのもいい!
そこへパパ友さんもやってくる。さやかパパ飛び跳ねてるwww若いな~

乳歯ケースなんてあるのかぁ。知らなかったなぁ~
今は何でも思い出なんですね。へその緒とか産毛くらいしか知らないわw

りんと暮らし始めて初めてのことに戸惑ってばかりのダイキチ。どこの親もそんなもんだって。

子供は凄い。そして大人も凄い。
自分が自分の時間を好きに使ってきた間、3人は子育てしてきた。このまま自分の時間がなくなっていくのではないかと不安を口にするダイキチ。

確かに1人でゆっくりしたり、友達と出かける機会なんかはグッと減るかもしれない。だけど仕事は自分の時間だし、子供といる時間も自分の時間。

コウキママの答えはちょっと優等生過ぎるかな?とも感じますが、そう思えることが幸せなんでしょうね。
周りを見ればお父さん、お母さんだらけ。そう子育ては楽な事ばかりじゃないけど、特別な事じゃない。

子育て1年生のダイキチにとって、こういう人たちに出会えたのは本当にラッキー。類友とはよく言いますが、ダイキチだからこそ、優しい人たちが集まってくるんでしょうね。

縄跳び大会で失敗して落ち込むりん。かと思ったら後ろとびは1位だった。ダイキチを驚かせようとしたんですね。
りんが飛べるようになった事はダイキチが知っていてくれる。誰かが自分を見ていてくれる。それだけで頑張れるし、嬉しくなる。
本当にダイキチのひと言ひと言ってあったかいな。

体重が減ったと喜ぶ大吉の後ろから体重計に足をかけるりんがおちゃめwこういうことも出来るようになったのはそれだけ二人が家族になってるってことですね。

歯が抜け、身長が伸び、目に見えて成長していく子供たち。
一緒に過ごし始めてまだ日は浅いけれど、2人で考えて、2人で歩んで、紡いできた絆は本当の親子のようです。
それは互いが互いの事を想い、知りたいと思ってきたからでしょう。時間の長さは関係ないんだな。

出会いこそ衝撃的でしたが、うさぎドロップは子育ての良い面を多く出してきたと思います。多分、今子育て真っ最中の人から見たら理想過ぎるかも知れない。

だけどこういう子育てが出来たらいいなと感じる事はできると思います。
自分の日常の中にある気付かないくらいの幸せに気付かせてくれる。うさぎドロップはそんな作品だったと思います。

ラストのりんの笑顔が本当に可愛かったです。

ありがとうございました!



スポンサーサイト

うさぎドロップ 第10話 「おなかのかぜ」

第10話 「おなかのかぜ」

授業参観でしょうか?
さすがに正子さんの血を引いているのかりんは絵が上手です。
教室にやってきたのはさやかちゃんのパパ。元モデルさんらしく周りのママから熱い視線が送られてますねw
お肉屋さんのパパさんもやって来て、教室でメアド交換するパパ三人。なかなかシュールな光景です。

パパ友が出来てしまったと複雑そうな大吉。こういう出会いも世界が広がるきっかけになりますね。

もうすぐインフルエンザの季節。冬になるとコウキが病気にならないか、毎年不安だと口にするゆかりママ。
リアルでもあとひと月もすると予防接種の話が出てくるなぁ~

コウキを見ていると他人だと思えない。薄着、階段二段抜かし、給食早食いに牛乳一気飲みw
大吉もかなりやんちゃ坊主だったんだ。それならコウキも安心。さらっと言った一言ですが、ゆかりママの大吉へ印象を的確に表していますね。

帰り道。大吉から離れようとしないりん。ゆかりママがりんの変化に気付きました。
熱が出るかも知れないということでそのまま受診。

りんが河地家に来て初めて熱を出しました。

子供は風邪をひいて強くなっていくと言います。
親も同様に子供の病気に対処していく事で経験を積んでいきます。

自分が変わってやりたい・・・親ならば誰でも思うことでしょう。変わってやれないもどかしさ。自分のことよりも不安は大きいと思います。
子育て超初心者の大吉はオロオロするばかりで様子を見に来たゆかりママに叱られてしまいます。

子供は自分を守ってくれる存在には敏感です。だから熱が出た時に自然と大吉にくっついた。もうすっかり親子です。
りんの大吉への信頼が感じられます。だから大吉が大丈夫だと言ってあげなければならない。

ゆかりママの存在は大きかったですね。子育てを通じた親育て。ゆかりママが最初からここまで出来たわけではないでしょう。今でもコウキが病気になれば不安で仕方ないと思います。
でも不安を口にするより、子供の病気にどう向き合うか、積み重ねた経験は何物にも勝りますね。

りんのために並んでおじやを作る大吉とゆかりママ。
水を欲しがるりんに気付いたコウキが呼びに来てくれた。コウキにもちゃんと礼を言う大吉。照れるコウキが可愛いですね。

りんはすっかり良くなり、学童へ迎えに行くとコウキが一緒に帰りたいと言ってくる。
またかと呆れるダイキチですが、ゆかりママが風邪で寝ていると聞いて、そのあとどうしたのでしょうか?w

子育てをしていれば子供の病気は避けられません。不安な気持ちは誰でも一緒。同じ気持ちを知っていて支えてくれる人の存在は嬉しいですね。
もうお前ら結婚しちゃえよ!結局はそこかwww


うさぎドロップ 第9話 「たいふうがきた!」

第9話 「たいふうがきた!」

リアルにもちょうど大型台風がやってきてます。

台風が来る季節にまだひらがなやってんのかw
りんの担任とコウキの担任は全く逆のタイプですね。
コウキもかなりやんちゃですし、手を焼いているんでしょうが頭ごなしに叱り付けるのはやっぱりいただけません。

コウキの担任と比べるとりんの担任は良くも悪くも今どきの先生って感じです。
1年生のうちは学校に慣れる、学校が楽しいと思うことの方が重要ですからね。

釣られてなかなか落ち着かないコウキをりんが一喝。りんの一言で大人しく絵を描き始めるコウキに周りのほうが驚いてます。

コウキにとってりんは姉のようであり、母のようです。

大吉の職場ではパパさん談義に花が咲いてます。子育ては大変だと言いながら、そこには安定がある。
家族を持つ事は守るものが出来るということ。でも守るもがあるという事は確固たる自分の居場所を持っているということなのでしょう。
ガテン系のパパさんたちの会話に和みますわwww

本格的に荒れてきました。学童の先生。ゲスト声優さんはPUFFYですかwwwまぁ何も言うまいwww

お迎え最後の1人になったコウキ。大吉は保育園の時のりんの姿を思い出し、りんは最後になる寂しさを思い出したのか、2人同時に一緒に帰ろうと声を掛ける。

台風って子供の頃はワクワクしましたwりんもコウキも同じかw

側溝から溢れる水とかいつもと違う風景にテンション上がっちゃうんですよね。でも本当に危険だから止めてね。

大吉の大きな背中にコウキは父親を感じたのかな?
会社を早く上がったゆかりママも到着して、みんなでご飯です。家族してるなぁ~
りんとゆかりママを見て、いつもはしないお手伝いをしたがるコウキ。りんを見て学んでるところがたくさんあるんでしょうね。

大吉はコウキにお母さんが好きかと聞いてみる。ガミガミばばぁだと言いながらもコウキはママが大好きです。
1人で子育て頑張って、コウキの居場所を守っているゆかりママ。ここにもちゃんと安定はあると確認した大吉。

ゆかりママもはしゃぐコウキの表情を見て感慨深そうです。2人きりでは見ることが出来なかった子供の表情。
嬉しさと自分ひとりでは与えられないことにちょっと寂しさを感じたような表情にも取れたかな。

そろそろ眠くなってきたコウキ。
お泊りしていけば?子供の純粋な言葉ですけど、大人には大人の事情がありますからねw
こういう一線をキチンと引くところは大人です。

タクシーまでゆかりママに傘を差す大吉。ここまでさらって出来る人に何故彼女が出来ん!解せぬわ~
帰り際のゆかりママの表情が色っぽくドキッとしました。

りんと大吉の関係はもう安定しています。
次は大吉の恋かな?と言いつつも残り2話ですよ。ここは決着を見ずに終わりそうですね。


うさぎドロップ 第8話 「おじいちゃんのだいじ」

第8話 「おじいちゃんのだいじ」

びわの芽が出たんですね。もう夏休み。
子供は元気だwww お弁当作って学童行って。
セミの脱け殻(ェ 男の子は集めますねぇ。幼虫の形がそのまま残ってるっていうのがいいんでしょうか?
自分も子供頃よく集めてましたが(;^ ^ )

おじいちゃんの墓参り。りんどうがまだ咲いていないからと渋るりんですが、花よりりんが来てくれるほうが嬉しいぞという大吉の一言で納得するりん。

お墓にはインク瓶とリンドウとペン先。
正子が墓参りに来ていたことを悟って大吉は正子を追います。

彼氏らしき男性と歩いているために声を掛けずらい。
「ワン!」てwww

大吉は正子に自分はりんが可愛いからりんが望まない限り会わせるつもりはない。
しかしりんを見るのは勝手だといいます。やっぱり大吉は親と子供のつながりを大切にしています。

写真ではない姿を見たほうがいい、見て欲しいという気持ちですね。

りんを見て、幼児じゃなくなったと感想を述べる正子。子供の成長は早いですからね。小さい子は半年くらいで顔つきが変わったりします。

正子と彼氏の視点の違い。
彼氏の方は宋一を知りませんから、見るのはどうしても正子の娘のりんが中心になります。りんを見て正子そっくりだと。

正子のほうはりんへの印象はそこそこにりんに接する大吉に宋一を重ねて視線は大吉の背中に釘付け。 この人の見るものってやはり自分中心なんだな。
精神的に不安定な人みたいだから、宋一の優しさに救われた部分はたくさんあったんだろう。

新しい仕事を請けると決意した正子。仕事を理由にりんを手放した。自分を証明するものは仕事しか残されていないと感じているみたい。

宋一の家に行ったりんは変わってしまった庭にショックを受けます。りんどうも抜かれて石が敷き詰められている。
空き家になると雑草とかすごいですからこれは仕方の無いことでしょう。

りんの金木犀を移しておいて助かったと内心ホッとした大吉。
おじいちゃんのりんどうを家に移しておいて助かったというりん。
何このシンクロwww すっかり親子です。りんがここで落ち込まなかったのは大吉のおかげかな。

その日はちょうどりん誕生日。小さなケーキでお祝いです。1本だけ生き残ったロウソクに思わず笑ってしまう。あるある!細かいなぁ。

Cパートは盆踊り。はしゃぐりんといつものペースの大吉。
コウキにゆかりさんが浴衣で来ると聞いて俄然やる気出しちゃった大吉www

大吉は下駄は走り難いというりんを抱っこしてやると。りんは速攻で拒否。コウキが抱っこをせがむがそれを大吉が拒否。
やっぱ大吉とコウキのやりとりは面白い。

おじいちゃんの家は変わってしまったけど、宋一が残したものは変わらない。ちゃんとりんの中にも正子さんの中にも残っています。


うさぎドロップ 第7話 「ないしょで家出」

第7話 「ないしょで家出」

ないしょで家出したのは春子と麗奈でした。 言って出るのも変だけど・・・
同居で上手くいく家庭なんてあるのかと語る春子が黒過ぎて怖い。

2人は大吉の家に厄介になる事に。
買い物の途中、ゆかりさんにバッタリ。いとこだと慌てて説明する大吉のテンパり具合がいいですわ~

春子宅に連絡を入れた大吉。こういうところ本当にしっかりしてる。出来るヤツだ。

さて、結婚以来ずっと自分の気持ちを押し殺して暮らしてきたと言う春子。嫁姑問題は深刻ですね。
残業ばかりの旦那は多分話を聞いてくれないのでしょう。まぁ男なんて女の話を聞かないものです。そんな事は無いとおっしゃる世の男性はナニ夢を見ているんだろうと思うわ(おっとアブナイこれ以上はw)

春子はもう話すことも諦めちゃってるのかな?姑に気を使って何でも姑優先。それでも娘のために頑張って来たんでしょう。
麗奈と二人家族だと繰り返す春子は家の中で孤独を感じているんだろうな。

りんが朝食の支度をするのはいつもの事でしょう。
春子には信じられない光景?いい奥さん、いい母親になろうと頑張って、全部抱え込んじゃうのがいけないところのような気がしてきた。

独身に戻りたい春子。結婚したい?大吉。離婚したゆかりさん。三者三様の考え方と生き方。子供たちが理解するのはまだ難しいですねw

麗奈を学校へ送り、お泊りしている事は内緒だと言う春子だが、いいお返事の麗奈は3歩歩いたら忘れちゃいました。子供らしいけど、子供ってもう少し空気読めるよ。
麗奈の様子から、話は深刻なところまで進んでいないようですね。春子の心がちょっと反乱を起した。困らせてやりたい、こっちを見て欲しい、そんな感じかな?

1人で昼間の街を歩いた春子は何を思ったんでしょう。
結婚した事、旦那の事、家の事、娘の事、離婚の事、生活の事・・・いろんな事を考えて今の生活が自分にとってベターだと答えを出した春子。
心が壊れないよう、心に蓋をする。生き辛いな。

ずっと女の子でいたかったな・・・
女の子でいたかった、女として見られたかった。嫁、母の前に1人の女で1人の人間として見られたかったということでしょう。

○○さんの奥さんとか△△ちゃんのお母さんとか言われて、自分には■■って名前がある!ってキレる嫁ってドラマの中だけの話じゃないからね~

家に戻る事を決めた春子と麗奈を早めに仕事を切り上げて迎えに来た旦那さん。 文句を言いつつも春子もまんざらでも無さそう。
大吉たちは振り回されたってことですねw
 
でもこういう積み重ねを乗り越えられるかどうかが鍵だから油断は出来ませんよ(と脅してみるw)

結婚、子供、家族ってなんだ?と考えさせられるお話でした。

Cパートはまたまたほのぼの。女の買い物は長いwww
大吉とコウキくんもいいコンビですねw