K(終)

K 第13話「King」

第13話「King」

自己犠牲EDといった所でしょうか?

「宗像礼司個人としては、周防。お前を助けたい」

青の王としての慇懃無礼な態度とは裏腹に尊を助けたいと言う宗像の本音が見えました。
使命と個人の感情の間でやるべき事を選んだ宗像。

我輩ちゃんに続き、クロも白銀の王のクランズマンに。
白銀の王としての記憶を取り戻したシロはククリを助けるために動きます。

学園島から学生も赤と青のクランズマンたちも避難し、まだやり合っているのは八田&猿比古とクロだけ。
暴走する赤の王の力。八田ちゃんの刻印が熱を持ち、王の力の暴走を感じましたね。

ここでまだ回想やりますか?w
つるんで腐っていた八田と猿比古は周防に拾われたのか。
別に驚くほどの事もない。多々良は別格にしても赤のクランズマンたちは多かれ少なかれこんな感じなんでしょうね。

これ以上は無意味。二人を回収する鎌本がいいですね~
猿比古の小さな裏切りなど気にしていない。尊さんは器の大きい人だと言う鎌本に対して 器のデカイ人は嫌いだと呟く猿比古。
まぁ貴方は八田ちゃんしか目に入っていない感じですからねw 周防に懐く八田への嫉妬でしょうね。

無色の王を追い詰めたシロとクロ。
無色の王が悪しき王と認め一言様の遺言通り、無色の王を斬ろうとするクロ。

逃げようにも学園島にもう他の人はいない・・・
シロを油断させ、乗り移った無色の王ですが、逆にシロに取り込まれてしまう。
元の人格が分からなくなるほどにさまざまな人格を渡り歩いてきた無色の王。
他の王の力を取り込んで、唯一無二のただ一人の王になることを望んでいたんですね。

クロにククリを託し、宗像と周防の元に向かうシロ。
王を殺せるの王だけ・・・多々良殺害犯が自分の中にいると、自分ごと周防に無色の王を殺させる。

そして王殺しの負荷で周防自身の王の力も限界。
ダモクレスが落下するとクレーターが出来るほどの大爆発を起こすのかな?
落下寸前で周防を手に掛けた宗像。

宗像はやるべき事をやったんでしょうけど、本当は助けたかったんだろうなぁ。
周防のダモクレスの爆破を止めたことで、残された周防のクランズマンも助かったんだから感謝こそすれ恨む事はないでしょう。
周防は辛い事を押し付けて勝手に逝っちゃったって印象です。
話的にはキレイなんですけど、自分勝手な感じがします。

意識を取り戻したククリ。
クロもネコの思い出せるのに、シロのことだけはどうしても思い出せないのはどういう事なんでしょう?

シロの姿を捜すが、傘しか見つからない・・・
シロに届ける!と頑張る我輩ちゃんですが、シロがいないことを理解させるのは難しいようです。
不死の王・・・シロが別れ際に言った一言が希望かな?

周防の死によって赤の王の力はクランズマンから離れていく。
吠舞羅はこれで解散という事になるのでしょうか?
犠牲は多かったけど多々良の敵討ちに決着が付きました。

続編製作決定ですか・・・このまま終わっても続いてもどっちでもいいかな~
良く動く映像、キャラの耽美さや関係性という点では成功した作品だと思います。
ただストーリー的には説明不足は否定できませんね。
ヴァイスマンの研究の結果生まれた王の力やダモクレスの剣の存在。各王の関係性と必要性など、とにかくハッキリしない部分が多かった。
この辺は続編で語られるんでしょうね(語ってもらわないと困るからw)

1話1話は悪くないのにつながりと話のすっ飛ばしが分かり難くさせている原因だったのかな?
脚本はラノベ作家さんが7人(だっけ?)で担当したようで、横のつながりをもっと密にすると良かったのかもしれませんね。
残った謎部分を除けば、ストーリーに目新しさは無く手堅くまとめた印象でした。

続編でもっと化けてくれるといいなぁ~と思いつつ、お疲れ様でした!


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/t_cherry398/51705804
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/4c7b438e6f36f8595ca9a869a1d4d3e8/73
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1531-ddb5e64b
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/a15b6fbce06f4ccfe01ed5666a87149a/ac
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67768974.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2659-b9fc2588
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2115-a6bad17b
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4016-2c0ef575
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/440-4df66d27
スポンサーサイト

K 第12話「Adolf-K-Weismann」

第12話「Adolf-K-Weismann」

バトルシーンがやたらと気合張って格好良かった。
鎌本が動けるデブ(失敬)だったことに驚いたwww

一瞬現れて消えてしまったシロのダモクレスの剣。今回はお披露目だけでした。

記憶を取り戻したヴァイスマン改め伊佐那社。
う~ん、前回の感想のシロの正体の推理は半分当たって半分はずれって感じかな?w

シロは無色の王が捨てた体。シロの体の持ち主が無色の王になったどうかは定かではない。多分違うんだろうな。
無色の王は他の王に干渉することが出来る・・・
白銀の王は体を乗っ取られたが、不変、不死身、不干渉という特製から心と力は乗っ取られる事はなかった。
憑依されたのではなく、入れ替わりですか。シロが上空から落下したのに無傷だったのは白銀の王の不死の力の影響だったんですね。
多々良殺害は王をおびき寄せる餌だったという事ね。

無色の王を止めるために動き出すシロ。
まずは淡島に接触。白銀の王って飛べる(浮ける)んですね。
シロが何か説明してたけど、さっばどわがんねw浮かされて慌てる淡島姉さんが可愛かったのでおk。

シロは淡島と草薙に協力を求める。さらに赤青王はダモクレス出して一騎撃ち中。
その頃、クロは小競り合い中のクランズマンの説得。
みぃさぁき~と猿は全然話し聞いてねーしw
シロ宛に黄金の王から電話が掛かってきたり、なんとも慌しく終焉に向けて動き出した感じです。

無色の王の狙いは赤と青の王。王に干渉してその能力を奪うつもりなんでしょうか?
何にせよ邪魔な第一王権者を排除したいということでしょうね。

初めてのクランズマン。これまで特定のクランズマンを持たなかった白銀の王が初めて仲間にしたのはネコ。
関係のない生徒たちを避難させるためにネコの力を使う。

生徒はシロを覚えていなくても、シロにはみんな大切な友達。
やはり生徒たちの心のどこかに記憶は残っていたんでしょうね。名前は思い出せない。知らないはずなのに知っているような・・・ ああ、もどかしいわ!

問題は現在憑依されているククリでしょうね。
キツネ面は何匹いるんだろう?元々多重人格なのか、憑依し続けた結果他の人格を取り込んだのか?
まぁそんなことはどうでも良くて、最後にククリの人格が現れましたね。
この辺もククリが無色の王の元人格なのか、ククリが無色の王の隙間から出て来たのか微妙。前者はないだろうな。

次回で最終回。赤の王のダモクレスの崩壊は止められるのか。
白銀VS無色の決着の行方は?
シロは一人で無色の王と決着を付けるようですが、黄金の王との会話から刺し違える覚悟でもしているのでしょうか?

あれだけのミニを履きながら、淡島さんのガードが鉄壁過ぎます。
太ももだけでもすばらしかった(結局そこかいっ!w)



http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51705018.html
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/2ba3a3c652f481ec50d221e596702ffd/73
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1525-c6fce92c
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/131291ed3b929b18aae13343ed00dcc9/ac
http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=910012
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4004-1a1173d0
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2651-98ec505d
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2111-204b6ab7
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/425-473addc7

K 第11話「Killer」

第11話「Killer」


あらあら何やら怪しい人物が爆弾仕掛けてますけど?

宗像の周防への提案は聞く耳を持たれず物別れに終わる。
腐腐~腐な前回のあらすじw狙っちょるねぇ~

シロを探すために学園島を占拠したホムラ。
そのホムラから学園島、学生を救うために突入を決めるセプター4。

ちょっと踏み切れない感じの宗像が良いですね。
淡島副長に指揮を任せる宗像。抜刀シーンはいつ見ても笑えるw猿、タメ過ぎですw
対抗して声を上げるホムラもなかなか楽しませてくれますw

学園のあちこちで爆炎が上がる中、両クランズマン同士の全面対決。
刀に対して金属バットで対抗するホムラ。チームカラーが良く出てるなぁ。

学生さんたち右往左往してますけど、大義名分的にセプター4はまず学生の安全確保が先じゃないか?

単独行動に出る宗像。爆発で吹き飛んだ瓦礫からホムラのクランズマンを助けたら刺されたよ!
あれ?こんな知恵の回る集団とは思えない・・・

狙われたアンナ。
何かに気付き、屋上を見て「見つけた・・・」と呟いたら狙撃されました。
アンナちゃん無口過ぎて何の情報も残せてないやん。

宗像が刺され、アンナガ狙撃された。当然のように両者の対立は激化していきます。

ククリに向かって学生が飛んできた!?アンナを狙撃したヤツかな?
間一髪のところでククリを救ったのはクロ。やっと主人公組到着です。
で、飛んできた学生君はどうなったんだろう・・・

逃げる途中、周防に見つかった。
我輩ちゃんの能力で空間を捻じ曲げたけど、一瞬して解除する周防。王の力なんでもアリです。
クロが対抗しますが、周防の王の力の前では全く歯が立ちません。

周防の攻撃を止めたのは宗像。あらあら赤青対決が始まっちゃいましたよ。
その隙に逃げ出したシロたち。

シロの怪我を見てあげると近づいたククリがシロを刺した!
黒幕はククリ?というかククリに憑依したキツネ面でした。

キツネ面はシロの深層心理に語りかけ、全てを忘れてまた眠れとか何とか。
我輩ちゃんの声に気がついたシロ。いきなり人格変ってる?

空に新しいダモクレスの剣が現れる。
シロが無色の王として覚醒したのかと思ったら自分はアドルフ・K・ヴァイスマンだと名乗って・・・

ほわ?また置いてけぼりですよw
シロは無色の王ではなく、白銀の王だった・・・
まぁいきなり過去に飛んだ時点で、シロとヴァイスマン、キャラ被ってね?とは思いましたけどね。

シロは記憶を封じられた白銀の王。真の黒幕はキツネ面?
ここまで名前が出て正体不明なのは無色の王(一言様は別ね)
キツネ面の正体は無色の王か?トリックスターとか言ってたしなぁ。
個々によって発現する能力が違うって事は憑依できるヤツが現れてもおかしくない。

飛行船から降りないの白銀の王を見たものはいないし、すり替えは容易でしょう。
カッキー・ヴァイスマンは影武者だったんかなぁ~
もしくはもっと高位というか始まりの王以前に現れた存在って可能性もあるけど・・・

という事で二転三転する物語。どんでん返し展開は面白いんですが、イマイチ伝わって来ないのは何故だ?
多々良殺害の話から随分離れてますけど、そこは放置でいいんだろうか?
残り2話でどう締め括るのか?その辺りでこの作品の評価が大きく変わるでしょうね。



http://magicmadiamidori.blog.fc2.com/tb.php/398-d241b619
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1516-a3dfae27
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/4b104d8148d247bb1bb5f8569569cfa8/73
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3991-191602db
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/909989
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2105-bf1dd916

K 第10話「Kaleidoscope」

第10話「Kaleidoscope」


前回のヴァイスマンやら御前の話はすっ飛ばして・・・

シロを見つけるために学園島を急襲する赤のクラン。

突然の事態に状況が飲み込めず騒然とする生徒たち。
おさない、はしらない、しゃべらない
学校爆破されておはしの精神解かれてもwww

シロを見つけ出すことが目的で、生徒に危害を加える気はないと言うけど、赤のクランマンたちはオラオラだからなぁw

赤のクランが学園島を占拠したと聞き、島の周囲を固めるセプター4。
周防の脱走を許してしまった事を謝罪する淡島。
君の屈辱を噛み締めている顔というのも意外と悪くないないですね(ドS発言いただきました!)

赤の王を止められなかったことで責任を感じるのは結構な思い上がりじゃないですか?
それ程までに王というのは格が違うものなんですね。

猿くんはなんだか苛立ってます。
猿比古と八田くんの回想入りましたけど、猿がセプター4に鞍替えしたのは八田ちゃんが周防に懐いているのが気に入らなかっただけなの?
やっぱ狙ってるわねぇ。

冬には一人おそばに欲しい赤のクラン。尊様の自家発電(違っw)
雪のチラつく中でも大事なロリっ娘を凍えさせる事はありません。ライター機能も搭載w
キャンプの時とか便利だろうなぁ~ (オイオイ

草薙に連絡してきたのは淡島かな?
周防を呼び出したのは宗像。

学園島から手を引けば今なら穏便に済ませられる・・・関係のない一般生徒を巻き込むな。
宗像は周防が王かもしれない十束殺害犯を殺す事でヴァイスマン偏差が限界を突破する事を危惧している。
ダモクレスの剣は王の力の象徴。王の状態を表している・・・冒頭のボロボロの剣は周防の剣ですね。
王が力を失うと剣が落下。カグツクレーター以外に落ちたって話が出て来ないので、力の使い過ぎが原因なんだろうか?

いつも冷静な宗像が周防を押し倒したぁぁぁ!近い!顔近いってばよwww
王の力だの何だのって事より友人(意味深)を失いたくないと・・・
もう薄い本が厚くなる展開ですねw

しかし周防には王の力など関係ないようです。ただ自分の大事な仲間を守る。
仇を討つ。それが周防にとってのけじめなんですね。

寮に戻ってきたシロたち。主人公チームなのにすっかり空気ですw
戻って来た部屋は爆破で惨憺たる有様。割れたお茶碗を持ってしょんぼりするネコが可愛いね。

一言様にお伺いを立てるまでもなく、次にすべき事は決まっている。
クロの力強い言葉に頬を染めるシロ。だから何で?www

真新しいダモクレスの剣が登場しましたが、あれはシロが出したのかな?
王の力は代替わりしてもそれぞれの特徴を受け継ぐようですが、無色の王は個々によって発現する能力が違うようです。
シロが無色の王だったらどんな力なんでしょうね。


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sumi4460/67753274
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/376-ef289f06
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/6495-d873ccd2
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2099-9361d3d4
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/003661cba36f77e2e58e3b45d9162f0e/73
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3978-02dc8203
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/973-06d0deb1
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/909965
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1508-770c0c4b
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2631-90e01adb
http://blog.so-net.ne.jp/gomarz/2012-12-10-1/trackback

K 第9話「Knell」

K 第9話「Knell」

もう若干というかどんどん置いてけぼりにされているような感覚ですが、K9話感想です。

1945年。こっちの世界なら第二次世界大戦末期。
石版を前にマウスで実験をする研究者。
シロに似ているけど、この人が若い頃のヴァイスマン=白銀の王で、軍人さんが黄金の王か。

王の力は謎の石版から供給されてるようですね。
それにしてもネズミさんまでダモクレス出せるとは・・・強力なのか、チートなのかw

実験の失敗?ダモクレスの暴走?によって姉を喪ったヴァイスマンは飛行船に引き篭もったのね。
黄金の王は白銀の王には不干渉なのは旧知の中だからってことかしら?

時代は現在に戻る。
墜落した飛行船とヘリの調査。飛行船の方は都市伝説化してますね。

今回主役3人組はお休み。
墜落したのに誰の遺体も見つからない・・・

セプター4の調査中に現れた謎のウサギ(面)さんたち。黄金の王の配下の方々のようです。
ヴァイスマンの体は黄金の王が持ち帰っていました。

黄金の王に面会する宗像。突然宇宙空間キタ!もう何がなんだかwww
始まりの王。不変で不死のヴァイスマン。踊っていた人形は姉の代わりなのかな?
不死って言うんだから死んではいないんでしょうね。

まだ学園祭の準備してますよ。ククリちゃんは相変わらず可愛いですw
みんなの中からシロの記憶は消えてしまったけど、誰かがいた、という記憶は残っているんですね。
学園祭のために貸してくれると言うのでお片づけに向かったのはシロの部屋。
いらないものばかりだから捨てていい・・・ちょっと寂しいよね。

尊に電話。コードレスかよwwwおもちゃかと思ったら繋がってる上にキツネが出て来た。
多々良を殺したのはこのキツネ?自称ロリコンのキツネがアンナを狙うなんて言うからリーダー本気出しちゃいましたよ。
大人しくしていたのは向こうからの接触を待っていたのかな?

逃げるキツネを追いかける尊。え~っとどういう能力か分かりませんが相手の居場所を突き止めました。
そこは学園島の寮の一室。シロの部屋か。でもキツネ面を被っているのはどう見てもシロではありません。
キツネは白銀の王の使い魔的な何かでしょうか?学園の生徒を使って尊に連絡していたのかな?真犯人て感じがしない・・・
尊の能力で部屋ごと爆破。巻き込まれただけなら、この生徒さんは気の毒です。

尊の本気怖ぇぇぇ!赤目の尊さん怖いけど格好いい!あっさりと脱出。
これが王の力?宗像さんはどこまで分かっていたんだろうか?

セプター4の幹部も全く歯が立ちません。足止めにすらなっていない状態。
元赤のクランの猿比古が何とか尊の炎を凌いだけど、ダメージは大きいです。
お勤めご苦労さん状態でホムラのクランズマンたちがお出迎え。

学園島へ向かう赤のクラン。
次回は尊と宗像が直接対決。なんか予告が腐女子歓喜な構図でしたわねw
若い頃のヴァイスマン(取りあえず今も若い)とシロが似ていましたが縁者なんでしょうか?
シロの正体がなかなか明かされないなぁ~まさかラストまで引っ張るつもりじゃ・・・


http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2623-ffddd4b0
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3964-c294246f
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67748506.html
http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/1164-964cac6a
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/909934
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-345.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2093-5d6ad33e
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/961-9f6280a0
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/4898-af3119e3
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1502-6a4d344c
http://blog.so-net.ne.jp/gomarz/2012-12-03/trackback