青の祓魔師(終)

青の祓魔師 第25話 「時よ止まれ」

第25話 「時よ止まれ」

いきなりメフィスト先生の回想から始まりました。

そう、あなたは永遠という時に中でこの世のあらゆる快楽と悲哀を味わい尽くすのです。
但し、あなたがもう結構と願ったその時に、私はあなたの魂をいただきます。

って誰と賭けをしたかはラストでボンヤリ明かされるわけですが・・・これが劇場版への伏線になるのか?

街を襲い始めたゲヘナゲート。
ザコ悪魔でもこれだけ多いと手に負えませんね。

ゲートから放たれた光がしえみとシュラに襲い掛かる。万事休すかと思われたときにエンジェルちゃん颯爽と登場!つか、いくらしえみがいたとしてもシュラなら守りきれるような気もするんだけど。
いや、ここがエンジェルちゃん最大の見せ場なんだ!

しかし1人ではまったく歯が立たないエンジェルちゃんw パラディンなのに・・・なんだかどこまでも残念なキャラだな~ まぁ
ゲヘナゲートは強大ですからね。やっぱりここは力を合わせて立ち向かうという胸熱な展開になるわけでーす(棒)

悪魔たちは物量にモノを言わせて日本支部にまで侵攻。夜明けを待てば悪魔の動きが鈍るとは言っても外は暗くなったばかりです。
時差に気付いた子猫丸が鍵を使ってヴァチカンへ逃げる事を提案。

ヴァチカンは快晴です。悪魔を誘導する作戦かと思ったら、ここで勝呂に機転が良かったな~鏡を使って日本支部まで太陽の光を届ける。

まぁ簡単に言うけど、よくこれだけの鏡があっさり用意できたなと・・・正十字騎士団の財力と危機管理態勢パネェ(いや、誉めてるって!)

逃げ出したクロが戻ってきたシーンはちょっと唐突でしたが、悪魔に血に目覚めた雪男も一緒にゲートに向かいます。雪男もやっぱり尻尾生えたのかな?
まぁ当然空中戦なので、振り落とされたりするわけなのですが、兄弟が手を取り合い炎を操り不死鳥の如くゲートに向かう。

ここはえっと・・・笑うところですか?感動するところです(キリッ
2人で手を取り合いゲートを破壊して危機は去りました。

ユリの願いが叶えられなかったことを詫びる魔神と早過ぎただけだと、自分たちの願いを子供たちに託そうとするユリ。
いい話っぽくなってますが、結構迷惑な夫婦です。

しえみがすっかり2人のお母さんですw

Cパートは長めのエピローグ。
事件から1ヵ月後。メフィストは理事長復帰。雪男はパラディンの称号を剥奪され、さらに降格。なんちゃってパラディンだったので仕方ない。
耳が尖っているから悪魔として覚醒したままみたいですね。

メフィストに鍵を渡された雪男。魔神の記憶が流れ込んできた時に見た風景を燐と2人で歩く。
母の墓参り。案内してくれるスノーマンが泣かせるぜ。

自分たちが生まれてきて良かったのかと口にする雪男に折角貰った命だと胸を張る燐。このシンプルな考え方が燐らしいです。

悪魔を待ち受けるエクソシストたち。またまた燐が乱入。う~ん正直、俺たちの戦いは続くったら続く的なシーンは要らなかったな。

原作ストックが少ないのでオリジナルに入ってからはちょっと残念な展開になった部分もありました。
特に魔神とユリの関係はどこにでもあるような話になっちゃいました。上手くまとめたとは思うんですが、魔神の威厳とか凄さが一気に下がってしまった感じです。

キャラひとりひとりはとてもストーリー性を持っていますし、前にも書いたけど、原作が溜まったところで仕切り直してアニメ化して欲しいですね。


スポンサーサイト

青の祓魔師 第24話 「魔神(サタン)の落胤(こ)」

第24話 「魔神(サタン)の落胤(こ)」

ついに雪男の体を乗っ取り物質界へと現出した魔神。

シュラ姉さんは何をやっているのかと思えば、まだエンジェルちゃんに足止め喰らってました(ェ
ゲヘナゲートが開き、悪魔が大量に溢れ出ている状況でも任務に忠実なエンジェルちゃん。本当に面倒くさい男です。
付き合いきれないとシュラはアーサーを放置。まぁ追いかけてまで止めようとしなかったのは評価するけど、お使いパラディンはいらねぇって感じ。
平時ならいいかもしれないけど、戦いの場で戦況に応じて臨機応変に対応できないと部下を大量に死なせますよ。

圧倒的な力で圧される候補生たち。まぁどんなに頑張っても太刀打ちできるはずがありません。
それでも突っ込んで行く勝呂の気概だけは感じましたが、無茶もいいところですね。坊を守ろうと結界を張る志摩さんと子猫丸。京都組はいいなぁ。

勝呂を守り青い炎に焼かれる椿先生!出雲ちゃんのおかげで炎は消せましたがここは撤退するしかありません。でもこういう連携は嫌いじゃありません。

シュラをみたらし団子みたいって魔神みたらし団子知ってるの?!www日本文化にかぶれたメフィストの影響で里帰りしたアマイモンが手土産に持って行ったとかwww

シュラの指示で撤退。
魔神の目的は物質界と虚無界の融合。
いい話っぽいんだけど、悪魔の中の悪魔である魔神が人間の女の夢物語を信じて自分が物質界に及ぼす影響も考えずに、融合、融合言ってるだけって感じしかしないんだが・・・
魔神に人間臭さを求めちゃてから一気に話が安っぽくなってる。

魔神を倒すといきり立つ勝呂に自分は行かない言う出雲ちゃん。
自分たちが束になっても敵う相手じゃない。それよりも自分たちを必要としている人たちがいる。正十字学園に通う生徒たちですね。
出雲ちゃん冷静だな。状況判断もしっかりしてる。

志摩さんの缶蹴り説明乙です。
燐は一度ゲートを破壊しているから、魔神は燐の力を警戒してゲートから離れられない。

候補生たちは残っている生徒を誘導。生徒たちは騎士団の日本支部を解放して保護。朴ちゃん頑張ったよー

雪男を助けたい燐。シュラの協力で説得役と攻撃役に別れて魔神の隙をつく作戦のようです。

説得役のシュラが魔神の気を引いていたのに、雪男を心配したしえみ乱入。 炎を発した手で掴まれているのに燃えないしえみ。まさか第二のユリさんフラグ?!

このしえみの登場で計画は破綻。燐が出る羽目になる。あの燐がすっごく我慢してたのに、まさかしえみがぶっ壊しヒロインに上り詰めるとは思わなかった・・・

「弟とは戦わねぇ!」ここからは兄弟愛。情に訴える作戦ですか。
獅郎が魔神に乗っ取られた時も最後に自我を取り戻した。その状況に賭けるというわけですね。

一応、獅郎ってパラディンだし、精神的にめちゃめちゃタフな感じなんだけど雪男でもいけるのか?

雪男の自我は消えてませんでしたー
なんか精神世界で燐への不満に絡め取られそうになってましたが、兄さんを守るという強い信念は消えていません。
もうこれは誓いというより、一種の呪いだな。

自我を取り戻した雪男は燐に向かって助けを求める。やっと手を取り合った兄弟だったが、燐が魔神が放った銃弾に倒れる。
雪男しか目に入っていなかった燐の行動は迂闊でした。ここで駆け引きできたら燐じゃないですけど。

雪男は自分の体ごと魔神を葬る覚悟をし、、自らのこめかみに銃口を向ける。
それをグーパン一発で止め、魔神を雪男から追い出した燐。いくら回復力が高くても腹に風穴開いたんだけどな。

まさに兄弟愛か・・・
これで体を失った魔神は暴走状態?つかキレた? ゲートが開いているから体がなくても物質界にいられるのかしら?

人間と悪魔の全面戦争ですか。否、壮大な親子喧嘩。
メフィストは徹底して高見の見物なのね。え~このまま語り部で終わるのぉ?つまらない。

次回で終わりですね。どう決着をつけるのでしょうか。


青の祓魔師 第23話 「真実」

第23話 「真実」

魔神の目を通して語られる真実。

燐を生贄にゲヘナ・ゲートを開こうとするエルンスト。燐の回復力をもってすれば血液5リットルくらい出しても平気という算段のようです。
まぁ燐の命がどうなろうと知ったこっちゃないんでしょうけど。

燐を解放するように迫る雪男だが、ゲートが開かなければメサイアは学園で爆発という関係のないものまで巻き込む事態に陥る。

行っても戻っても結局地獄なワケです。
燐を守るために自分の血を使えという雪男。お前どこまで兄思いなんだよ!

この様子をワクワクしながら見つめるメフィスト。ハムイモンはしゃべれたんですなw

自信満々でメサイアを撃ち込んだエルンストですが、全く効いてねぇ~

雪男に語りかけて来たのはサタン!ヒロシボイスだっ!最後に憑いた体が獅郎だったからか。
何故母さんを殺した!雪男の質問に自分が見てきた真実を伝える魔神。

ここから回想。
ユリ・エギンは人間と悪魔という隔たった考えを持っていない(捨てた)人間だった。

謎の人体発火事件の調査中に魔神に取り憑かれても無事だった。獅郎でさえやっと耐えていたのに、青い炎に耐性があったとかチート展開だな。
そうでもなきゃ魔神の子を宿せないか。

魔神に自分の体を使わせて一緒にいろんなものを見て、感じるうちにラブラブになっちゃったと。よくある話だわ。

ユリを連れ戻すよう命令を受けたのが獅郎。この頃まだ悪魔はすべて排除って考え方だったのね。
ユリの妊娠を知ってヴァチカンがユリを強引に連れ戻したのだろうか?獅郎は枢機卿の娘に手を出したとして拘束される。完全に冤罪だけどこれが後々功を奏すことになるのね。

エルンストは娘が魔神の子を宿した事を許さず、ユリはの死罪が確定する。
ユリを救うために自分の力に耐えられる体を求めた魔神によって引き起こされたのが青い夜って事みたいです。

枢機卿であるエルンスト自ら体を乗っ取られてユリを逃がす手助けをさせられるとは皮肉なもんだな。

メフィストから事態を知らされた獅郎が追いついたときにはユリは既に双子を出産。名前までつけてましたね。ユリって日系なんでしょうか?
燐はまだしも雪男はベタベタに日本名だしね。

ユリはそのまま息を引き取り、獅郎は命令どおり双子を始末しようとするが、笑いかける燐を見て自分が人間として育てると宣言。

メフィストの表情が良かったな。それでは賭けをしよう。
人として育てば獅郎の勝ち。悪魔として覚醒したらメフィストの勝ち。メフィストが勝てば双子の命はメフィストのもの。

炎を出したままではフェアじゃないと倶利伽羅に燐の炎を封印したのはメフィストだったんですね。

これが真実だと受け入れ難く、エルンストに問えば、自分がユリの死罪を決めた事をあっさり白状。その上燐と雪男の事も全否定。

ゲートに飲み込まれそうなエルンストを助けようとしたが服が破けてジ・エンド。雪男の炎で燃えた?まぁじじぃざまぁな展開。
ラスボスかと思われたエルンストもすっかり小物でした。お前はどこのセイクリッドにやられたんだって感じ。

気がついた燐。さすが魔神の子。回復力ハンパねぇ。
燐はほとんど暴走状態の雪男を救う事ができるのか?ってところで次回です。

ユリと魔神の過去はとっても王道な流れでしたね。人体発火を知的好奇心で片付けられても困りますが、共生の道を探るというテーマ性はここから連なっていたわけです。

詠唱していたエクソシストたちが炎に包まれて倒れていくのに、候補生と椿先生が無事だった部分は謎ですね。



青の祓魔師 第22話 「悪魔狩り」

第22話 「悪魔狩り」

エルンストのラスボス臭がハンパないです。

燐を猫パンチで起すクロが可愛すぎますwww

結局雪男は帰らずメフィストが更迭されたことで学園は封鎖。
ヴァチカンは新しい教皇が立ち、雪男がパラディンに就任と急展開です。

候補生たちも借り出され、倒した悪魔の力を吸収し力にするという武器を持たされる。勝呂は武器に記された紋章に引っ掛かる。相変わらず勘の鋭い子だ。

雪男がパラディンになったと聞き、先を越されたと悔しがる燐。引っ掛かるところが違いますね。まぁそこが燐らしくてそのままでいて欲しいと思います。

エルンストによる悪魔殲滅作戦。究極兵器・メサイアを使って虚無界を破壊する計画のようです。
虚無界を破壊すれば燐は人間に戻れる。そう言われて雪男はエルンストへの協力を決めたようです。どこまでも兄思いだったんですね。

人工的にゲヘナ・ゲート(虚無界の門)を創り出す事に成功したというエルンスト。そのためには悪魔の血が大量に必要なのだとか。

そんな中で始まったエクソシストによる悪魔狩り。
一方的に悪魔と呼ばれるものを狩っていくエクソシストたち。強引なやり方に異議を唱えるものも出てきているようですが、エルンストは止まりません。

紋章が気になった勝呂が吉国に聞いたところ、武器といいながら、実は血を集めるための道具だったようです。
上手く情報操作してますが、気付く奴は気付くと。

野営地に現れた山鯨と呼ばれる悪魔(どこのもののけ姫かとw)悪魔というより山の主として山を守ってきた存在だと気付いた燐。しかし雪男はそんな主をも容赦なく殺してしまう。
悪魔狩りというより、そう呼ばれる存在はすべて排除の方向のようです。雪男の銃口がクロに向けられる。悪魔といっても人と共存している存在までも手に掛けようとする行為に怒る燐。

食って掛かる燐を一撃で気絶させた雪男。爪が伸びて悪魔っぽくなってた~
燐はそのままヴァチカンに運ばれる。地下の監獄でメフィストと再会。何故か監獄でたこ焼き食べてます。アマ太郎も元気そうですwww

「メフィストのぼうけん」という紙芝居で人工生命研究所云々の話を説明するが、絵が画伯過ぎて内容がさっぱり入ってこないじゃないかw
ヴァチカンが禁止したはずの人工生命の研究は連綿と続けられ、ネイガウスは誰かにはめられたということらしいです。

そこまで説明してメフィストは逃亡。祭り見物としゃれ込むそうです。え~もっと活躍してよぉ。相変わらずフリーダムw

何があったか確かめようとする候補生たち。雪男に聞いても教えてくれるはずがない。口の軽そうな先生に聞けばいい。
全員一致で椿先生ってwww

急遽決まった燐の処刑。は?ホントいきなりだな。
事の真偽を確かめるために騎士団の最上階へ行こうとするが、そこにエンジェルちゃんが立ちはだかる。また、面倒なのが・・・
ここはシュラが抑えて一向は先へ。エンジェルちゃんも任務に忠実な振りしてシュラと戦ってるんですから、エルンストのやり方に違和感は感じているんでしょうね

磔にされた燐。話が違うと詰め寄る雪男に、エルンストは燐を生贄にゲヘナゲートを開くという。
詠唱が始まり抜かれた降魔剣から放たれた力が燐を襲う。体中から血を流し、目を剥いて苦しむ燐の姿はかなりグロかった。

駆けつけた勝呂たちが見たのは一面に広がる血と倒れる燐。そして青い炎を纏った雪男の姿だった。

エルンストは燐を人柱にし、雪男を魔神の器にした?ゲヘナゲートを開いて究極兵器をぶち込むつもりなんでしょうか?

エルンストに利用された双子。エルンストの目的が虚無界の破壊だとしてもやり方が強引過ぎます。
大きな成果を上げるためには犠牲も厭わないのは賛同できませんね。

心配していた通り雪男が悪魔落ち?雪男を倒さなければいけないのでしょうか?
生贄にされた燐がどうなったのかも気になります。いいところで次回かよん。


青の祓魔師 第21話 「秘密の花園」

第21話 「秘密の花園」

エクソシストから逃れたネイガウスの妻・ミシェルは祓魔屋に逃げ込み倒れているところをしえみに助けられる。

雪男は祖父であるエルンストから母・ユリの話を聞く。
青い夜の日に娘・ユリが魔神の子を宿した事で、ユリは魔女として三賢者に殺された。騎士団の権威を取り戻すために生贄にされたという。

何もかも失い15年間幽閉されてきたエルンスト。
魔神の子の存在が知られるわけにはいかないため、連絡できなかった。唯一の希望である燐と雪男を抱きしめたかったと。
ここまではすごく良いじいさんです。
しかし体制が整っていないということで覚醒した燐を受け入れることは出来ない。なんとなく2人を別々にしたいような感じがします。

エルンストはドラグーンラボラトリー=対悪魔用殲滅機構を作り上げ、本格的に悪魔狩りを始めようとしている。おやおや?なんか旗色が変わってきたぞ。
15年間幽閉されていたわりにはでっかいモン造ってるなじいさん。

ネイガウスはミシェル(死者)を蘇らせた疑いが掛けられます。しかしそれを否定するネイガウス。
反魂・・・死者を蘇らせる呪いですが、超えてはいけない一線は守っていたようです。しかし何者かによって妻は蘇らされ、記憶を取り戻していくうちに魔人への復讐に囚われていった。

燐はミシェルを捜しに行こうとする。じっと待っているなんて出来ませんね。シュラもその辺は分かっているのか無理に止めようとしません。

ミシェルはしえみのおばあさんの残した秘密の花園に運ばれていました。 天原の庭の話で盛り上がるしえみ。

そこに青い炎を出しながら降魔剣を向けた燐が入ってくる。
修道院を襲い、仲間を襲ったミシェルを許せるワケがない。
ミシェルが悪い人なわけがないと感じたしえみは燐を止めようとします。

助けて欲しくて燐に連絡した。守られたいわけじゃない。えっとよく分かりません(アセ
対等な仲間として手を貸して欲しかったということなんでしょうね。

しえみの気持ちを理解し刀を下ろす燐。なのにまた来ちゃったエンジェルちゃん!
もういつもいいところで邪魔ばっかですね。ミシェルを守ろうとする燐に容赦ありません。妻を助けて欲しいと膝を折るネイガウスを蹴り上げるとかちょっとやり過ぎです。

ミシェルを守ろうとエンジェルに向かっていく燐。燐の盾になって倒れるミシェル。
この行動がちょっと唐突な感じがしました。そこまで肩入れするほどの描写があったかなと。

ニィちゃんたちは草木でミシェルとネイガウスをどこかへ逃がしました。二人だけで静かに暮らせればいいですね。
なんだかネイガウスも悲しい人だったな。

じいさんは三賢者を退けて最高顧問になってますけど、どうしたぁ?雪男はエルンスト側に付いたのか?

じいさんも魔神への復讐に燃える人なのでしょうか?それともヴァチカンを手に入れ権力を得ようとしているのか?
どちらにせよ考え方が偏りすぎて危ない感じです。

燐と雪男が分断されてしまいました。雪男の悪魔落ち展開になるかと不安がありましたが、こういう形で2人の仲を違えてきましたか。
雪男は力を得るために祖父であるエルンストの計画に乗ってしまったんでしょうか?

エルンストがキナ臭くていけません。燐より雪男の方が心配です。