薄桜鬼(終)

薄桜鬼黎明録 第12話「大いなる黎明」

第12話「大いなる黎明」

隊士が増え手狭になり、屯所を交換して欲しいと芹沢さんに申し出る近藤さん。
ここで断れば近藤さんの立場が無い・・・いつもの嫌味とも取れるけど、芹沢さんは新選組の思惑に気付いているようです。

とうとう会津藩から芹沢さん排除の命が下ってしまう。
心痛な面持ちの近藤さん。目に余る芹沢さんの所業に今まで苦労させられてきたけど、やはり自分たちで手を下すとなると空気が重くなるのは当然。
沖田だけはやる気十分ですが・・・

芹沢さんを酒宴に呼び出した土方さんたち。
聡い芹沢さんなら、これがどういう意味か察するのは簡単。

そろそろ帰るという芹沢さんは、龍之介にはゆっくりして来いと。
「永倉くん、後は頼んだぞ」
これは場を頼むではなく、自分が死んだ後、残される龍之介を頼むと言う意味も含んでいますね。

足止め係は斎藤さん。帰ろうとする新八、平助、龍之介にここに居てもらわなければ困ると・・・
いや、これは人選ミス?斎藤さん、止め方がドストレートですよ。

初期からの仲間なのに新八と平助は何にも知らされてなかったのか。
同門である新八が駆けつければ、対立してしまう可能性もあるし、平助は顔に出ちゃうよね。
それより、2人には仲間殺しはさせたくなかったんだろうな。

芹沢さんを待っていたのは遠ざけたはずのお梅さん。
今夜、土方たちが殺しに来るだろう。とうに気付いていた芹沢さんはお梅さんにすべてを話すが、それでも一緒に死なせて欲しいと言う。
添い遂げたいと思うまでに惚れ込んでしまったんですね。

斎藤さんの足止め失敗で芹沢さんの元へ走る龍之介。
新八まで駆け出して収拾が付かなくなってる。決行を知らされなかったのは信用されてないからか?
新八の気持ちも分かるけど、それは新八を生かすため。斎藤さん、言葉が少なすぎて伝わりませんよ。

とうとう互いに刀を抜く事になってしまった。その隙に龍之介逃走。
峰打ちで新八を止める斎藤さん。やっぱり剣の腕では敵いませんね。

芹沢さんが寝入るのを待って屯所に押し入った土方さんたち。そこで目にしたのは事切れたお梅さんの姿。
巻き込まれて恐怖の中で死なせるのが忍びなかったのか、女が居る事で相手が躊躇しないよう先手を打ったのか・・・

遅かったなと土方さんたちを待ち構えていた芹沢さん。土方さんたちだって相当な手練なはずなのに格が違います。

「新選組のためならどんな罪でもかぶってやる!地獄の鬼にでもなってやるさ」
土方さんたちの覚悟の前に圧されていた芹沢さんですが、そこに龍之介が到着してしまった・・・

病の芹沢さんを殺さないでくれ!
そんな龍之介の訴えを切り捨てる土方さん。もう引き返せないところまで来てしまっている。

その隙に芹沢さんが変若水を飲んでしまう・・・
羅刹となった芹沢さんに刀をはじかれ、蹴られと苦戦しますが、劇的に強くなったという印象は無い。
手加減してるのかな?

芹沢さんが変若水を飲む必要はなかったと思う。
しかし敢えてそうすることで、仲間殺しの重荷が少しでも軽くなるようにという配慮だったのかもしれません。

龍之介に生きろと言葉を残し、鬼となる覚悟を決めた土方さんを認めて散った芹沢さん。
自ら悪役を演じ、武士としての険しい道を進む覚悟を伝えた彼の生き方は多くのことを残しましたね。

生きろと言われ逃げ出した龍之介を追い詰めた沖田。
ここで止めを刺さず、龍之介を運に任せたのは彼なりの優しさだったんでしょうね。

新体制となった新選組。
新見から変若水の研究を引き継いだ山南さんが既に病み始めてる感じが怖いです。

龍之介は江戸の戻ったようです。そして京に向かう千鶴とニアミス!
千鶴登場にキュンキュンしちゃいましたよw

芹沢さんの最期の言葉を守り生きて行く龍之介。これにて黎明録エンドです。
くっそー!最後の芹沢さんの笑顔は反則だろ!!

芹沢さんの物語でしたね~
正直、自分的には龍之介は居ても居なくてもどっちでもいいキャラだったわけで・・・
まぁゲームのED後まで見るとそれなりにいい仕事もしてるんですけど、アニメだけだとウザさのほうが勝ってたかも・・・

芹沢さんは新選組にとっては必要悪だったんでしょうね。

2期は?と言いたいところですが、黎明録はもういいかな。本編に入るってのw
BD特典かOVAで後日談の補完くらいなら見たいですw


スポンサーサイト

薄桜鬼黎明録 第11話「百花月夜」

第11話「百花月夜」

突然姿を消した綱道さん。
焼けた家の跡から遺体は見つからず、生死も行方も不明。
この時に新選組の前から姿を消したんですね。焼け跡から千鶴宛の手紙が見つかり、本編への複線が出てきました。

しかし目の前の問題は会津藩から芹沢さんの処遇について厳しく言い渡された件。
近藤さんはあくまでも話し合いで解決しようと試みる。

京の治安を守る立場をいただき、今までのような無頼な行動は慎むよう芹沢さんに説得するが、芹沢さんに近藤さんの言い分が甘く見えるようです。

芹沢さんと二人で新選組を盛り立てていきたい近藤さんに対し、何故局長を辞してもらうと言う話まで明かすのか・・・

土方さんがほれ込んだ男。芹沢さんは近藤さんに新選組局長として進む覚悟を問うているように感じます。
さらりと話を交わし、芸子を呼ぶ芹沢さんに対し、言質を取ろうとする近藤さん。もう真面目なんだな~

芹沢さんとお梅さんの会話を聞いてしまった龍之介。
自分を殺そうとした女を何故無防備にそばに置くのか・・・芹沢さんが最初で最後にほれた女に似ている。

不遇な扱いを受けた女性だったようですが、懸命に生き病で亡くなったそうです。
そして芹沢さんも同じ病に掛かっている。ほれた相手と同じ病で逝けることが嬉しい。
傍若無人な芹沢さんの印象が大きく変わる話です。
この後の展開が分かっているから、尚更辛くなります。

芹沢さんの違う一面を見てしまった龍之介。
しかし考える暇もなく、また事件発生。新見が変若水を持って屯所から姿を消した。

幸いにというかなんと言うか、実験途中の羅刹は連れ出さなかったようですが・・・
幹部隊士の捜索の甲斐もなく、なかなか新見は見つからない。
血がほとんど残っていない奇妙な辻斬り事件が連続して起こったり、新選組の目を欺きながらやらかしてるみたいです。

そんな時、芹沢さんから島原に出入りしている田中伊織という男の話し方が新見に似ているらしいと聞いた龍之介。
半月も探して見つからなかった新見の情報が何故芹沢さんのところに入ってくるのか?
土方さんは芹沢さんと新見がまだ繋がっていると疑っているようです。

山崎からの知らせで、新見らしき男が料亭に入ったことを聞き土方さんは沖田、斎藤、山崎を連れて料亭へ。

騒ぎを感じて明かりを消した新見ですが、結構あっさり見つかった。

新見は変若水を他の藩に売りつけようとしていた。その交渉中だった。
尊攘派の浪士を一撃で突き刺した沖田。土方さんが襲い掛かる男を軽く交わして、止めは斎藤さん。
何の躊躇も情けもありません。

追い詰められた新見が自ら変若水を飲んでしまう・・・

羅刹化しているとはいえ、新見って意外に強かったんですね。
ヌルヌル動くわ、視界から消えるわ、動きがワイヤーアクションみたい。

3人がかりでも新見に劣勢。それが気に入らない。
羅刹化しても理性を保っていた新見ですが、切りつけられたとことから流れた血を舐めてしまった事で豹変。
吸血衝動に耐え切れず、血を求めたところを土方さんがケリをつけてくれました。

夜中に芹沢さんを訪ねた土方さん。もう寝ていると言われ、龍之介に伝言を頼む。
「新見さんは、切腹した」

変若水に魅せられ、新選組を裏切った新見がここで退場。

次回はとうとう芹沢さんと対決する事になりそうです。

黎明期の悪役として描かれてきた芹沢さんの内面が描かれ始め、終わりを感じます。
悪役だけど新選組にとっては大きなものを残す事になるのでしょうね。



薄桜鬼黎明録 第10話「紅蓮の烽火」

第10話「紅蓮の烽火」

相撲興行の成功の裏で芹沢さんがまたやらかした。
異国との貿易で儲け、不貞浪士に金を渡していた疑いのある大和屋に火を放った。
浪士組への資金提供を断った腹いせもあるのか?← こっちの方が逆鱗に触れた感じ。

疑いだけで火を放つのはやり過ぎですが、筆頭局長の名を出されれば土方さんも従うしかありません。
結局、異国との貿易は事実。金を払って浪士を用心棒に雇っていたことが発覚。

「あの人、ホント邪魔だよね」
近藤さんや土方さんの地道な努力が芹沢さんの行動でどんどん潰されていく。
斎藤さんもかなり腹に据えかねている様子。斎藤さんが不平を口にするとはかなりヒドイ状況ですね。

金を払って貰えず菱屋を追い出されたお梅さんは芹沢さんの愛人に。
こういうところを見るといい人だか、悪い人だかちょっと分からなくなりますね。

島原に出掛けた芹沢さんですが、突然苦しみ出し、記憶も混乱。
龍之介の顔も自分がどこにいるかも分からなくなってしまう。病はもう末期なんでしょう。

何とか自分を取り戻しましたが、薩摩藩の人間と鉢合わせてしまう。
いきり立つ薩摩藩士ですが、芹沢さんの放つオーラに気圧されてますね。

そこを止めに入ってくれたのがちー様!!
芹沢さんの病を所見で見抜くとは。黎明録のちー様の登場はこれで終わりでしょうか?

会津藩に呼ばれた近藤さんと土方さん。
日頃の働きに対しお褒めの言葉をいただきますが、芹沢さんの行き過ぎた行動は会津藩にとっても頭が痛いらしい。
何とかせよ、と言われてしまう・・・

8月18日の政変。長州を排除するために薩摩藩と手を組んだ会津藩。
会津藩の預かりとはいえ、命がなければ動けない。屯所で悶々と連絡を待つ浪士組。

しかし芹沢さんの鶴の一声で出陣。タイミングよく会津藩からの召集が掛かりました。
こういうときの芹沢さんの行動力は頼もしい。
鉄扇一振りで会津藩士を黙らせる迫力はさすがです。

この時の功績が認められ会津藩から『新撰組』の名を賜った浪士組。
これは無礼講でも仕方ありませんねw

一度は刀を手放した斎藤さん。
新撰組の名を前に武士として生きることの嬉しさを噛み締めていますね。

公式に会津藩の後ろ盾を得て、武士への道を歩みだした新撰組。
その道は決して容易いものではない。

武士としての険しい道を進む彼らが鬼となれるか・・・
芹沢さんの台詞が重いですね。

歴史の表舞台の動きも活発になって来たところで、裏側の変若水の実験も着々と進行中。
綱道さんから羅刹化を抑える薬を託された新見が新たな実験を開始。

完全に変若水、羅刹に見せられてしまってますね。
まずは新見の暴走を止めることになるのでしょうか?

相撲興行と大和屋事件。8月18日の政変から新撰組拝命までてんこ盛りでした。
でもちー様登場に一番沸いたwww
さすがちー様だよw


薄桜鬼黎明録 第9話「放たれる剣閃」

第9話「放たれる剣閃」

リア充爆発しろ!w
いつの間にか団子屋デートするまでの仲になってた龍之介と小鈴。

芹沢さんが仕事で大阪へ行くから島原もしばらくは静かになると言う龍之介だが、大阪の芸奴や舞妓の心配をする小鈴。
芹沢さんをなんとか止めてみるという龍之介。いい雰囲気の2人ですが・・・


龍之介に声を掛けて来たのは山崎。龍之介の浮ついた行動が気に入らないようです。
隊士になるわけでもなく、出て行くわけでもない。二言目には芹沢さんが。

浪士組に忠義を立てるわけでもなく、中途半端な立場の龍之介。痛いところを突かれましたね。
確かに全くその通りなんだけどさ・・・

「忠義なき飼い犬は、野良犬にも劣る」山崎、それはキツイっよ。

売り言葉に買い言葉で商家の出の山崎に武士の真似事とか言っちゃった。
これって土方さんの事も全否定してますよね。

拳と拳で語り合って川原で話す2人。
武士に憧れ、上っ面だけ武士の真似事をしても自身の求める本質とかけ離れていくと感じていた山崎。
彼が出会ったのが出自は関係なく、どんな奴でも武士として扱うと言う土方さんの言葉。
武家の生まれでなくても、魂は武士であろうとする土方さん。山崎が憧れるの分かるわ。

一方の龍之介は武家の生まれながら、父が借金を残して死んでしまったために武士の誇りよりも生きる事を選んだ。
無いから欲しい。あるから縛られる。上手く行かないものですね。

小鈴ちゃんの心配的中。
客を喜ばせるなら服を脱いで舞えと舞妓に命令する芹沢さん。

近藤さんと土方さんを呼びに走った龍之介。
戻っても芹沢さんの怒りは収まらず、平謝りする舞妓たちに髷を切れと言い出してしまう。
芹沢さんのモンスターっぷりがますます酷くなってます。

最初に無茶振りをしたのは芹沢さんなのに、武士を愚弄したとか難癖をつける。
端から見ればただのどうしようもないおっさんです。
挙句、楯突いた龍之介に髷を落とさせようとする・・・

結局動けなかった龍之介。
土方さんが代わりに刀を握る。鬼となる覚悟の現れでしょうか。
本当は人一倍優しい人なのに!

大阪での一件はたちまち京にも伝わり、浪士組の悪評は広がるばかり。
巡察中の隊士と言葉を交わしたことで「みぶろの仲間」と陰口を叩かれ、見かけた小鈴も姉さんたちに連れて行かれてしまう。
大阪土産を渡す事も、言葉を交わすことも叶いません。

その怒りを芹沢さんにぶつける龍之介ですが、町人に嫌われ、好きな女に振られたのだろうと怒りの理由など芹沢さんにはお見通し。

刀に手を掛けるる龍之介に抜いてみろと余裕の芹沢さん。

生きる覚悟が無い者に、生きる覚悟などあるわけもないと言われ、反論できない。

新見がやって来てこの話は中断。
めまいに襲われた芹沢さん。興が削がれたと外へ出て行くが・・・
妙な雰囲気になってきたなぁ。実はもう長くないとかそんな雰囲気ですよ。

本日も龍之介のフォローをしてくれる左之さん。
小鈴のことで悩んでいることがバレバレ。一緒になるにしろ、遊びと割り切るにしろ、島原の女と付き合うには覚悟が必要だとアドバイス。 アニキは今日もいい仕事してんなぁ。

いろいろな所で覚悟を問われる龍之介。ただ流されていれば何とかなっていた日々の終わりも近いですね。

芹沢さんの名を語り、借金をしていた佐伯。
切腹か薬(変若水)を飲むか迫られ迷わず変若水を選択し羅刹化。

理性を保ったまま逃げ出した佐伯を見て実験は成功と喜ぶ新見。
事の重大さに気付いてない。

理性が残っていたとしても人を襲うことには変わりない。一刻も早く佐伯を見つけて殺さねばならない。

前回急にモブから昇格した佐々木が早速犠牲になったよ!
一緒にいた女を最後まで守ろうとして事切れた佐々木。 これも覚悟なのね。

龍之介は佐伯は島原にいると報告を受けた沖田と共に島原へ。
やはり小鈴が心配でならない。

龍之介のフォローもあって佐伯を仕留めた沖田。 龍之介頑張った!
土方さんにはただの足手まといではなかったとさりげなく龍之介をフォロー。

浪士組の剣になってもらわねばならない・・・
山南さんが沖田を一番危険場所へ行かせ、必ず殺せと念押ししたのは不逞浪士が沖田の名を聞いただけで畏れる役回りをさせるため。

近藤さんは望まないかもしれないが、沖田はそれを受け入れるんでしょうね。

いよいよ手が付けられなくなってきた芹沢さんの行動。
とうとう近藤派が動き出すのでしょうか?沖田はやっぱり殺る気満々です。

おっと次回は風間さん登場ですか!千鶴ちゃんいないけど、どう絡んでくるんでしょね。
オラァわくわくしてきたぞw


薄桜鬼黎明録 第8話「修羅の枷鎖」

第8話「修羅の枷鎖」

騒がしさに目を覚ました龍之介。
また羅刹か!?はい、羅刹です。一応刀を持って外に出たはいいけど、結局斉藤に助けられた。

今回の実験台は浪士組の名を語って押し借りを働いていた不逞浪士。
局長命令で大阪にその首をさらす事に・・・

ただでさえ評判の悪い浪士組の評判をさらに落とすような行為ですが、芹沢さんにとっては悪評も評判という事なんでしょうね。

大阪行きを命じられた斉藤さん。自分のやるべき事を心得ている・・・

斉藤さんの土方との出会い。試衛館道場での沖田との手合わせ。突きが格好いいですね。
ヒートアップして一本!の声の後もやり合う二人を止めさせた土方さん。

左構えだろうと強い事に変りは無い。
右差しと馬鹿にされていた斎藤さんが初めて自分を認めてくれる仲間に出会った話。
斎藤さんの土方さんへの尊敬と忠誠の理由。認めてもらえた事が本当に嬉しかったんでしょうね。

浪士組を出た後に自分のみを守れるのか?と龍之介に剣術指南。
龍之介は相変わらずの流されキャラ。斉藤さんも龍之介の迷いなど完全に無視してますけどw

行こうか行くまいか悩んでいる龍之介の部屋に「遅刻は厳禁だ」とやって来る斎藤さん。
超真面目モードでやるから笑っちゃったじゃないですかw

剣術の稽古に芹沢さんの仕事とハードモードな龍之介を見て左之さんがちょっぴり助け舟。
巡察に連れて行くと本日の稽古はお休みです。

巡察に出ても町の人から陰口を叩かれる。平助などは精神的にキツイでしょう。

左之さんチームの佐々木愛次郎。
町娘さんと恋仲のようですが、いきなり登場して注目を浴びちゃってます。
完全にフラグ立ちましたね・・・

芹沢さんに付き合わされる新八に引っ張って行かれた龍之介。
新八は芹沢さんを嫌いになれないと。
やり方に問題はあるが、芹沢さんがいなければ浪士組がここまで来れなかったのも事実。
やる事はちゃんとやっていると一定の評価はしているんですね。
土方さんも反発しながらも芹沢さんの言い分に己を省みることも多いですし、ただの傍若無人な芹沢鴨として描かれていません。

しかし隊服の代金をまだ払っていなかったのか・・・
覚悟を見せろと言って、取立ての女性に何をしたんでしょうか?

浪士組の名を語って押し借りをしていた不逞浪士と出くわし、斬り合いになった土方さんと山南さん。
仲間が隠れていて、多勢に無勢で取り逃がした事を詫びる2人。

しかし問題は浪士組の悪評が取り返しの付かないところまで来てしまっている事。
そろそろ何とかしないと・・・何とかって総司は殺る気満々なんじゃ・・・嬉しそうな表情が怖いですね。

芹沢さんの最期も近いようです。
新見は自重せず変若水の実験を繰り返しているようですし、問題は山積みです。

予告では龍之介の中途半端さを叱責する山崎。
ソレみんな思ってるからw