あの夏で待ってる(終)

あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」

第12話 「あの夏で待ってる。」

りのんエアバッグ機能つきだったのかw
事故ったけどりのんのおかげで全員無事。

ここは任せて。
満を持して檸檬先輩戦闘開始。改造車マジぱねぇ! ロボワゴンだったのかwww
先週から一気にSFになりましたね。複雑な恋愛模様とはなんだったのか・・・
いやぁ、こういうトンデモ展開大好きですw

迎えに来たはずのエミカ姉ちゃんも全面支援。おまいらどんだけ愛されてんねん!
りのんまで2人のために盾になるとか胸熱。

檸檬先輩マジMIB!?
そして真奈美さんの旦那さんまでwwwwww
何だよこの町www

私のせいで・・・
やっぱり責任を感じてしまうイチカですが、海人は謝ってはいけないと。
みんなはイチカのためだけじゃなく、自分の想いのために頑張ってるんですから。

イメージの場所を目指してしばし電車で互いの気持ちを確かめ合うイチカと海人。
ずっと好きでいて・・・
もうフラグにしか感じない会話ですが、互いを好きな気持ちはヒシヒシと悔しいくらいに感じますわ。
甘い会話なのに切ない・・・

着いたのはイチカのイメージの場所でした。

やっと見つけた場所ですが、宇宙人との接触の証拠はもうありませんでした。
しかし追っ手は待ってくれない・・・

傷つけられる海人を見てこれ以上は耐えられないと帰ることを決めるイチカ。
それでも二人の心は離れることはない。そんな風に感じる別れですね。

イチカの遺伝子に組み込まれた記憶の主の声が響く。
数世代前に地球に不時着し、この星の人間に助けられたご先祖様?

接触を禁じられた民族との記憶は消されてしまう。
記録としてではなく記憶として、イメージとして刻まれた想いに導かれて出会うことが出来た。

過去の想いはイチカと海人の接触によって遂げられたのか・・・

時は過ぎて制服が冬服になった頃、転校する檸檬先輩が残したフィルムには忘れられない夏がたくさん詰まっていました。

死んだ人間はきっと誰かの心へと旅立つ。
思い出となって生き続けるけれど、人の記憶はどうしても消えていく。だから何かを残したいとカメラを回す海人。

何かを始めたいと思っていた夏は予想以上、期待以上の夏でした。

フィルムを見る海人、柑菜、哲朗、美桜。
それぞれの想いが表情一つ一つに出てすごく切ない。

MIBに復帰した?檸檬先輩。特別顧問がりのん!?
MIBマジMIB!!

海人たちの映画は受け継がれていた。恒例!と書かれた文化祭での上映会。
ラストカットが新規じゃないですかっ!
イチカが七海姉さんのお土産の衣装ですよ!帰って来れたんだぁ!
すごくスッキリしたラストですよ。思わせぶりな終わり方になると思っていたけど、きっちりとハッピーエンドでした。

イメージの場所で聞こえた永遠の17歳のお姉さまのおかげか、MIBの活躍かはわかりませんがレベルFは返上できたようです。

面白かったです。
最近のアニメは2期を連想させる終わり方とか、思わせぶりに視聴者に投げるものが多い中できっちり決着してくれたのは良かったです。
まぁ柑菜の件は置いておこうか。3年後に期待ですからw

1クールでもきちんと描き切った部分は大いに評価したいと思います(偉そうですみません)
短い中でも登場人物の心理の掘り下げも丁寧だったし、恋愛、SFの絡みも上手く機能したと思います。

映画を完成させた終わり方は本当に良かったです。


スポンサーサイト

あの夏で待ってる 第11話 「行かないで、先輩」

第11話 「行かないで、先輩」

救難信号発信、救難ポットロスト。

MIBが本格的に動き出したらしい。(違っ

拘束され、逮捕される前に妹を救いに来たエミカさん。
無事が確認できたのだから報告すれば済む話じゃないの?

見た目はなんら変わらず、言葉も想いも通じてるのに俺らの地球は接触禁止のFランだってさ。
大事になる前にイチカを連れ戻しに来た・・・これが家族に出来る精一杯なんでしょうね。

海人は自分も連れて欲しいと言いますが、原生生物ですから無理です。

イチカ先輩がまたまた後ろ向き。
自分が帰らなければ大変なことになる・・・

話し合う余地のない話し合いから逃げ出したイチカ。
柑菜が撮影に来ないラブラブバカップルを迎えに来たら、裸足で落ち込む彼女先輩に遭遇。

事情を説明するイチカを責める柑菜。
好きな人を残して行ってしまえるほど、簡単に諦められる気持ちだったのか?
自分がどんな気持ちで・・・

海人とイチカの幸せは2人だけのものじゃない。 柑菜、哲朗、美桜の涙の上にある幸せですね。

檸檬先輩がイチカ姉に接触。
イチカの中のイメージ(の風景)はエミカさんの中にもあり、遺伝情報として組み込まれているようです。
何故そんなややこしい事をしたんだろう?
星をスキャンしてもイメージの風景は見つからなかった。星全体をスキャンてすご過ぎますよ。

諦めないと言う海人の頬にキスをしたイチカ。
また自己完結ですか?先輩。

柑菜から事情を聞いた哲朗と美桜がりのんジャンプを阻止!
帰りたくない、離れたくない!やっと本音を吐き出したイチカ。

そこへ檸檬先輩から朗報。イチカが地球に残れる可能性を持って来ました。
イチカやエミカの中にあるイメージはかつて宇宙人と地球人の接触があった証拠かもしれない。
そうすれば地球は開発レベルFではなくなる・・・

イチカの情報と実際の地図を照らし合わせ、イチカの情報にない場所を探す。
イチカの捜索は既に始まっており、残された時間は少ない。

柑菜に告った。沖縄で美桜に告られた。眠気覚ましに爆弾発言かました哲朗。彼の中でもひとつ区切りがついたんでしょうね。

美桜がポイントを見つけたが、イチカ捜索隊の動きの方が早かった。りのんの転送が使えない!
地球全体にアンチフィールドってまた規模のデカイ話だこと。焦るりのんが可愛い。

無人で横付けしてきた1台の車。無人じゃなかった。ちっさくて見えなかったwww
救世主?檸檬先輩登場。永遠の17才ですが、免許は一通り思っているそうです。
運転テクがやばいわ。

捜索隊はイチカの生体反応を感知して追ってくる・・・

捜索隊を巻くために哲朗と美桜。続いて柑菜が囮になるというベタベタ展開ですが、嫌いじゃないぞぉ。
追われながら海と柑菜抜きで2人で映画に行こうと美桜を誘う哲朗。
どこか吹っ切れた感じの哲朗と嬉しそうな美桜がいい感じです。

好きな人には笑顔でいて欲しいから。
自分の好きな人の好きな人を嫌いになれないんだろうなぁ。

3年後に死ぬほど後悔させてやるんだから!そういって車を降り駆け出す柑菜。
させたれ!させたれぇぇぇ!!

こんないい子なんだからきっとステキな恋が見つかるよ、うんうん。

エピローグは神任せと海人にカメラを渡す檸檬先輩。 映画のエンディングはシナリオのないぶっつけ本番。
海人とイチカが迎えるのはどんなエンディングでしょうか。

車ごと破壊に掛かる救難ポッドくんにこしゃくなと攻撃を加える檸檬先輩。改造車!?どこ仕様ですか?
しかしステルスポッドにぶつかり車が横転。
3人は無事なのか?というところで次回です。

檸檬先輩はマジで何者なんでしょう?
前半のイチカの迷いや悩みが檸檬先輩で全部ぶっ飛んでしまったw

次回で最終回かな?
海人とイチカの未来はどこに向かうのでしょうか?


あの夏で待ってる 第10話 「先輩と僕らの。」

第10話 「先輩と僕らの。」

晴れて両想いになった海人とイチカ。
イチャイチャイチャイチャ。これはイチカさんちょっとウザイかもです。
好きな人が好きだと言ってくれた。まぁこれは舞い上がっても仕方ないかな。

海人くんが好きぃぃぃと大泣きした後、あっさりと哲朗を振り切って帰ったのか。これは哲朗の立場がないですね。
落ち込む柑菜を見舞った哲朗ですが、幼馴染という立場にまだ逃げるのか・・・

彼女なりの精一杯の強がりも柑菜を見てきた哲朗にはわかるんだろうな。
でもそれじゃいつまで経っても伝わらない。

海人の気持ちを察して後押ししたり、柑菜の気持ちを海人にばらしたり、引っ掻き回してた哲朗だけど、ヤツが一番停滞していたというわけです。

美桜に何故イチカを映画に誘ったのかと尋ねられた哲朗。
海人がそうして欲しそうだったから・・・撮影を通して柑菜と海人の距離が縮まればといいとも思った。

海人も柑菜も2人とも応援したかった。少しの本音と少しの打算。

片想いループであちらを立てて、こちらも立たせるというのは非常に難しいわけで、哲朗自身も結果なんて予想できなかったでしょう。
でもやっぱりどこか棚ボタは狙ったいたわけですね。

美桜も柑菜も自分の気持ちを吐き出した。哲朗くんはどうなの?裸族さんの問いかけに心を決めた哲朗。

裸族さんの変わりようがすごいですね。引っ込み思案な人見知りキャラからどこか達観した雰囲気に変わってます。

柑菜を呼び出した哲朗。
ずっと柑菜が好きだったと告白。でも柑菜は海人が好きなことも知っている。

だから無理強いはしない。自分が傷ついても気持ちの押し付けはしない。
だって相手が他の誰かを好きでも、自分の好きという気持ちを簡単に諦める事は出来ない。それは自分自身が良く分かっていることだから。

「ありがとう!」気持ちには答えられなくても、好きだと言ってくれたことにありがとうなんですね。

裸族さんステルス機能搭載なんですか?
落ち込む哲朗に当ててんのよ攻撃。好きだから、気になるから見ていたい。もう立派なストーカーのようですが、背中を押したのも裸族さんなんですね。
嫌味がない、打算がない。柑菜も美桜も海人や哲朗の気持ちを優先して動いた結果なんでしょう。

真夏の道を叫びながら駆け抜け、海人くんが好き!と爽やかに告白する柑菜さん。
しかし瞬殺・・・(ェ
分かっていたこととはいえなかなかに切ないですが、吹っ切れた柑菜の笑顔に救われた感じです。
海人はイチカに関してはブレないからなぁ。

それぞれが溜め込んでいた想いを吐き出して、誰も上手くいっていないのにどこか清々しさまで感じる不思議。
そして撮影再開。

恋愛面のゴタゴタには一応決着が付いた格好になるのでしょうか?

イチカの前に現れたのはお姉ちゃん!?宇宙人問題が振り出しに戻りました。

檸檬先輩の手土産はストレートでしたねw
さすが永遠の17歳は格が違うなと思いました(コラ


あの夏で待ってる 第9話 「せんぱい」

第9話 「せんぱい」

青がいい子過ぎて泣ける・・・

みんなは想像の上を行く事態にポカン状態でしたが、自ら自分が宇宙人だと告白したイチカ。

宇宙船や空間転移を見せられたら信じるしかないですね。
海人は初めて会って時の事を思い出したようです。

救命ポッドを破壊してしまった事で、保安局が調査員を送ってくるかもしれない・・・
そうすればみんなに迷惑が掛かってしまうと距離を置き始めるイチカ。
海人が手伝うと言っても一人で「見たい場所」を探しに出掛けてしまう。


イチカの態度に納得がいかず、ふて腐れる海人にイチカが今、何を考えてているか、自分がどうすればいいか考えろと言う檸檬先輩。
檸檬先輩に言葉に気付かされ動き出す海人。

両親が事故で亡くなり転校して来た海人。
柑菜は両親を亡くしたばかりなのに笑顔を作ろうとする海人に惹かれてしまったんですね。
一目惚れってヤツだったのか。
そして今の海人の笑顔がその頃の笑顔に似ていると感じたようです。

イチカのために1人、目的の場所を探す海人を見掛けた柑菜がとうとう動きました。

だって私、海人くんが好きですから。

イチカが海人の気持ちに気付いていること、イチカも海人に惹かれていること。
宇宙人だから、いずれここを去らなければいけないから・・・
イチカの迷いに気付いていた柑菜。

探すことに一生懸命な振りして、海人くんから目を背けてる!逃げてる!

好きな人と結ばれるのはステキなこと。
それは自分には叶わないことだと分かっている。それでも海人の気持ちを大切にしようと自分が傷つくことが分かってもイチカの背中を押した柑菜。
何故こんないい子が報われないかね~

「頼むよ、柑菜。泣くなよ」
そう言って柑菜の涙を覆う哲朗。海人くんが好きと言いながら泣き続ける柑菜。
そして泣いているのは柑菜だけではありませんでした。2人から見えない影で美桜も泣いていました。

宇宙人でいいですか?
あたしなんかでいいですか?

告白は海人から・・・唇を重ねる海人とイチカ。
照れるりのんが可愛い!と思っていたら向こう岸から檸檬先輩がしっかり激写していました!ホントに神出鬼没だな。

互いの気持ちを確認し合い、相思相愛になれた2人。
でもその影で3人も泣いちゃってるんですよ。

哲朗と美桜がいい感じだったけど、やっぱりそう簡単には行きませんね。
誰かの幸せの横で誰かが泣いている。
好きは止められないと美桜も言っていました。

海人とイチカは両想いになれましたが、後の3人が本当に切ない。こりゃ参ったなぁ~

海人とイチカはもう壁ドンでいいです。
柑菜、哲朗、美桜が気になって仕方ありません。


あの夏で待ってる 第8話 「先輩がPINCH」

第8話 「先輩がPINCH」

夏祭りから肝だめし。夏のイベントを堪能していたところへ一気にSFに戻りました。
イチカは宇宙人だったんですよね~

いつか帰らなければいけない。
その設定はちゃんと忘れることなくイチカの心の引っ掛かりとして残ったいたのに、恋愛模様のもつれが前面に出過ぎてすっかり影が薄くなってました。

沖縄から帰って未遂で終わったキスを思い出して浮かれる海人。
互いの気持ちはもう確かめたようなものですが、イチカにはやはりいつかここを去らねばならないと言う想いが気持ちにブレーキを踏みとどまらせている 。

意識し過ぎてぎこちない二人。哲朗は壁を破壊してもいいと思う。
好きな子に振り向いてもらえなくてもモテ男の哲朗はそんなことしないだろうけどね。

哲朗は自分と柑菜をくっ付けたいのか?
意識していないわけではないのでしょうが、海人にとっては柑菜はやはり大切な友達以上には考えられない。
彼の目にはイチカしか映っていないし、哲朗の行為もあまり効果はなかったかな。

拗れた関係を楽しんでいた檸檬先輩がさらに動く。
真奈美さんの後輩だった。つーかまだ高校生やってるの?て・・・永遠の17歳!?

ちょ、これが今回一番の衝撃だったかも!

夏祭りに繰り出したいつものメンバー。
イチカは初めてなんでしょうね。終始目をキラッキラさせてます。

神出鬼没!檸檬先輩の提案で肝試し。ペアを決めると言われてやる気満々の海人と柑菜。

海人と柑菜。哲朗と美桜。イチカと檸檬先輩ペアです。
思い通りになった柑菜は嬉しそうですが、海人の方は普通に肝試ししている感じですね。この微妙な温度差が見ていて辛い。

美桜の怖がり方が可愛い。こんな可愛い子が目の前にいて自分を好きだと言ってくれるの上手くいかないものですね。

一緒にいるのが自分でゴメンねと言う美桜。卑屈になっているわけではなく本心でそう思っているんでしょう。
男としてはいい子過ぎるのも扱いに困るって感じなのかしら?

檸檬先輩は真奈美さんに何を頼んでいたのかと思ったら、肝試しの脅かし役だったのかw
何気に迫力あります。しかしあんな暗いところでよく待ってられるものだ・・・自分は絶対に無理。美桜状態です(但し可愛げはない)

イチカを置き去りにして他のペアを観察する檸檬先輩。
真奈美さんに驚いて哲朗と美桜が事故チューかましてやがりますが。何?このラッキーハプニング。
しかし哲朗の口の端がちょっと切れてるところがリアルで良い。もう付き合っちゃえよ!

柑菜は海人といい雰囲気(但し一方通行)。
そこに響き渡るイチカの悲鳴!

一目散に駆け出した海人。もう柑菜の負け確定っぽい。
イチカはりのんに驚いただけだったんですね。

千春に踏まれて何かが作動してから挙動不審だったりのん。
緊急救難信号を発信してたのか!しかも止められないとか・・・1人で何とかしようと頑張ってたのね。
でもこういう時は早めに報告した方がいいよ。

宇宙からイチカにお迎えが来た!
イチカの星の宇宙船は着陸技術に問題ありですか?もっと静かに着てください。

イチカを守るために突っ込み、向かっていく海人。
崖から落下したところをりのんに助けられました。完全にSFに戻ってます。

飛行ユニットをぶつけてイチカを連れ去られる事は阻止したが、海人は再び重症。
イチカに治療されながらデジャヴ。またもやイチカの助けられた海人ですが、宇宙人だと気付いたかな?


ただただごめんなさいと繰り返すイチカ。
恋愛のゴタゴタから宇宙人侵略へと(違っ)超展開。

1話でイチカが海人を助け、その後海人が倒れましたが、あれから何事もなかったように話が進んでしました。
一度死んだんじゃなったっけ?ギリギリ生きていて何とか治療できたってことかい?
初期の頃の謎が再び出てきたわ。イチカの正体がばれてしまうんでしょうか?

今の関係を壊したくないと言っていた柑菜ですが、もうそんな事を言っている場合ではなくなりました。
イチカとの直接対決。修羅場展開になるのでしょうか?