新世界より(終)

新世界より 第25話「新世界より」

第25話「新世界より」

真里亜と守の子は悪鬼ではない。
何故野孤丸たちは無事なのか?悪鬼であれば人間、バケネズミ関係なく襲うはず。
薬物によるコントロールを考えてみても、悪鬼も業魔も薬物で何とかできるものではなかった。

逆転の発想でした。
バケネズミに育てられた子は自分をバケネズミだと思い込んでいる。
攻撃抑制と愧死機構は人間ではなく、バケネズミに対して発動するという事ですね。

早季が考えた作戦。奇狼丸を人間に見立て悪鬼の前に姿を現す。
早季が隠れるように後ろを走ってきたのは、人間が呪力で攻撃していると見せかけるためだったんでしょう。
別について来なくてもいいような気もしますけど・・・

悪鬼の攻撃が奇狼丸の胸を貫いた。
そこまでの深手を追いながらも、顔を覆った包帯を取り悪鬼に自分の正体を晒した奇狼丸。
してやったりと上がる口角。か、かっこいい!奇狼丸は最後の最後まで漢でしたね。

この戦いが終われば、全てのバケネズミのコロニーは駆除の方向に向かうだろう。
しかし大雀蜂の女王だけは助けて欲しいと言う奇狼丸。
その願いを聞き入れた早季。その約束で奇狼丸は迷わず命を掛ける事が出来たんでしょうね。
最期の顔も安らかだった。

愧死機構を発動した悪鬼は自爆。その姿を見た早季自身にも愧死機構が襲う。
「私は殺してない」と暗示を掛ける。計画しただけで発動とは結構シビアですね。
自分の立てた計画が殺したという思いに反応するのでしょうか。

瞬が教えてくれた・・・早季が口にした名前。覚も瞬を思い出したようです。

倒れた悪鬼を見つめる野孤丸。これで完全に形勢は逆転ですね。

何故こんな事をしたのか?早季の問いに戦術の一環だと答える野孤丸。
すべてはわが同胞のため・・・
人間と変らぬ高度な知性を持ちながら、呪力という絶対的な力に支配されてきたバケネズミたち。

自分が万死に値するのは負けたというその一点のみ。
仲間を捨て駒のように使ってきたのも戦術の一環であり、勝てばその犠牲は同胞達の未来への礎となったという事でしょう。
歴史は勝者によって作られるということですね。

絶好の機会を逃してしまった事を悔いる野孤丸。
メシアという絶対的な切り札と野孤丸の知性。この二つが再び同じ歴史上に並ぶ機会はそうそうないでしょうね。

バケネズミが殺した人達に心からの謝罪を要求する早季に対して、人間が虫けらの如く捻り潰してきた同胞達に謝罪すればと返す野孤丸。
早季たちはあくまでも勝者なんだなぁ。これは戦争だし、犠牲者はどちらにも出ている。お互い様ですよね。

鏑木肆星の遺体は八丁標に晒され、それを見た人々はパニックに陥り逃げ惑うしかなかった。
肆星や他の強い呪力を持った人間に依存していたことが良く分かります。

清浄寺から町に戻った早季の両親は不浄猫を解放。悪鬼の足止めにはなったようです。地味に活躍してた。
その後、図書館で危険な文書を処分。図書館から登る煙を不審に思ったバケネズミに襲われちゃったのかな?

動きが鈍った悪鬼。清浄寺からの調伏の護摩が効いていたようですが、それに気付いた野孤丸が清浄寺を襲い、僧侶は全滅ですか・・・
清浄寺の動きまで掴んでいたのか!?野孤丸パネェ!

裁判に掛けられた野孤丸。自分の名はスクィーラだと叫ぶ。
名前というアイデンティティを持ち続ける野孤丸がちょっとカッコイイなと思いました。

我々は人間だっ!
野孤丸の叫びは聴衆の笑いにかき消される。裁判官は笑っちゃダメでしょ。

無間地獄の刑を言い渡されたスクィーラ。
全身の神経細胞から脳に極限の苦痛を送りつつ、呪力によって損傷を修復し、死という解放を与えないとは・・・
まさに無限に苦痛を強いられる。憎しみに駆られた人々はどこまでも残酷になれるんですね。

早季が尽力した事によって大雀蜂コロニーは存続が決まったようですね。
これで奇狼丸に恩返しが出来ました。

バケネズミの正体。
禁止されていたバケネズミの遺伝子解析を行った覚。

元になったハダカデバネズミの染色体は30対。しかしバケネズミは23対。
他に23対の染色体を持つのは人間とオリーブの木くらい・・・木から生き物は作れません。

呪力を抑えるために作った攻撃抑制と愧死機構。しかし呪力を持たない人間に抑制は働かない。
呪力を持った人間にも攻撃できるという事です。
だから攻撃抑制と愧死機構が働かない存在にまで貶めたということなんですね。
やはり大元は普通の一般人だったのか。特権階級の傲慢で姿を変えられ、使役されれば反乱したくなるのは当然ですね。

罰を受け続けるスクィーラに会いに来た早季。
ただの肉塊になってますやん!これはかなり悪趣味ですよ。

出会った頃の話は見ているほうも半年くらい前の話ですから懐かしいです(オイオイ
最期は早季の手で火葬。人々の憎しみを上回る真実を知ってしまった早季だから出来たことでしょうね。

さらに10年。ここでやっと中の人交代。不浄猫の仔猫かわいいなあw
早季と覚は結婚し、子供が生まれるようですね。
最後には1班のメンバーも出てきましたね。

キレイに終わったんじゃないでしょうか。
作画の乱れと途中ちょっとダレたのは否定できませんが、さまざまに張られた伏線も回収されてスッキリ。
前半は原作をかなり端折っているらしく、ポカン?な部分も多かったけど、後半の盛り上がりは良かった。
視聴者のほとんどが悪鬼のからくりに気付いてましたし、悪鬼と奇狼丸の対峙をダラダラやらなかったもの好感。
さて、買ったのにアニメが終わるまで~と我慢していた原作読みますw

お疲れ様でした。


http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/3202-0e117b13
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3047-72ab9ca7
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4167-5d7178a6
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sumi4460/67832301
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67832301.html
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/984-012a8eaf
http://strrratgpt.blog.fc2.com/tb.php/650-3a4eca18
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/683-924b9a5b
http://animenikilog.blog38.fc2.com/tb.php/213-54ee7824
スポンサーサイト

新世界より 第24話「闇に燃えし篝火は」

第24話「闇に燃えし篝火は」

瞬の姿を追った早季は奇狼丸と合流。
怪我をした覚を休ませて早季と乾さんを探しに来たようです。

悪鬼に出会い怪我をした覚。逃げ切れたのは奇狼丸のおかげだったのかな?

乾さんは残念だったが、サイコバスターは無事に入手。
サイコバスターを首に掛ける覚。怪我をしている悟るに持たせるわけにはいかないと言う早季に交代で持つことを提案。
そう言いながら持たせる気はないでしょう。早季に負い目を持たせないための発言ですね。


真里亜と守の子は本当に悪鬼なのか?
バケネズミに育てられたのだから、自分が人間である事に気づいていないだけかも?
気付かせる事が出来れば・・・
ここまで来てまだそんなことを言う早季に苛立つ覚ですが・・・

サイコバスターを手にし、一旦引くという選択もあるが、このまま悪鬼を倒す事を選ぶ。
狩りをしている方は自分が狩られる方に回った事をギリギリまで気付かない。

早季と覚の姿を悪鬼に晒す事で誘導しておびき出す。
見咎められたら逃げられないと躊躇する二人ですが、自分たちだけが安全な方法を取れるはずがありません。
これまでに重ねた犠牲の上に託されている事を自覚しなくちゃいけませんね。

雨が降り始め、臭気が消える前に相手に気付かせなければならない。
陽動に向かった奇狼丸。

早季たちの目に姿を現した悪鬼ですが、赤い髪しか見えないし、ちょっと尺が足りません。
暗い洞窟の中、半ばパニック状態でしっかりと確認できるはずもなく、逃げ出す二人。

しかし悪鬼は追って来ない。
二人が逃げる方向に崩落を仕掛けていた野孤丸。最初から罠だったのね。

本物の悪鬼さんが現れる。
悪鬼の前に鏡を作る覚。早季の言うように悪鬼に自分が人間だと気付くか確認するようです。
ここでそんな悠長な事しなくても・・・

悪鬼は自分の姿を始めて見たのか、自分を自分と認識できていませんね。
鏡に映った自分(人間)に攻撃。

悪鬼を前にしてサイコバスターを使う覚ですが、このままでは覚も巻き込まれてしまう・・・
これ以上愛する人を失いたくない・・・早季さん、覚の渾身の一撃を燃やしちゃいました!?
ここまで来てめっちゃ私欲で動いたわw

千載一遇のチャンスを失い、追い詰められる。バケネズミの銃撃から二人を助ける奇狼丸っがかっこいい!

野孤丸から話し合いの申し出がある。言っている事は普通なんですけど、これまでのやり方がやり方だけに胡散臭いったら!
返事をすれば位置がバレ、生き埋めにされるだろう・・・

相手も同じでこちらが相打ち覚悟で地下道を崩落させる事を危惧して、決定的な手が打てない状況。
後悔し諦めかけた二人ですが、バケネズミは心臓が鼓動を止める瞬間まで逆転の方策を考えると・・・

奇狼丸がかつて東京に来たのはやはり兵器入手のため。
人間とバケネズミが良好な関係を築いている思ったいたのは人間側だけ。
人に取って代わろう言うのではない。奇狼丸の望みはコロニーの繁栄と存続。
その点で同じバケネズミでも野孤丸はコロニー(女王)を重視していませんから、相容れないところなんでしょうね。

瞬の声が聞こえる。奇狼丸が切り札になるかもしれない・・・

悪鬼ではなく、バケネズミと思い込まされてるパターンですね。
とすれば攻撃抑制と愧死機構がどこに向かうかも自ずと分かるはず。
奇狼丸が切り札になるってのはそういうことか・・・

瞬と心の会話をして悪鬼を倒す方法に気付いた早季。
分かるように説明してくれ!そういえば早季って順序立てて話せない子だったw

これまでもいくらでも悪鬼を倒す機会はあったが、思い込みからそれに気付かずチャンスを潰してしまっていたんですね。

倒す方法は見つかった。
30分早いー!次回で最終回。どう決着を付けるのでしょうか?
後日談があるのかも気になります。


http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/3190-f7d9fff7
http://skgc0411.blog.fc2.com/tb.php/28-4c4bdc3a
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3018-067dc855
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4154-03e0db7e
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/6801-796cd17b
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/962-e05f01de
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2740-31d05c12

新世界より 第23話「少年の顔」

第23話「少年の顔」

サイコバスターを求めて地下道を進む早季たち。
まだまだ異様に発達した生物が襲ってきているようですね。

異常な生物の進化は呪力の漏出のせい。少しずつ漏れ出した呪力を八丁標の外に流している影響なんでしょうね。
東京がここまで荒廃したのも、人間の中にある「東京は地獄」というイメージが漏れ出た呪力に乗ってさらに荒廃させていったらしい。
呪力イメージハンパネェなぁ。

奇狼丸が今回も頼りになります。
敵が二手に分かれた事、地上にも別部隊がいることなどを探知してくれます。
早季たちだけではあっという間に捕まるか、地下生物の餌食だったでしょうね。
その反面、情報の後出しなども見受けられてイマイチ信用し切れないを残してます。

得体の知れない影に襲われた早季たち。
すぐに逃げるよう指示する奇狼丸。かつて東京を訪れた際も失った兵のほとんどがあの影にやられたとか。
集団で生物を襲うダニですか・・・しかも柔らかいところだけ食べるって嫌だなぁ~

サイコバスターにたどり着くには水路を上流に向かって進まなければならない。
囮と潜水艇を取りに行くチーム。二手に分かれることを提案する奇狼丸。
ここは時間との勝負もあり、奇狼丸の提案に従います。ここまで進んだのに戻るの辛いなぁ~

鳥獣保護官の生き残りというより死に損ない・・・
そんな悲しい事言うなよ!しかも何があっても渡辺さんには生き残ってもらうとかフラグ固めてるし(泣

潜水艇を取りに戻る早季に奇狼丸は信用し切れないという乾。
奇狼丸が東京に着た理由もハッキリしないし、兵の1/3を失うまで探索を続けるとは思えない。
この辺は奇狼丸(バケネズミ)をよく知っている乾さんらしい視点ですね。
現時点で信用できるかどうかは置いておいて、頼りになるのは間違いないです。 信用できると思うけどな。

潜水艇までたどり着いたが、既に日が沈みミノシロモドキの充電が切れてしまった。
夜間に海岸に近づくのは危険。そう言っていたにも拘らず、日没だと分かっているのに自分達を行かせた事も信用し切れない理由のようですね

巨大なゴカイに襲われる潜水艇。ここは乾さんが呪力でゴカイを粉砕してくれました。
ゴカイの緑の体液を浴びてしまった早季。臭そう!

急いで水路を進む。潜水艇の中で謎の少年の声を聞く早季。

呪力は想い。早季の心の中で少年は生きているようです。
最後の最後に呪力で自分の気持ちを早季の中に流し込んだって事?稀に見る逸材君はパネェです。
でも名前を尋ねてもまだ思い出せないの?とか勿体ぶる焦らしプレイはもう飽きたぞw

少年は真里亜と守の子は悪鬼ではないと囁くが、乾さんに現実に連れ戻されました。
ぶつぶつ1人で会話してたら危ない子ですよね~wでも、何故、瞬は子供が悪鬼じゃないって分かるんだろ?

浮上した空間の天井には無数の土ボタルが張り付いていました。
ナイトカヌーの記憶が甦る早季。記憶の封印が解けるフラグも着々と構築中。

乾さん充電器!?呪力で直接電気を流し込んでミノシロモドキの充電完了。
いや、なら何時間もかけて充電しなくても・・・最初から呪力使えばいいじゃん。

取り合えずゴカイの体液を流し着替える早季。このサービスシーンは必要?w
分かれた地点に戻ったが、覚と奇狼丸の姿が見えず先に進む。

水路の先は行き止まり。ここからは地上に出る事になる。
呪力で気泡を作って水中ヘルメットにして進むんですね。
ミノシロモドキたんは完全防水使用なので問題ありません。

ゴカイ襲ってきたーーーっ!!
早季に知らせようと必死に合図を送っていたので対処が遅れたのか、乾さんここで退場?
呆気ない・・・なんだよこれぇぇぇ!

1人で先を進んだ早季はサイコバスター?を発見。
ペンダントに仕込まれているんですね。一緒に置いてあった手紙には何が書いてあるんだろう?
金庫に剥き出しで置いてあった割に手紙がキレイ過ぎるのが気になる(単に作画的な意味で)

朝が来て地上に出た早季が見つけたのは瞬。
早季の記憶が戻った事で、顔の無い少年Xから青沼瞬に戻りましたね。
瞬を追いかける早季。瞬は何を伝えようとしているんでしょうか?
急展開で思わせ振りな所で終わりましたよ、気になりますよ!

次回はまた覚と合流できるようですが、サイコバスターは使わせないのかな?


http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/3178-c6ee34fd
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2991-b8fbee25
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4141-80350e21
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/939-a6244344
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2733-ad92c89a
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/6778-8ce98182
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/644-bf5b6608
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-644.html

新世界より 第22話「東京」

第22話「東京」

バケネズミ語を叫びながら撤退した乾さん。芸は身を助ける、ですか。
バケネズミの言葉を叫んでしたために、ニアミスした悪鬼は乾さんに攻撃しなかったんですね。

気を失った乾さんを清浄寺まで運んでくれたのは奇狼丸。
ここで合流ですね。

母からの手紙にはかつて人類が保有していた大量破壊兵器の情報が記されていた。
サイコバスターね。如何にもアメリカ人が好みそうなネーミングw
多くの武器や破壊兵器は失われたが、1000年後の今でも残っている可能性があるという。

呪力を持たないものが、持つ者を殺戮するために開発した兵器。
これが最後の希望になるとはなんとも皮肉な話です。

早季が母から託されたのは小さなミノシロモドキ。
ミラーサイトって感じかな?
太陽光に充てて6時間充電とちゃんと取説つき。物持ちいいですね。
何も分からない状態なので、解説係のミノシロモドキゲットは心強い。
(見ているほうもw)

ミノシロモドキミニ(笑)を充電中に奇狼丸に面会する早季と覚ですが・・・
乾さんの恩人にもかかわらず、異類という事で地下牢に幽閉されていました。
野孤丸の起こしたクーデターでバケネズミはコロニーに関わらず処分の命が出ていますから、この扱いは仕方ないとは思うけど・・・

奇狼丸の精鋭部隊は悪鬼に襲われ全滅していた。
武器を奪われた兵たちが奇狼丸を逃がすために悪鬼に向かって行ったのか・・・
奇狼丸は自分の命を懸けるに値する大将だったんですね。奇狼丸なら納得できます。

あっさり奇狼丸の鎖を取っちゃう覚に迂闊な印象が残ります。
ここまで信用するに足りるエピソードがもう少し欲しかったところです。
呪力があるから何とかなるという驕りの片鱗を感じてしまう歪んだ大人でごめんなさいw
それとこれとは話は別で、奇狼丸の合流は心強いし、奇狼丸大好きですw

サイコバスターは東京に残っている可能性がある。
東京・・・呪われた土地と言われてます。東京は地獄になったり、魔界都市になったり、相変わらずワンダーな場所ですねw

奇狼丸は1度だけ東京へ足を踏み入れたことがあるらしい。
毒ガスや放射能が残っているというのはガセらしいですが、そこで部下の3分の1を失ったらしい。
何故奇狼丸は東京に行ったんでしょうね。

是非道案内をさせてほしいと言う奇狼丸と乾さんも同行し、潜水艇で東京を目指す。
ただ水中に潜れますってだけの潜水艇のようですね。
結構、中は狭そうだし大人4人ではそう長く潜っていられない感じがします。

息継ぎで浮上したときに奇狼丸がバケネズミの臭いを察知。
人間だけだったらどうなっていたことか・・・奇狼丸センサー様様ですw


悪鬼が追って来た!何で分かったの?あっちも臭いには敏感だろうけど、基本は水中だし・・・
野孤丸はここを通ることを予測していたんでしょうか?
優秀を通り越して気味が悪いです。

東京に上陸した早季たち。ミノシロモドキの充電が完了し無事に起動してくれました!
手紙に書いてあった住所の場所を目指す。

しかし鳥を使って追跡されていました。
奇狼丸の体験から危険だと分かっていても逃れるために地下へ・・・

大量のコウモリのフンが発酵して蒸せるような暑さの中を進む。
さらにそのフンをエサに大量の虫が生息している・・・無理無理無理ーーーっ!
ああ、見ているだけで心が折れるわ。

どうやって子供を悪鬼に育てたのか?早季の疑問に突然変異だろうと答える覚。
その答えに納得出来ない早季。
突然変異の可能性もないとは言い切れませんが、人間の子供をさらって悪鬼部隊を作り上げるには確実性低過ぎます。
やはり他の方法があるんでしょうね。


臭いで相手の陣容を把握する奇狼丸。ここまで嗅ぎ分けられるのか。
その中には悪鬼と今まで出て来なかった野孤丸までいるようです。
この面子という事は、東京で最終決戦になるのかな?

天井から落ちてきた何かに襲われた覚。
血吸いナメクジ・・・ナメクジというよりヒルですね。
地下にはまだまだ自然のトラップがたくさんありそうです。

ナメクジの群れは乾さんが一掃してくれましたが、こんなに燃やしたら居場所が特定されないか?

不安を掻き立てる予告。終盤になってキーマンとして登場した乾さんに死亡フラグ発動。
さすが貴志作品はキャラの扱いに容赦が無いですわ。
瞬の声が聞こえましたが、早季ちゃん、またトランス状態になっちゃうんでしょうか?w


http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/3166-a60cca3b
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2968-5d558fcc
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4128-a92992bd
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sumi4460/67816671
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67816671.html
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/913-59a4aa64
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/6757-34717d44
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2726-9dd663de
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/626-8c81dc4c

新世界より 第21話「劫火」

第21話「劫火」

野孤丸の目的がえげつなかった・・・

空中に文字を描き、生き残った人間に冷静になるように呼びかける鏑木肆星。

「バケネズミに死を!」
肆星の言葉にシュプレヒコールを挙げ、団結し掛けたましたが、足元の地面が崩落。

バケネズミが地下道を掘り、巨大な落とし穴を仕掛けていた。
元々地中に巣を作る習性を持っているので、穴を掘るのは得意でしょうが、町の外から中心部まで密かに掘り続けて来た執念が凄まじい。

この状況で全員救えなかった肆星。いや、十分凄いと思います。やはり最強の呪力使いは格が違います。
肆星に向かって攻撃するバケネズミたち。兵器のレベルが戦国時代から近代に進歩してる!
技術の進歩がさらに加速してます。

バケネズミを一掃する肆星ですが、ついにヤツが姿を現した・・・
悪鬼の姿に立ち尽くす早季。何もできないまま瞬殺されていく人々。
新見さんが咄嗟に隠してくれなかったら、早季も危なかったでしょう。
そして悪鬼の姿。くせ毛の赤い髪。間違いなく真里亜と守の子供ですね。

無事だった覚がここで早季と合流。すぐに逃げろと。
みんなまだ肆星が何とかしてくれるという期待があったんでしょう。
しかし覚はいち早くそれは無理だと気付いていました。

攻撃抑制と愧死機構により肆星は悪鬼に攻撃することは出来ない。
人である悪鬼もそれは同じことだという考えは通じない。無意識下の呪力漏出。

悪鬼、業魔は自身で呪力の制御が効かない。
リミッター解除した状態で好戦的。どう見ても業魔より悪鬼のほうが性質が悪そう。

そういうところにいち早く気付く覚がいてくれて良かった。

呪力、カリスマ性、経験とどれを取っても肆星の方が上。
しかし今回は相手が悪かったとしか言いようが無い。
悪鬼の攻撃を受けた肆星がやられてしまった・・・

咄嗟にバケネズミの掘った穴に飛び込んで難を逃れた早季たち。
横穴で息のあるバケネズミを見つけて尋問する覚。

野孤丸は兵を捨て駒としか見ていない・・・
そう説得しようと試みますが、大義のためなら一個体の命など取るに足りないと返すバケネズミ。
人間の圧政から解放されるための戦いだと言っていますが、ここまでするほどの酷い扱いはしていないはず。
それを人間に言われても聞く耳は持たないだろうな。
高い知能を持った我々は、人と同等に扱われるべきだと主張するバケネズミ。

だからと言って強硬手段に打って出れば互いの益にならないだろう。
バケネズミ側からすれば人間の益など関係ないんですけどね。
悪鬼をメシアだというバケネズミ。マリアの子だからメシアなのか・・・?

今から放送しても手遅れなのでは・・・富子様の最後の指示を守り公民館に向かうと言う新見。
自分の放送を聞いて1人でも逃げ切れることが出来ればと、ここで二人とはお別れです。

公民館から流れる「家路」
新見さんも脱出したと言う覚ですが、公民館は水力発電のはず。
水を止められた水路の水車が回るはずが無い・・・新見さんが呪力で水車を回していたんでしょう。
覚は気付いていながらも、早季の負担を軽くするためにあえて脱出できたと言ったんですね。

その音も途切れて・・・家路を流したのは清浄寺へ向かう早季と覚からバケネズミの気を逸らすためだったんでしょう。
囮になってくれたのか。新見さん、いい人だぁ!こういう人には生き残って欲しかったなぁ。

清浄寺へたどり着いた二人。結構サクッと着いちゃいました。
早季の両親も寺まで来ていたが、不浄猫を解放するために町に戻ったと聞き崩れ落ちる早季。
しかし両親は早季に何かを残しておいてくれました。

その前に鳥獣保護官の乾さんと再会。無事だったんですね。
塩屋虻コロニーの駆除に向かった保護官たち。しかしコロニーは見つけられず、3日目に小隊を見つける。
そこから出て来た子供に話しかけた保護官4人が一瞬にして消された!
コロニーに捕らえられた子供だと思って声を掛けたのかな。しかし5人のうち4人て迂闊過ぎますよ。
まさか悪鬼とは思わないでしょうけどね。

1人残った乾さんは町に知らせようとするが、5人一組で動く事を知っているバケネズミに捜索され動けなかった。
野孤丸は人間のやり方を徹底して調べ上げてますね。やっぱ情報は武器だなぁ。
バケネズミたちが一斉に移動し、やっと町まで戻って来た乾さんでしたが、祭で出払い誰もいない。

病院や託児所なら人がいると思い、向かった託児所で見たのは子供が奪われた跡。
コロニー間での争いでも相手の幼獣を戦利品として奪ってきた。

野孤丸が町を襲ったのは手段であり、本当の目的は人間の子供を奪う事だった。
倍々ゲームどころの話じゃない・・・
10年後、その子供たちが成長し呪力を使えるようになったら・・・
最強の兵器をいくつも手にしたバケネズミに対抗する術を持たない人間は駆逐される一方になるでしょう。
そして人間に成り代わり、巨大なバケネズミ帝国が完成すると。

人間の戦争においても捕らえた子供を兵士に育てるというのはありますが、レベルが違い過ぎます。
野孤丸、下衆すぎる・・・

真里亜と守も子を成すと、野孤丸に殺されてしまったんでしょうね。
野孤丸が奪った子供をどうやって悪鬼にしたのかは分かりませんが、これを止めないと負の連鎖が続いてしまう。

予告で奇狼丸が出てました!やっふい!無事だったよw
早季たちに協力してくれるのでしょうか?してください・・・


http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/3155-1023c626
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4115-1970fe7c
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/891-9bffffdc
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/603-631a95a6