ガンダム関連

機動戦士ガンダムOO 2nd #25 (最終回)

  【#25 再生】

全てコーラサワーに持っていかれたーーー!!!
2期4クール分、全50話の最後でコーラサワーの結婚ですよ。これが沸かずにいられようか!

そして2010年、劇場版へ・・・
げ、劇場版ですか??だから中途半端な終り方だったんですね。SEEDみたいに立ち消えにならないことを祈ります。

リボンズキャノンに噴いた!!
まんまの名前ですね(でも粒子は赤い)

ここからは最終回らしくMS同士の総力戦(今回は他の機体が無いので戦闘に集中できそう)
キュリオスが出撃し、サーシェスを討ったロックオンにも通信が入る。そんなズタボロのケルディムで出るなんて無謀です~
リボンズキャノンの援軍はリヴァイヴとヒリング。あーまだいたのね。ヴェーダから切り離されても動けたんだ。

ゲッ、リボンズキャノンたらガンダムに変形。ここへ来てまだ隠し玉を出してきますか・・・
結局ガンダムVSガンダムの戦いで、2機ともツインドライヴかよ。


さすがにヴェーダのバックアップ無しで戦ってきた分、ケルディムとキュリオスに分があります。
覚悟の差っていうのも感じますね。
ハレルヤ覚醒で俄然動きが良くなったキュリオス。よっちん演じ分け上手いな~
【OO 2nd】25 (1) 【OO 2nd】25 (2)

ハレルヤはヒリングを圧倒。ヒリング嫌いだったからスッキリした。
しかしリボンズの攻撃に倒れるキュリオス。
ケルディムも手負いながらヒリングを倒すが、こちらも戦闘不能に陥る。
【OO 2nd】25 (3) 【OO 2nd】25 (4)

本格的に刹那(人類)とリボンズ(イノベイド)の戦いの構図が完成しました。

ヴェーダと同調したティエは人類と共に未来を築くために存在するのがイノベイドだと伝えるが、リボンズには通じず戦闘続行。人類と共に歩むために生まれたイノベイドですが、リボンズの人類を導くという傲慢さが道を外れてしまったんですね。
【OO 2nd】25 (5) 【OO 2nd】25 (6)
人類よりもイノベイターの方が高位種だとか言ってた割にやってることはすごく人間臭いな。

是が非でもオリジナルのGNドライヴが欲しいリボンズ。
互いにトランザムを発動し激しくぶつかり合う2機は爆煙に包まれる・・・
スポンサーサイト

機動戦士ガンダムOO 2nd #24

  【#24 BEYOND】

バタバタといろんなことが一気に収束しました!

CB側はイノベイターの物量攻撃に圧倒されそれぞれに死の影が迫っていた。
そんな中、ヒリング、リヴァイヴとの戦闘中トランザムを発動した刹那に仲間の声が聞こえてくる・・・
刹那完全覚醒っす。半端じゃない量のGN粒子を放出するOO。

全てはイノベイターとして完全覚醒した刹那が放ったGN粒子によってムリクリみんな分かり合ったって感じでしたね。

 ★まずは沙慈とルイス
沙慈の叫びはルイスに届かなかった・・・
ネーナを倒してもルイスの怒りは収まってません。
このルイスはかなりウザかった。OOを捕らえたルイスは自分の命も顧みず特攻かけて来たMSの攻撃を受けてOOと共に果てようとしていた。
沙慈撃ちましたね~

その衝撃で気を失ったルイスと沙慈(何でアンタまで?)
沙慈を起こした刹那はルイスを連れて安全な所へ行けと沙慈をオーライザーから降ろす。
この戦場の中で安全な場所がどこにあるんだ?と思ったけど沙慈とルイスは大型母艦(多分)の中にいた。


目覚めたルイスはまだイノベイターの支配下にあり沙慈に襲い掛かる。
あーもうめんどくせー女。しかし沙慈の胸の指輪を見て心の葛藤があったらしく、頭を抱え苦しんで敢え無く死亡(仮)。
悲しむ沙慈だがGN粒子の光の中ルイス生き返りました(死んだままでのOKだったのに)
すっごく納得いかんのですが・・・(GN粒子はラインバレルかっての!)

一度死んだせいか?正気を取戻したルイス。さすがに最終回で病むことは無いでしょう。

 ★お次はダメラギ女子と絶望ビリー
恒久和平実現のためにイノベイターの力が必須である。統率された中で限定された自由を満喫すればいいと訴えるビリーに対し、スメラギはあくまでも未来は自分達で勝ち取らなければならないと意見は平行線。
御託を並べたビリーですが、GN粒子の中でスメラギの謝罪(ビリーの気持ちを知っていて利用した事)を聞き、結局スメラギを受け入れてしまう。
これが所謂惚れた弱味ってヤツですかね(笑)可愛さ余って憎さ100倍からまた可愛くなるんだよ、すごいな。
最終的に和解した二人はトレミーに侵入してきたオートマトンの応戦。
あれ?ビリーには制御できないんだね。

 ★ハレルヤ一言だけ出てきましたね~
余所見をしたアレルヤに対して『お前はマリーだけ見てりゃいいんだよっ!』ってやっぱハレルヤかっこいいわ。よっっちんは絶対ハレのほうがいいね。

 ★前回撃たれたマリーですが無事でした
ソーマからマリーに戻って小熊と対話です。
自分がアンドレイを討ってもセルゲイは喜ばない。こちらの憎しみの連鎖は既に断ち切られ、アンドレイにセルゲイを撃った理由を尋ねるマリー。
結局不器用な親子関係がすれ違いを生んだ。小熊は荒熊にもっと自分を見て欲しかったってことですね。寂しかったんすよ。
荒熊も言葉が足りない人だし子供の小熊にそれを感じ取れってのも無理な話でしょう。
それでもセルゲイはアンドレイのことを気に掛けていたはずだ・・・マリーの言葉に泣き叫ぶアンドレイ。
勘違いから実の父親を殺してしまったんですからある意味この後一番辛い人生を歩むのはこの人かもしれない。

機動戦士ガンダム OO 2nd  #23

 【#23 命の華】

コーラーサワー~~~~!!!
ま、まさか不死身のコーラサワーが逝っちゃった??
私達の愛すべきコーラサワーがっ!!

【OO 2nd】23 (4)
    『大好きです。カティ』
ええ~~~泣く。ここは泣く。ヤダヤダ不死身なんだから帰って来てくれますよね。
いつの間にファーストネームで呼び合う仲になってたんでしょう。大佐が待ってる。帰って来い!!

リボンズを倒したと高らかに勝利宣言をした途端、リボンズ再登場。サーシェスに撃たれてリジェネ死亡?
呆気無い。リジェネの復活は・・・無いだろうな。生かしておいても意味が無さそう。

期せずして共闘状態に入ったCB、正規軍、カタロン宇宙部隊。
マネキンは協力ではなくアロウズを断罪するためにCBを利用したと言ってます。スメラギにとってはイノベイターを倒しヴェーダを奪還できればそんな事どうでもいいんだと思う。

ついに姿を現したイノベイターの大型母艦『ソレスタルビーイング』(コロニー型外宇宙航行母艦)
イオリアは2世紀も前に人類と異種の遭遇を想定して母艦を作っていたらしい。
リボンズはこの母艦こそが人類を救う方舟と言っています。微妙に電波発言です。
(関係ないけど今期終了のアニメって電波発生率高くない?)
で、ここまで先が読めるイオリアはイノベイターが半ば暴走という形で人類を試そう、もしくは人類を滅ぼそうとするとは考えなかったんだろうか?
これも予測済みで人類を試そうとしてるとか??人類を過信してますね。
粒子ビーム半端ねー。敵味方関係なく一瞬にしてほぼ壊滅状態です。アロウズもお役御免。

この惨状を見てスメラギは母艦に向かう事を決める。
 『今まで協力していただいた多くの方々への感謝と戦死された方々に哀悼の意を表します』
ラストミッション。ヴェーダ奪還、または破壊してでも母艦の動きをを止める。ガンダムとトレミーは母艦へ向かう。。
潔くてカッコイイって見方もあるけど、そう言われてマネキンやカタロンが『ハイ、いってらっしゃい』と高見の見物ってワケにはいかんだろうよ。思いっきり援軍フラグになってますって。

もう23話なのに戦闘ターンで終っちゃったらどうしよう、と思ったらBパートで物語が急展開。つーか加速?

機動戦士ガンダムOO 2nd  #22

  【#22 未来のために】

最終回に向けていい展開になってきました。
ブシドーさんは戦うことしか出来ない刹那に自分を重ねていたんですね。
そのために滝にまで打たれて来たのに・・・
でも戦いの中でしか生きられないと思っていたのは今は昔。刹那はドンドン先に進んでました。
刹那VS乙女座の対決はあっさり刹那の勝利。OO強すぎる。ここまで散々邪魔してきたブシドーの立場が無いです。


止めを刺せと叫ぶブシドーに『生きるために戦え』と言い残し去っていくOO。これはブシドー的には屈辱的だろうな。
でも乙女座なら大丈夫。立ち直れるよ、きっと。これで刹那VS乙女座はもう無いな。

リンダさん(イアン嫁)は持ってこれるものは一切合財持ってトレミーに合流。ガンダムの新装備はもちろんオーガンダムまであるよ。何のフラグだろう?

アロウズによるCB殲滅作戦が実行される。指揮官は金豚。銀きのこ同様情けない最期の予感。
アロウズ艦隊から離脱するイノベイター(ライセンサー)。リボンズはもうアロウズを見捨てたと思ってもいい感じですね。
ルイスは病んだまま。ネーナの言葉を思い出し『ざまぁみろ』って言った!え~最終的にこの子幸せにしちゃうんですか?沙慈が気の毒になってきた・・・

刹那が王留美から得た情報によりヴェーダの位置が判明。月の裏側だって。案外近場にありました。
マイスターはもちろん参戦ですが、沙慈もまた自分の戦いのために出撃すると言う。沙慈の覚悟にやっと揺らぎを感じ無くなりました。
マリーも同様に自分なりの理由があると戦うことを選ぶ。

それぞれに目的は違ってもアロウズと戦う理由はある。その想いは未来に繋がっていると・・・皆さん妙に納得してますが、せっちゃんが達観しすぎてついていけません。
未来に繋げるための戦いって言う事はいろいろなところに散りばめられてたけど、刹那がそれを具体的に口にする事に違和感がある。こういう事言うキャラじゃなったのにナ~
アロウズを退けヴェーダを奪還する。既に最終決戦っぽい覚悟の決め方してますが、まだアロウズですよ。イノベイターやサーシェス残ってますからね。まだ序盤戦です。

カタロンも宇宙へ。まだクーデター派との繋がりは切れていないようです。綿密な戦術プランを送ってくる人間・・・おお、マネキン大佐ですね。
何故姫様まで宇宙にいるわけ?これから戦闘だっていうのに子供達まで連れて来て・・・
ま、まさか歌うためですか?ちょっとウザイです。


出撃する刹那に花を渡すフェルト。何故フェルトルートが開くんだ?姫だとムカツクがフェルトならOKな件。
マリナさんに怒られるかな?『彼女とはそんな関係じゃない』刹那きっぱり、姫様涙目・・・かな?

機動戦士ガンダム OO2nd  #21

 【#21 革新の扉】

物語が一気に加速しました。

刹那イノベイター化?は、はい?どういうことでしょう。
刹那は変革て言ってたけど、やはり高密度のGN粒子を浴び続けた結果なのかな?
パイロットとしての成長はもう無いのか?と思ってたら人を超えちゃいました。ニュータイプだったんですね。
だんだん種っぽくなってきた・・・

送信者、内容不明の暗号通信を受けてラグランジュ5へ向かうトレミー。
送信者と接触するため発進準備に入る刹那に謝罪するライル。自分も戦うと改めて刹那に告げるが、ガンダムへ向かう刹那の背中に銃を向ける。
結局、撃てはしなかったけどまだまだアニューのことは割り切れてません。仕方ないけどね。ここがニールとライルの違いなんだわ。
刹那は気付いていて、ライルが撃たないと確信していたみたいです。人を超越してきてる。

イアンさんの話では嫁がさらに新装備を開発中らしい。ここへ来てまた機体スペック上げるんですか?
種もそうだった。ラスト近くになって新型続々登場してたな~


リヴァイブは刹那の変化に気付いたようです。“純粋種(?)”って呼ぶの?人工的に作られたイノベイターではないって事ですね。

王留美と紅龍は無事でした(一応)
王留美は望んだ変革とは自分の未来を取戻すためのものだったんですか?王留美は紅龍に当主の器が無かったから自分が当主にさせられた、恨み言を言ってますね。
え?そんな理由なの?って感じ。無いわ。世界を巻き込むほどの理由にしては弱すぎるだろう。

王留美たちを追ったネーナが侵入。『なにそのベッタベタな理由。くだらない』まぁ本人にしては至極真面目な理由なんでしょうが、ここはネーナに一本かな。
ネーナは留美に銃を向ける。ああ、ここはお約束展開。留美の盾となり紅龍死亡です。
しかし盾になるにしても大の字はないだろう。せめて突き飛ばすとか抱きしめるとか・・・紅龍好きだったのに扱いがひどいわ。

ラグランジュ5についた刹那は王留美と接触。ヴェーダの情報を手に入れる。
刹那の保護を断った王留美はちょっとかっこよかった。人の上に立ってきた者の言い方だよね。

ラグランジュ5から戻った刹那を待っていたのはミスター・ブシドー??
いきなりなんですか?ガンダム人質に取られてるじゃん。あ、仮面取ってる。顔の傷もいいじゃないか。仮面を取るとグラハム・エーカーって名乗るのね。
そうだ、昔から妙なところで律儀な男だったよ。
ここでOOオーラーザー鹵獲すればリボンズの望みが叶うのに、ブシドーを差し向けたのが仇となったか?

グラハムの望みは刹那との真剣勝負。えーっとかなりしつこいですね。
『私の空を汚し、同胞や恩師の命を奪い、フラッグファイターとしての矜持まで打ち砕いたのは他でもない、君とガンダムだ』
えっとただの逆恨みに聞こえます。私の空っていつからあなたのものに?
『そうだとも。最早愛を超え、憎しみも超越し、宿命となった!』
とポーズ決められても・・・
『宿命?』
『愛だっ!!』と叫んだ時といい、乙女座はいちいち刹那を驚かせます(ドン引きです)