咎狗の血(終)

咎狗の血 第12話 「同至/beginning」

咎狗の血 第12話 「同至/beginning」

【あらすじ】
数多の人を翻弄し、命を奪った悪魔の研究“Project:Nicole”。
その結晶というべき存在“n(ナノ)”と、彼の対となる存在“アキラ”。2人を巡って流された血は、今、トシマを赤く染め上げていた。
大切な人を失い、突き刺すような胸の痛みを抱えながらも、アキラは抗う。
──己に課せられた血の運命に。

仕事が忙しくて感想おサボリしている間に最終話。

なんとも言えない・・・
やはりBLゲーという看板は取っ払ってバトルモノって感じですか?

ケイアキかと思えば、リンやナノにもフラグが立ち、急加速しましたねぇ。
エマの退場の早かったこと早かったことwww

いきなりケイスケは斬られてこっちも退場で混戦状態です・・・

シキティはナノの血を取り込んで覚醒しちゃうし、シキとナノのバトルは最早DBの域ですwww

シキは戦うことに固執し、アキラに自分と同類の匂いを感じます。
だからアキラのことを一思いに殺さなかったのか?という捉え方にしておきましょう。

アキラに襲い掛かるシキとの間に入ったのはリン。
しかしリンが覚醒シキティに敵うはずがなく、シキに太ももを刺されてしまう。
異母とは言え兄弟だからか一気にカタを付けないんですかね。
まさかじわじわと・・・?シキ様怖い(考えすぎwww)

結局アキラとリンはナノと内戦の爆撃に救われる形でシキから逃げることが出来たが、シキは兵士たちに囲まれる。

いくら訓練を積んだからと言って一般兵が武器を持ったって今のシキ様の敵でなく、逆に殲滅されて終了。

一緒に行こうというアキラに対し 何色にも染まるなと言い残し、去ってしまったナノ。

シキとの決着を付けに行ったのか、死に場所を求めたのか。ナノが生きているのか死んでしまったかの描写が曖昧でした。多分雪に埋もれてしまったんだろうなぁ。

源泉と合流したアキラとリン。
リンの怪我を見て自分のシャツを破って手当てする源泉。

まぁここは全力で一家言もの申したい!
なんでここでおいちゃんの乳首出したし!(しかも毛って・・・)
リンの不自然に破けた服も気になったさ。どうしてここでリンの乳首必要か!とね。

こういうところで無駄にBLっぽい要素を挟む必要性が全くないんだけど。
肌色率が高けりゃなんでもいいってモンじゃないのよ・・・スタッフ全然分かってない(プンスカ

日興連に逃げ延びたアキラ、リン、源泉。
内戦も終わりアキラは平和で平凡な日々を過ごしていた。

リンはアキラに自分(リン)を決して裏切らないという言葉を再確認。
源泉はトシマに新たなラインが出回っていることを話す・・・

せっかく手に入れた平和の中で時折感じるトシマでの出来事。
トシマでの経験、ケイスケの死がアキラの生きる意味を変えた・・・

シキに言われた『血が戦いを求める』という言葉の通りか、アキラ自身が語るようにトシマでの出来事、自分の血に決着を付けるためか、シキに戦いを挑むアキラ。

薔薇色に染まれーーーっ!

2人が刃を交えたところで終了・・・

なんじゃそら?www
何も解決してないけど、まぁいろんなEDが混ざった感じですね。消化不良感は否めません。

Cパートで入院してた人は誰ですか?www
まさかこんなにヒドイというか悪い意味で裏切られるとは思いませんでした。
ええ、特に作画的な意味で。

あれは無いです。酷すぎます。

アニメ化の話を知ったときは『BLどうすんだろう?』と期待半分、不安半分でした。
それでもやはり原作が好きなので期待していましたが・・・ここまでヒドイとは思いませんでした。

作画の荒れ方は特に酷かった。
ストーリーも前半はなにやらグダグダしていて、後半急加速で視聴者ポカン状態。

正直、残念な作品でした。
毎回変わるエンディングは良かったです。ニトキラ作品は音楽がいいので、そこは期待を裏切られませんでした。
サントラなら欲しいです。BD、DVDは作画修正に期待しています。
スポンサーサイト

咎狗の血 第9話 『薬束/bond』

第9話 『薬束/bond』

雨が降る人気のない路上で、アキラとケイスケは対峙していた。
アキラに憧れると同時に劣等感を抱いていたケイスケは、ラインによってアキラを超える力を手に入れたと誇らしげに語る。アキラは、変わり果てた幼なじみへ自分の思いを伝えようとするが……。

BL原作なのに全然BL展開にならない・・・

ケイアキルートっぽいんだが、友情物で落ち着いてしまうのだろうか?

完全にラインでキメちゃってるケイスケはアキラの苦痛に悶えて死んでいくときの顔が見たいとナイフを手に襲い掛かってくる。

アキラはケイスケはケイスケのままで良かった。
ケイスケは弱い自分ではアキラの隣に立つ資格がないと感じていた。それでもアキラのそばにいたかった・・・

その思いがアキラを優先し、自分を卑下するような発言につながっていった。
アキラはケイスケのそこだけが嫌だったと・・・
誰とも比べることなく、ケイスケはケイスケのままでいてくれればそれでよかったと語るが、ケイスケの耳には届かない。

それでも何のために生きているのか良く分からなかったというアキラは、ケイスケと一緒にトシマを出たい、そのためには死ぬわけには行かないと訴える。

憎しみに捕らわれたケイスケは全く聞き入れません。
何か感じるところはあるような表情は浮かべるが、徹底してアキラを憎もうとしているように感じます。

もつれ合ううちにナイフで切りつけられたアキラの血がケイスケの口に入ってしまう。
まぁ、ナイフを振りかざしてるんですから、この展開は簡単に予想がつきますね。

悶え苦しんだのはケイスケの方でした。 ここからは他のライン中毒者と同じです。

唐突に回想シーン。
ジャージ姿のアキラとケイスケ。エネドから施設に戻された後の記憶か?
人間兵器として育てられてきた子供たちが、戦争終結と共に里親に引き取られる。
不自然な親子関係に家を出たアキラ。そんなアキラのそばにはいつもケイスケがいた。
二人で過ごした時間は嘘じゃない・・・

ケイスケはラインとの相性がいいのか悪いのか苦しみながらも一命を取り留めていた。
ここからはラインを抜くためにアキラが付きっ切りでケイスケの面倒を見ることになる。

ラインの禁断症状と襲い来る妄想に飲み込まれそうになるケイスケに手を差し伸べたのは、妄想の中でもアキラだった。

ケイスケ立ち直り早っ!
尺の問題ですけど、ここまであっさりとラインが抜けてケイスケが元に戻るとか、2人の絆がさらに深まった感じがしないんだけど・・・

やっぱり7話くらいまでのペースの遅さが原因か。

ラインが抜けたケイスケを連れて源泉の元へ行こうとするアキラの前にリンが現れる。

いきなりタグ頂戴ですか?ここのリン色っぽいなぁ(コラ

イル・レ(シキ)と対決するために形振り構っていられないのか。
アキラは弱っているケイスケを人質に取られあっさりタグ渡してます。もちろんケイスケのタグも取って行くリン。

ケイスケの場合はアレだけ真っ直ぐに向かい合ったのに、ルートじゃないからリンのことはあっさり流しちゃうのね。

タグを集めたリンはヴィスキオへ。
イル・レへの挑戦権を獲得し次回です。

んん、やはりここへ来て展開が早いと言う印象ですね。

次回 第10話 『結脈/il re』


http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1527-402e3582
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5168-595224c4
http://blog.so-net.ne.jp/gomarz/2010-12-04-1/trackback
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201012040002/54e57/

咎狗の血 第8話 『酷白/rein』

第8話 『酷白/rein』

ケイスケのことを匂わすアルビトロからの招待状を手に、城を訪れたアキラは、賓客として丁重に迎えられる。
ラインに手を出してしまったケイスケを助ける方法を尋ねるアキラに対し、アルビトロが話しはじめたのは原料・製造方法ともに極秘とされているラインにまつわる話だった。


ケイスケに釣られてホイホイアルビトロの元にやってきたアキラ。

ラインの原料はプルミエの血液・・・

プロジェクト・ニコルについて語るアルビトロ。
ENED(エネド)=国家レベルで秘密裏に行われていた人体受験。そこで生まれたのが人間兵器であるプルミエ。
その血は人の潜在能力を引き出すと言う。

神が与えた宝・・・攻撃に特化し過ぎwww
果てはアキラの血にラインを中和する効果があることまでベラベラと話してしまうビトロ様www
もうちょっと勿体つけるところだけど、尺の関係か?サクサクネタばらししてますね。


まだ憶測の段階だが、アキラとケイスケもニコルの被験者であったと・・・

アキラの血には大いに興味があっただろうけど、アキラ自身にも興味津々のビトロ様。
黒服使ってアキラを軟禁しようとするが・・・逃げ出したアキラは教会に辿り着く。

そこにいたのは源泉。
まぁ教会と言えば源泉ルートですよね。

ちゃっかり血液検査の成分表を持ち出していたアキラはそれを源泉に見せる。
なにやら源泉にはそれが何を示しているか理解できる様子。

ここでおいちゃんの過去も明かされました。
源泉もアルビトロもENEDの研究員だった・・・ビトロ様が源泉を毛嫌いしていたのは黒歴史(?)を知られているからかw

源泉の分析ではアキラの血はライン中毒者にとって危険であり、使ってはならないとのこと。
ラインに手を出した者は助からない・・・
そこまでケイスケを追い詰めたのは自分だと自身を責めるアキラ。

唐突に壁を殴ってますけど、ここ笑うところ?

フラフラと戻ってきたケイスケ。ドライバー?とwktkしたけど握られていたのはライン。
2本一気飲みだよ。キメ過ぎだろ?
ラインを入手するためにお出掛けしてたわけですね。

いきなりの過去。
Bl@ster時代の回想。アキラ似のイケメンさんが前に言ってたカズイなのね。

仲間を惨殺されたリン。その犯人はシキだった・・・
という事で、リンが執拗にシキ様を追っていた理由が、2人が異母兄弟というおまけつきで判明。
シキに襲い掛かるリンですが全く歯が立ちません。いいように遊ばれてるって感じ。
結局リンの足元が崩れ、リンは高架橋から落下し決着つかず。

アキラの傷の手当をする源泉はもうすぐ内戦が始まると話し、ここから逃がしてやるからケイスケを連れて来いと言う。

源泉の回想に出てきたのは息子さんですかね。
多分もう会えないのでしょう。源泉はアキラたちを自分の子供のように感じたんですね。

ちょっといい話風で終わるわけも無く、アキラは黒ケイスケと再会。

『ケイスケ、ずっと捜してた。会いたかったんだ、お前に』
告ってるようにしか感じません。そう思わせて下さいwww

物語が動き出した・・・と言えば聞こえはいいがここに来て急加速しているので細かい描写が飛ばされているような・・・

作画は相変わらず。今日もアキラたんの顔がwww絵がカクカク動かなかったなぁ。

次回 第9話 『薬束/bond』


http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/tb.php/2008-fc34c75b
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1522-64e9722a
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201011270001/3f372/
http://aprilfresh.exblog.jp/tb/14474984

咎狗の血 第7話 『因念/sever』

第7話 『因念/sever』

ちっ!BL無しかよwww

中立地帯のあるクラブで起きた凄惨な事件。イグラのルールに乗っ取らない殺人。アルビトロは、トシマに敷かれた最低限の治安を乱されることを嫌い、処刑人を伴って現場の調査に赴く。クラブと不審な死に方をした遺体を検分したすえ、アルビトロはある仮説を立てる。アルビトロの手には、クラブで手に入れた1枚の写真が握られていた。

アバンでホテルを出てからラインを飲むまでのケイスケの様子が描かれる。

アキラに拒絶されたことが相当ショックだったようで、ガラスに映った自分の姿にまでビビッてます。
瓦礫の中に何かを見つけたケイスケ。

俺のラインがこんなに都合よく落ちてるわけがないw
ナノが仕込んだのは間違いないですね。


そして精神的に追い詰められたケイスケはラインに手を出してしまう・・・
拾ったものを口にするとか普通にダメだろ?

クラブの調査に入ったビトロ様と処刑人コンビ。
面倒そうなグンジに対して意外に乗り気なキリヲwみつこさんの活躍の場はあるのかwww

ビトロの元に入った情報。 ライン使用者の変死体が発見される。猛だ・・・

つーか先にアキラの血でおかしくなったヤツの仲間がアルビトロに血の話をしてるんですけど~ w
血と聞いて何かに気付いたビトロ様。

プロジェクト・ニコル!キタ!

とんとんと話が進んでいくなぁ。ゲーム知らないと若干アボ~ンとなりそうだw
クラブから持ち出した写真から血の主がアキラと判明。

黒ケイスケはケイスケ自身の中にある理想の自分なんでしょう。
強い自分、アキラに頼らない自分、アキラを助けられる自分。アキラの横に立つにふさわしいのは強い人間であると・・・

ケイスケの考える強さは精神的なものではなく、肉体的な強さであり、暴力的なものなんでしょう。
しゃべり方も変わっているし、態度も非常に横柄になってます。

アキラがケイスケに求めたのは強さだとケイスケ自身は思っているがアキラはそれを否定。
イライラすると言ったのは全てアキラを優先し、自分の感情を押さえ込み、自分をダメな人間だと思っている事に対しての言葉だったと思います。

アキラ自身はケイスケがケイスケであればそれで良かった。
嫌なヤツならそばに寄らせないと思うんですよ。アキラってそういうヤツでしょ。

何人か殺した・・・クラブ襲撃も、猛を殺したもの自分だとケイスケは力を誇示します。
アキラを蹴り続けるケイスケが逆に哀れに見えます。

ケイスケ説明乙な感じでどんどん話が進んでいくなぁ。

アキラが気を失った間にケイスケの姿が消えていた・・・
え?BL無いの?朝チュンすらないってどーいうことなのwww

ケイスケがドライバーを探しに行っている間に(マテ)リンがアキラを救出。
ホント展開早いな。

ラインの力を借りてまで強さを求めたケイスケの悩みに気付かなかった自分を責めるアキラ。

そんなアキラに、リンは悪いのはアキラでは無くラインだと告げます・・・

『アキラは俺みたいになっちゃダメだよ』
リンもケイスケがラインに手を出したことをきっかけに動き出すようです。

1人残されたアキラの元にやってきたのはメッセンジャー・狗。
四つん這いで口に手紙咥えてはぁはぁ言いながら入ってくるって・・・ホラーじゃないか!

ビトロ様からのお食事のお誘いです。もう嫌な予感しかしない・・・
しかしケイスケのことをチラつかされては釣られちゃいますね。

ナノたん接触してきた!
小振りのトランクの中には多分ラインが入っているんでしょうね。

いきなり
『染まる、あるいは染められる色はひとつではない・・・』
いきなり意味不明。アキラにおもいっきり警戒されてるわ。

男が来るから渡して欲しいってトランク置いて行っちゃうし、ポカン状態のアキラw

そこにやってきたのはシキ様ですが、完全に夕方になってないか?
アキラどんだけ律儀なんだよwww

中身は見たか?あの男とは知り合いか?
アキラの答えは全てNo。シキも今回はいきなり襲ってきたりしません。

ここで見たことは忘れろ・・・ってかなり退いてくれてる感じなのに、
『アンタに命令される筋合いは無い』って返すかwww
結局見逃されてるよ。

アキラも警戒心はあるんだけど、どうにも詰めが甘いな。

エマはトシマに行くと言い出すし、各方面で一気に動き出した感じ。
で、ケイスケはどこに行ったんだろうw

次回 第8話 『酷白/rein』

なお、誠に申し訳ないが醜い中年の立ち入りは謹んでお断りする!@アルビトロ
wwwwww


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5115-c9d356cc
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1517-3b2ed14c
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/diary/201011200003/cf5d3/
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/201011190000/b84ae/

咎狗の血 第6話 『怨鎖/desire』

第6話 『怨鎖/desire』

ケイスケがホテルを飛び出してから一夜が明け、アキラは、ケイスケを捜してトシマの街をあてもなく歩いていた。通りかかったクラブの建物の様子に異変を感じたアキラ。クラブに続く地下への階段を下りると、フロアは破壊され、血だまりの中で重なるように参加者たちが倒れていた。アキラは、ケイスケが惨劇に巻き込まれていないことだけを確認し、地上に駆け戻る。込み上げる吐き気をこらえる彼の前に猛が現れ……。

『光を失いし黒。それは最早、色であって色でない存在』
色の無い存在のまま果てるか、色を取り戻すか・・・ってところでケイスケと猛の運命が分かれる感じです。

中立地帯のクラブが襲われる・・・

襲ったのは誰か?(いや、もろバレだけどw)
血しぶきは飛んでるんだけど、イマイチグロさが弱いかな?血の描き方というか、色彩のせいかしら?

すぐに戻ってくるだろうといいながら、ケイスケを探しに出かけるアキラ。
なんだかんだ言ってケイスケを放っておけないんだよね。

通り掛かったクラブへ足を踏み入れたアキラはそこで襲われたイグラ参加者の遺体を目にする。

その中にケイスケに似た姿を見つけ駆け寄るが、それは別人。
唯一生き残ったらしい人間も恐怖から逃げてしまい、話を聞くこともできなかった。

ナノに渡されたラインを飲む猛。
これが噂の50%のラインなんだろうなぁ。猛は一気に力を増大させる。

アキラに襲い掛かる猛。その光景を盗み見てるのは誰ですか?
猛というよりアキラを監視してるような感じがするんだけど・・・

ほとんど逆恨みか八つ当たりってレベルの理由でアキラをフルボッコにする猛。
死ぬ前に可愛がってやろうか・・・猛と?!ってあるわけない無いし、猛とじゃ萌えないし。

アキラの血を舐める猛。あ~あ、やっちゃった。

この展開にならないとラインとアキラの血の関連が出てこないから仕方ないけど、他人の血を舐めるってどーよ?と冷静になってしまうw
ラインの副作用で血を求めるって理由は・・・ちと違うなぁ(変若水じゃないし)
単に相手よりも上だってことを示すことなんでしょう。

前のライン服用者ほど急激に死に至らなかいのは舐めた血の量でしょうか?

体の異変を感じアキラを置いてその場を後にする猛。
アキラの血を舐めてしまったことで半ば自爆状態。
咎狗唯一の幼女・由香里たんキタ!ゲームはもっと泣いたのになぁ~

イルレを倒して戻るという言葉にもう倒したじゃない?と答える由香里。
その手には大量のラインが・・・全ては猛の幻想でしょう。もう終わった(終わりだ)という意味ですね。

猛の過去のも同情する部分はあるけど、ここも随分と端折られてしまって感情移入するには相当に厳しいと思う。
ゲームプレイ済でもキツイもん。

苦しむ猛の前に現れたのはケイスケ・・・
前のワンコ・ケイスケの面影は無く、すっかりマッドな感じ。

ホテルを飛び出した一晩の間に何があったケイスケ!
まぁコイツもライン決めちゃったんだろう。入手経路は・・・ナノかな?

猛の頭を鷲づかみにするケイスケ。由香里に顔を思い出し、涙を流しながら懺悔する猛にちょっとウルウルした。
この怪力は・・・ラインの効果ですよね。素手で頭蓋骨を割るって・・・割ってから悲鳴は違うだろ?

立て続けに自分の血を舐めた人間に異変が現れたことで、アキラ本人も自分に原因があるのでは?と感じ始めたようです。

アキラ、ケイスケと再会・・・
しかしあまりにも違うケイスケの態度に警戒するが・・・
腹に一発で沈んだアキラはケイスケに連れ去られる・・・

イグラに参加してからのアキラはBl@sterの優勝者って肩書きは無い方がいいんじゃないかと思うくらい弱い。
シキ様とかラインで逝っちゃってるヤツがが相手だから仕方ないんだけど。
唯一優勢だったのがライン未使用時の猛だけだしねw

今週はシキ様、ビトロ様はお休み。うう~やっぱシキ様でないと締まらないなぁ。

次回 第7話 『因念/sever』

とうとう次回はBL展開くるか?


http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1512-b610ae54
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51638258
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5088-330dfb46