進撃の巨人

進撃の巨人 Season2 第29(4)話「兵士」

第29(4)話「兵士」

いや…助かる(結婚しよ)
そこはブレないんだw

スポンサーサイト

進撃の巨人 Season2 第28(3)話「南西へ」

第28(3)話「南西へ」

今年調査兵団に入った可愛い子はヨダレ垂らして寝てますけど、何か?w

進撃の巨人 Season2 第27話(2話)「ただいま」

第27話(2話)「ただいま」

サシャ格好いい!

進撃の巨人 Season2 第1話「獣の巨人」

第1話「獣の巨人」

アバンは安定のアルミンナレでスタート。
多くの死体を目の前にして理由が無いというのが本当に絶望感漂います。

進撃の巨人 第25話「壁-ストヘス区急襲③-」

第25話「壁-ストヘス区急襲③-」

エレンに殴り飛ばされて倒れたアニが突っ込んだのはウォール教信者が壁に祈りを捧げる教会。
壁を守ることが巨人を退ける唯一の方法だと解いている最中に巨人の襲撃。
下敷きになった信者。なんだか皮肉な感じがしますね。

覚醒エレンとアニの攻防。
下敷きになった人を見て、アニは人のいない方へ走ったようにも見えたけど。

ウォールシーナ内に巨人が現れて戦っているという情報がやっと憲兵団に届きました。
これはお前が仕組んだことかとエルヴィンに詰め寄る憲兵団のナイル。
お仕事熱心なことで・・・エルヴィンを責める前にやらなきゃいけないことがあるだろうに。

街中での女型捕獲。
自分が立てた計画を認めたエルヴィン。反逆罪だ!ここで処刑してもいいと言うナイル。
それでも構わない。ならば指揮系統を引き継げと言われてビビってます。

2体の巨人の戦いを見守ることしか出来ないアルミンたち。
エレンは女型に一度も勝った事が無い・・・不安要素いっぱいです。

力任せに拳を振るうエレン。前よりは効いてますがやはりエレンとアニでは戦闘力に格差があります。
手足をちぎられ、頭を潰されたエレン。

所々に挿入されるアニの過去が気になりますね。
世界中がお前を敵だと思っても父さんだけはお前の味方だって。
アニの父親は何を間違ったんでしょうか?娘を巨人にしたことか、巨人化させてでもやらなければならない事か。

ストヘス区の被害は甚大。
破壊された街を歩く少女の姿が痛々しい。
準備に手間取る憲兵団は自業自得って感じですね。

巨人を殺す!エレン、再起動!
 
暴走エヴァにしか見えないんですけど~
足が片方ないから時折這い蹲って進む姿が怖い・・・

巨人化しアニを襲うエレンは殺すことを楽しむようなトランス状態に入ってますね。
これも巨人化の影響なんでしょうか?

壁を伝って外に逃げようとするアニの指をミカサが切り落とす。

アニ、落ちて・・・
無表情なミカサと驚いたような女型の表情の対比がいいですね。

平地での戦闘。平地では立体機動が使えないために調査兵団のはさらに手も足も出せなくなってます。
アニの頭部をぶっ飛ばしたエレンはそのまま女型を食おうと・・・ ?

露になったアニは涙を流していた。一瞬の躊躇。
アニの体から光が発し、エレンとの融合を始めてしまう。
どういうことなの?

取り込まれそうになったエレンを助けたのは兵長!怪我だ、大丈夫なの?
アニはそのまま硬化し結晶の中に引き篭もり。

これでは情報を聞きだすことも出来ない。
結晶化は硬化ができるアニだから出来たことなんでしょうか?

目覚めたエレンにアニを見て動きを止めた事を責めるアルミン。
感情として責めているのではなく、エレンに現実を認識させるためでしょうね。

巨人化したときに感じたこのまま死んでもいいとさえ思うような高揚感。
巨人化のデメリットの緩和なのかな?でも戻ってこれなく可能性もあるし精神的に危険ですね。

事情聴取で壁の中に巨人化できる人間がいる事を指摘するエルヴィン。
我々の進撃はここからだと・・・

アニが引っかいた壁の中に巨人の姿がありました。
ウォール教はこの件に関わっているんでしょうね。

地下室の謎とか巨人化できる人間の存在とか、それを使っている黒幕の存在とかいろいろ謎を残したまま。
原作でも明かされていない部分もまだまだありますし、ぜひ2期をやって欲しいですね。

エンドカードはダイナミックマーケティングw
ストレートに宣伝してますw原作者さんなら問題ないやw

スタッフ、キャストの皆様お疲れ様でした。
ここまでお付き合いくださった方々に感謝です。
ありがとうございました。


http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2967-d49a6994
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/3451-e004c73e
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/910799
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3649-fa24dd62
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/tb.php/1120-902e36df
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/41a4252fa30c3563c27b0af9d2d961dd/ac
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/33b9f3e8130ef1e9b3fb91eba64d84de/c7
http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/275-73de9965
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2332-9bac19a1
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/2787-c4e44cad
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/1622-2c200159
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3212
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/5308-bd6aea40
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2013/09/shingeki-25.html
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/58295249
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/2efea3698140aaada2f792372b4cea3e/91
http://animegane1216.blog.fc2.com/tb.php/705-0c233ca9
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/7174-980b2b95
http://hikage27.blog130.fc2.com/tb.php/2598-59fb9eb3
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/7175-bfc8bc95
http://intermezzo.dip.jp/tb.cgi/20131006A
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/1d56feb96812bc63f2af8da9ea8d963b/56